和室と無地の壁紙

小山です。

壁紙を選ぶとき、柄のものは青い色の花柄、とか、ダマスク模様、とか
割とイメージをお持ちの方が多いです。
花柄は花柄など、割とまとまって載っていますし、おおよそカタログのどこにどんなものが載っているかも把握しているので、
その場でサンプル帳をめくったりしてご提案できるのですが、

和室などは、サンプル帳の和室のカテゴリ以外にも和室に合う柄物やテクスチャのものがありますし、具体的なイメージをお持ちでない場合も多いので、
パラパラめくって「あ、こんな感じ好きかも」とお気に入りを見つけていただけるように、
和室に合いそうな柄の壁紙ばかりを集めたサンプルファイルを作成しております。
これは一昨年くらいから作っているのですが、
今度、和室のあるお家の打合せ予定もあり、
各メーカーのサンプル帳も切り替わっていますので、中身を更新しましたよ。
アジアンテイストのお部屋を作る時なども役立ちそうです!

和室に合いそうなものをセレクト

それから、もう一つ新しいサンプルファイルを作成しました。
その名も「無地帳」

今までのお打ち合わせの中で何度か感じていたのですが、無地のほうが柄の壁紙よりも時間をかけて選ばれる方も多いのです。

柄の壁紙に合わせた無地の壁紙を選ぶときや、

北米型輸入住宅 東京

お部屋の大きい面積でカラーの壁紙を使用するとき、

北米型輸入住宅 神奈川

同じ黄色でも「もう少し薄い色」「ちょっとスモーキーな」「ベビーイエローのような明るい黄色」などなど、お施主様によって本当に様々な色のイメージをお持ちです。
特にイエロー、ピンク、ブルーはお好みも様々なので、毎回お勧めできる色が違ってきます。
ただ、各メーカーとも無地のクロスはいろいろなページに点在していて、イメージにぴったりのカラーを見つけ出すのはなかなか難しいのです。

そこで、今回、サンゲツさん、シンコールさん、リリカラさんの3社の枠を飛び越えて無地のカラーばかりを集めた「無地帳」を作ることにしました!

色を分けていきます

今までのお打ち合わせで取りためたものもサンプルファイルに混在していたので、無地のものを全部抜き出しました。
今回あらためてピンク、イエロー、ブルー系に焦点を絞って、新たに取り寄せたのですが、
全部合わせたら、相当な量になってしまいました!これでももちろん、すべての無地を集めたわけではないのですが、、こんなにあるんですねえ

とりあえず、青系、ピンク系、ベージュ系、などなど、分けていったのですが、
分けているとだんだん、これはブルー系?グリーン系?と分からなくなってきます。
ブルー系と一緒に置くと緑に見えたり、緑に置くとブルーに見えたり、そのうちパープル系に見えてきたりと、、
人間の脳とはあいまいなものだなと思わされます。

無地のものを抜き出して綴じるだけのつもりが、意外と大変なことになってしまいました!
これはもう、電球色の部屋では無理だ!と判断し、事務所の蛍光灯の元でやることに。

ピンク系はもはや写真では色の違いが分からないくらい微妙な色差

普段図面作成を担当している谷前も巻き込み、色分けを手伝ってもらったのですが
センス良く的確に色を分類してくれました!

谷前さん、色分けが上手でした!

どうですか?こうして並ぶときれいですね~
柄ものクロスとの色合わせも楽しくなりそうです!

ブルーのグラデーションがきれいです

壁紙の選び方

小山です。

先日、展示場のサンプルの整理をして、最近切り替わった新しいサンプル帳との入れ替えを行いました。

壁紙のサンプル帳で、面白い特集があったのでご紹介します。

サンプル帳はこちら。シンコールというメーカーのWALL PLOというカタログです。
輸入の紙クロスや、レザーやデニムの壁紙など、特殊壁紙が掲載されているハイグレードシリーズなのですが
このカタログで「HELLO 47 張ろう、ニッポン」という特集がされています。

「HELLO」と「張ろう」がかかっているんでしょうね?
各都道府県に1枚づつ、イメージに合う柄の壁紙がセレクトされています。
つい、自分の出身地や行ったことのある県など
見てしまいますよね。面白い試みだと思います。

他にも、落花生、かつお、たまねぎ などなど・・・
その土地の名産品をモチーフにした柄がそろっています。

壁紙を選ぶのに、好きな柄、色、テクスチャで選ぶなど
様々な選び方がありますが、
この都道府県特集は、「ストーリーを選ぶ」という感じでしょうか。
壁を見るたびに旅行に行った時のことを思い出したりして、、
愛着のわく部屋になりそうですよね。

