薪ストーブ活躍中

あけましておめでとうございます!

皆さん年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?

年末まで暖かいなあと思っていたら急に冷え込んだりと、
この冬は温度差が激しい気がしますが
この季節になって我が家の薪ストーブがようやく始動しました。
今年は思い立って、ドライフルーツを作りました。

「作る」というほどのことはなく、切ってストーブに並べるだけなのですが、、、

2,3時間でどんどん水分が抜けて小さくなっていきます。

完全に乾くところまで至る前に子供たちに食べつくされてしまいましたが、
甘味が凝縮して、酸味も際立って、味が濃いおいしいドライフルーツができました!簡単!
芯は本当はくり抜くらしいのですが、種だけ取っておけば芯までおいしく食べられちゃいました。

レモンのほうも皮の苦みと酸味が濃くなった感じで、そのまま食べるには酸っぱいのですが
紅茶などに入れたらおいしいかもしれません。
天草ハウジングでもお世話になっているストーブ屋さんのブログでも
ドライフルーツづくりについて掲載されています。
柑橘系は砕いて粉にしてスパイスとして使ってもいいそうです!
キウイやバナナ、ミカンの皮、ニンジン、カボチャなどなど
なんでもドライフルーツになります。

出来立ては市販のものとも全然違った、感動できるおいしさですよ!
しかもこれでいいのかと思うほど簡単です。
もちろん、ストーブでなくても、天気のいい日の天日干しでOKです。
お試しあれ。

小山でした。

IOTって何?その4

小山です。

モノをインターネットにつなぐと何が起きるのか??
IOT勉強会(?)第3段は洗濯機です

洗濯機の機能、使いこなしてますか?
最近はすすぎが少なくて済む洗剤など、洗剤も進化していますが、
それに合わせた設定をするのが面倒で、
結局「洗濯」か「洗濯・乾燥」を選んでスタートを押すだけにしてしまうことが多いです。

2019年は各社スマート洗濯機を打ち出しており、機能面も様々。

今日は曇りだから乾燥機能のほうがいいですよ と教えてくれるシャープ
天気予報や季節などを考慮して洗濯コースをアドバイスしてくれる洗濯機がでています。
洗うものに応じてスマホでコースを選択したり、
フィルターのお掃除時期をスマホに通知してくれたりと
私でも洗濯機を使いこなせるかも?と思わせてくれますね

シャープ

適量の洗剤を入れてくれるパナソニック
パナソニックの洗濯機は洗剤・柔軟剤を登録しておくと、自動で適量を投入してくれる機能を備えています。
またコースを登録しておいて一発選択できるので、
「長男の習い事用」など、洗濯のたびに設定を考えなくてもよくなります!

 

パナソニック

 

IOTを調べていると、とにかく電源とつながるものはことごとくネットにつながってきているという印象ですね!
生活を誰かに見透かされているようで怖い気分にもなりますが、
機能が増えて複雑化してきた「モノ」に、ネットが加わることで「使いこなしやすさ」がアップしていく、というのがIOTという技術のようです。

そのうち使いこなす必要もなく全部自動でやってくれるようになるんでしょうか??
そうなったら人間必要なくなっちゃうんじゃない??とSF的な妄想が膨らみます。

IOTって何?その3

小山です。

モノをインターネットにつなぐと何が起きるのか??
IOT勉強会(?)第3段はコンロです

コンロをネットにつなぐと料理上手になる??

こちらの商品はリンナイのガスコンロです。
専用アプリで、レシピの中から調理したいものを選び、をコンロに送信すると火加減を自動で調整して調理してくれるというしくみ。
お米たきやフライパンの火加減煮物などだけでなく、グリルでのお肉料理や、ケーキ等のデザート調理のレシピもあるようです。
レシピは300種程度で、順次増えているようです。
実際食材の状態によっても火の通り方は違うでしょうから、そんなにうまいこと行くのかな?という気がしないでもないですが、是非機会があれば試してみたいですね!