この特集でセレクトされたものでなくとも、自分なりの思い出や、好きな食べ物などに当てはめて柄を探していくのも面白いと思います。

天草ハウジングでは、国内各メーカーから、海外メーカーの輸入壁紙まで、展示場に各種取りそろえておりますよ!お気に入りの一枚を見つけてくださいね。

 

 

家具のリメイク

小山です。

お酒の棚をDIYして少し日曜木工の自信がついたので、
週末に家具をリメイクしてみました。

今回リメイクしたのはもともとリサイクルショップで買った子供用の食事椅子です。
だいぶがたが来ていて木材自体がゆがんでしまったのか、ボルトを締めなおしても椅子の部分の板が抜けやすくなってしまっていました。
使わなくなっても人にあげることもできないので、最近お手伝いをするようになった娘用に、踏み台にリメイクすることにしました。

ばらばらに分解した後、足の三角の部分を切り詰めて小さい三角に組み立てなおしていきます。
深く考えずに、思い付きで組んでいったのですが
お酒の棚で学習したダボの打ち方もだいぶ上達して、わりとスムーズに組み立てていくことができました。

ペンキなどでかわいく色を塗りなおすとなおよいのですが
パントリー用なので見えないし、そのうち、、ということで2時間ほどで完成しました!

黙々と作業している間、夫は洗濯物を畳んでくれました。
家事は夫、日曜大工は妻で逆転している我が家です。

完成した台で娘がご飯をよそってくれました。
いつもはご飯をよそったり、コップを取るたびにダイニングの椅子をズリズリと運んで来て、それを戻さないので大人が邪魔になって元に戻す
というのを毎日のように繰り返していたので、これでひと手間が減るとよいです!

道具も前回と同じものばかりなので、「よし、やるか!」という腰が上がるまでが今回は少しだけ軽かったです。
まだまだ作りたいものがあるのですが、この調子で続けたいと思います

コロナと建築

小山です。

小学校がようやく毎日登校になりました。
少しづつ、日常が戻りつつありますね。

建築業界は、飲食業などに比べて直接的な影響は少ないほうかと思いますが、、少なからず、コロナの影響で資材が手に入りずらかったりといったことが発生しています。

最近影響のあったた資材の中で、なるほどと思ったのはこちら

「タイベック」です。
タイベックは透湿防水シートの商品名で、
・布のような湿気などの空気を通す通気性の良さ
・紙のような軽さ、加工しやすさ
・シートのような強度の高さと防水性能
を併せ持つ不織布です。
薄い紙を貼っているだけに見えて、建物を守る大事な建材なのです。

我が家ではこの透湿防水性を生かして、キャンプの際、テントの下に敷くグラウンドシートとして使用していたりします!じめじめした地面にテントを張っても撤収の時はサラサラですよ。
シュラフカバー等として使う人もいるらしいです!

が、今回このタイベックが今、手に入りづらくなっています。
キャンプブームの影響、なはずはなく
防護服として使われているからだそうです。
建築で使用しているものと、記事の厚みや硬さなどは違いますが、タイベックで作られた防護服が医療従事者の皆さんを守っているんですね。

ニュースなどで防護服姿の方を見ていた時は、ビニール素材かなにかだと思っていて、暑くなってきたらすごく大変そうだな、と考えていたのですが
タイベックの持つ通気性で、体からの湿気を逃がすことができ、軽いことが快適性を高めているのだそう。
さらにその薄さは収納場所の節約にもつながり
破れにくく、飛沫を通さない防護性能の高さで 防護服に向いた素材なんだそうです。

タイベック、家も人も守っているとは、偉大です。

 

もう夏??

小山です。

日ごとの寒暖差の大きい中ですが、だいぶ暑い日が増えてきましたね!

まだ小学校が完全復帰とはいかない中、家で過ごすことが多い息子。
娘の方はもう保育園に復帰していますが、今までに比べると少し早めに迎えに行っている状況です

親は宿題だ片付けだとへとへとですが、子供たちは元気いっぱい。
先日、保育園にお迎えに行って帰ってきて、仕事をしていると、二階でドタバタ音がしました。
何事かと思って行ってみると、、

え 水着??
夕方6時だけど?
タオルケット、干してあるけど??(取り込んだのをなぜか息子がまたかけてました)

先日水着を新調したので、新しい水着を着てみたかったんでしょうね。
兄弟でびしょ濡れで遊んでおりました。タオルケットもビショビショでした泣

楽しんだ後は、「寒い」とお風呂に直行。お湯もあらかじめ自分たちではっておいたらしいです。

この情勢で、
「遊び力」「体力」「食欲」は間違いなく向上しているわが子たち。
学校にいけないことで学力にはどう影響するかはわかりませんが、間違いなく、たくましく育つことでしょう。

8所帯の煉瓦積み共同住宅 上棟

小山です。

黒川もご紹介していましたが、先日、煉瓦積みの賃貸住宅が上棟しました!
天草ハウジングでは賃貸物件も多数手がけています。

天草ハウジングの手掛ける煉瓦積みの賃貸住宅は、デザイン性も高いため、
他にない外観で人気も高く、築年数がたっても入居率が低下しにくいのがメリット。
また煉瓦の外壁は外壁の塗替えなどのメンテナンスが必要ないので、
ランニングコストも抑えられます。

特に今回は、すでに建築済みのご自宅も隣地にあり、
煉瓦の家が立ち並ぶ様子は素晴らしいものになること間違いなしです!

オーナー様は打ち合わせで、過ごしやすい間取り、使い勝手のいいものを丁寧に選んでいらっしゃいました。
住まい手の方に快適に過ごしてほしいという気持ちが伝わってきて、私も気を引き締めて打合せに臨ませていただきました。
上棟打合せでもご夫婦で一つづつご確認いただき
使い勝手が悪いところはないか?と最終チェックを行っていただきました。

お人柄の出た温かみのある賃貸住宅が出来上がることでしょう!

 

賃貸住宅の施工例もご紹介します!

まるで外国の街並み!グレーの煉瓦の2棟が向かい合わせに並んだ様子は圧巻です

こちらはイエローレンガ。バルコニーのホワイトがいいアクセントになっていますね。赤やグレーに比べて優しい雰囲気になりますね。
今回建築中の賃貸もイエローレンガの予定です!

こちは赤レンガ。堂々とした佇まいです!アプローチにはイエローの敷煉瓦。
ドーマーもデザインを引き締めています。

天草DIY部?

小山です。

STAY HOME週間で外回りの木部を塗りまくり、すっかりDIYerの火が付いた我家。
ワインセラーを購入してから1年ちょっと構想を温めていたDIYに着手しました!

息子もインパクトドライバー使いたさに、一瞬だけ手伝ってくれました。
さて、何ができるでしょうか??

息子も一瞬だけ手伝い

家具作りは全く素人の私たち夫婦ですが設計から自分でやりました!
使用したのはワンバイ材と呼ばれる材料で、ツーバイフォーの住宅を扱っている私にとってはなじみの深い材料です。

ワンバイ材やツーバイ材はホームセンターでも一般家庭向けに売っていて、
DIY向けに使い方をわかりやすくした金物等もたくさん用意されていましたので、
ちょっとした棚などは初心者でも難なく作れそうでした。

何が出来上がるでしょう

材料調達と、設計に合わせてカットするのに一日、
組み立てに一日、扉づくりと色塗りに一日、という感じで
3日で出来上がりました。

出来上がったのはこちら。
リカーラックです!

色を塗ったらそれっぽくなりました

写真の撮り方でゆがんでるように見えますが実際は(もうすこし)まっすぐです!

下の層はワインセラー。上部の飾り棚には酒器をまとめ、
扉の中には常温の焼酎やウィスキーがたくさん入ります。
すぐ隣はダイニングテーブルなので、
「ワインを取り出し、栓を開け、グラスを取って注いで、飲む」
が1か所でできるようになりました!

近づいてみれば素人仕事が垣間見えますが、遠目にはなかなかの出来!
輸入住宅のインテリアにもしっかりマッチするものができたのではないでしょうか?
ついついニンマリ眺めてしまいます。
棚の中に照明をつけようか?等、改良プランも妄想中です。

コロナ騒動は収束しそうですが、お家時間は今後も充実させていきたいです!

塗替え工事に必要なもの まとめ

小山です。

今回、塗装工事をたくさんしたので、塗替えに必要なものをまとめてご紹介したいと思います。

必須
1.塗料
屋外ならキシラデコールがおすすめです。浸透していくので、ペンキなどに比べて
刷毛あとなどもつきにくくテクニックもいらないので失敗もほぼありません

2.はけ
なんでもOKです

3.やすり(とそれを切るハサミ)
紙ペーパーより早いと書いてあったので空研ぎ紙を選びました。
手でやる場合はやすりホルダーもあると効率よく進みます。
ウッドデッキの場合は#80、ガーデンファニチャーは#180で磨きました。
目の粗いやすりを切ると、ハサミもあっという間にダメになってしまうので、
100均等で安いハサミを準備しておくといいかもしれません。

4.ボロ布
刷毛で塗った塗料をごしごしとこすってなじませて行くために必要です。

5.ビニール手袋
キシラデコールは薬剤も含まれているので手袋は必ずしましょう

最低限、以上のものがあればできます!

あるといいもの
6.サンダー
必要なものに入れていいくらいです!
面積が大きくなる場合は迷わずホームセンターに借りに行きましょう。


7.刷毛洗い液
刷毛は100均でも売っていますので、使い捨てる場合はいりません。
この液少量で軽く洗った後水洗いするときれいに落ちて刷毛も固まらないので、次回また使用できます。

8.マイナスドライバー(または10円玉)
塗料のふたを開けるのにいります。意外に用意し忘れて取りに戻って、、とすることが何度かあったので。

9.トレー
刷毛を直接入れられる缶の場合はいらないのですが、容量が多くなると一番上の写真のように直接入れられないので、こういったトレーが必要になります

10.養生シート
ウッドデッキなどは養生できない場合も多いですが家具などの塗装の際
ロールタイプの大判のものがあると便利です。

 

今の時期は暑すぎず、塗装も早く乾くので外作業にはいい時期です。
チャレンジしてみようかな、と思った方はお買い物の参考にしてくださいね

STAY HOME週間でフェンスも塗替え

小山です。
STAY HOME 週間塗替え大作戦 第4弾はフェンスの塗替え

それにしても我が家の屋外はウッドのものが多いですね。
お家を建てた当初、予算があまりなかったからなのですが、、
お金の代わりに労力を消費しています。

こんな状態の手摺が

去年の夏くらいはこんな状態。ウッドデッキと同じキシラデコールのタンネングリーンという色で塗っていたのですが、
もともと、あちこちで余った材料で作ってもらったため、手すり子は茶色でした。
タンネングリーンの色が抜けてきて、グリーンと同化しているので、今回は色を変えることに。

サンダーでやすりをかけた後、おなじくキシラデコールの「エボニ」という色を塗りました

こうなりました

エボニはかなり濃い色で、柿渋のような感じ。前回の色の上から塗ってもしっかり色が付きました。
以前の色よりグリーンが鮮やかに映える気がします

STAY HOME週間の塗替え作業はこれで完了です!
だいぶ疲れましたが、達成感はかなりのものでした。
これでまた当分の間、お庭でのくつろぎタイムが楽しめそうです

STAY HOME週間でガーデンファニチャーも塗替え

小山です。
塗替え大作戦第3段、ガーデンファニチャーも塗替えしていきますよー!

家具は、比較的まだ無事な方でしたが、雨がたまる水平面は変色やカビが見られたので、今回これも塗装することに。

ここで初めてサンダーが登場しました!!
実はゴールデンウィークにホームセンターに行った時、貸出中で借りられず、手でやすり掛けをしてきたのですが、
バルコニーでくじけてしまったので、塗料を買い足しがてら再度聞きに行ってみると、今度は空きがあったんです!

右がやすり前 カビが出ています

使ってみた途端、「何でもっと早く借りなかったんだー」と夫。
当初「手でいいじゃん」とあまり乗り気でなかったのに、使ってみるとその速さと楽さに、使うたびに何度も「すごいなサンダー」と言っていました。

やはりちゃんとした道具を使うということは大事なんですね!
これを最初から借りていれば、バルコニーもさぼらずやっていたことでしょう、、
サンダーは1泊2日200円で借りられましたので、開いていなければ作業を待ってでも借りるべき!と思いました

あっという間にやすり掛け終了

バルコニーを塗って塗料を使い果たしたので、今度はちゃんと色を合わせて買ってきました。
机の天板を塗ってみましたが、元の色とも似ていて違和感なくなじみましたよ!

左が塗ったもの、真ん中がもともとの色、右がやすりをかけたもの

買った塗料はこれです。キシラデコールと同じくステイン系の塗料で、
「ディープマホガニー」という色でした

IKEAの家具にはこれがぴったり!

あとは塗るのみです!

息子も一瞬だけ手伝ってくれました

木目をきれいに出すため、塗ったらボロ布でゴシゴシこする、を繰り返して塗っていきます。こちらも2度塗りします。

完成!

天気も良かったので数時間で乾き、クッションを戻して完成です!
緩んでいたボルトやネジも締め直し、新品同様になりました

夕方にはもちろん、デッキでビールを楽しみました