我が家のコンロには、
・オートグリル(焼き魚をいい具合に焼いてくれる機能)
・煮物機能(焦げ付きを低減する火加減に調整してくれる機能)
・自動炊飯機能
などという機能が付いています。が、揚げ物温度調整とタイマーくらいで後のボタンは押したことがありませんでした。
ボタンを押すことでどういうコントロールがされるのかが良くわからないので、自分でやった方が安心 という感覚からです。
魚などはあまり失敗することが無いのですが、
グリルでお餅や厚揚げ等、魚以外の物を焼こうとするときに焦がしてしまうことが多い気がします。
我が家はトースターを置いていないので、トーストをしたいときにグリルを使うことがあるのですが、大体焦がします。

グリルって空けてしまうと温度が下がりそうだし、かといって開けないと焼き加減が見えないので、ちょっと使うのを面倒に感じたりもします。アプリと連動することで、どういう火加減に調整するのか教えてくれつつ、美味しく焼き上げてくれるならもっとグリルも活用するようになるかもしれませんね。

ところで、コンロでたくお米ってへたな炊飯器よりも美味しいらしいですね。これを書いていて、知り合いが言っているのを思い出しました。
ひとまず、自動炊飯機能、一度使ってみようかな?

 

IOTって何?その2

小山です。

モノをインターネットにつなぐと何が起きるのか??
IOT勉強会(?)第2段は給湯器です

給湯器をネットにつなぐとお風呂にすぐ入れる!

公園に散歩に行って、どろどろになった子供たち。
家に帰ってきて、お風呂が入るまでウッドデッキで遊んでて!
となります。
そうもいかない時、当然(?)ソファーで飛び跳ねるわが子。
大人しく待ってて、なんて聞くはずもありません。

無線LAN対応のリモコンなら、外出先からお湯はりができ、
家に着いたらお風呂に直行できます!夢のようです。

リンナイホームページより

温水式床暖房を使っているお家なら、例えば旅行から帰る帰り道で床暖房をON
なんて使い方もできますね。

ちょっとしたことですが個人的には、家を建てる時にあったら選んでたのに!という商品です。
(給湯器が対応していればリモコンのみの交換工事も可能です)

 

 

IOTって何??

小山です。

最近、住宅業界にもIOTという言葉が良く出てきます。
天草産業でも、IOT住宅を手掛けていますが、
まだまだ技術が発展中の分野、日々勉強しなければなりませんね、、

IOTとはつまり何なんでしょうか??
検索してみると、
IOT=Internet of Things(モノのインターネット)
だそうで・・・つまり、今までインターネットと関係なかった「モノ」たちをインターネットにつなぐという技術です。

モノをインターネットにつなぐと何が起きるのか??
CM等でよく見る、
「Ok google。電気を付けて」のあれですよね。
照明器具の他にもいろいろな「ネットにつながるモノ」が続々と出てきています。
モノがネットにつながると何が便利なのか??
私の中では未来の世界だったのですが、もうすでに現実になっている物がたくさんあるので見ていきたいと思います。

第一弾は「カギ」

カギをインターネットにつなぐと、外出してからの「閉めたっけ??」という不安を解消してくれます!
今までもカードやスマホをかざすと鍵が開くスマートキーやスマートロックと呼ばれるシステムはありましたが、これがさらにインターネットにつながるとこうなります。

・玄関ドアを施錠した時、鍵の開いている窓があるとお知らせしてくれる
・家から離れた時、玄関ドアを閉め忘れているとお知らせしてくれる
・子供の帰宅など、玄関ドアの鍵が開くとお知らせしてくれる
・外出先から鍵の開閉を確認できる
(上記の機能はYKKのmimotという商品です。窓もつながるところが素晴らしいですね)

我が家は今現在普通の鍵ですが、小学生になった子供が最後に鍵をかけて出かける機会が増えたので、ちゃんとかけたかな?と確認できたら安心感が違うなあ、と思います。

新築時だけでなく、後付できる商品も各社から出ているようです。
製品によって、リアルタイムで鍵の施解錠状態が確認できるか・ハンズフリーでの開錠が出来るかなどの違いがあるようですので、その点を確認する必要がありそうですが、取り付けも簡単なものが多いようですよ。

個人的には、IOTは便利そうだけど、スマホを落としたら何もできなくなるのでは?という不安もあります。ただ、IOTによって、安心がより低コストで手に入る時代になってきているとも感じます。
上手に取り入れていくために、情報収集は続けていきたいですね。

レースカーテン

小山です。

先日、私が担当させていただいたお施主様から、
「練馬のヴェルサイユ邸の素敵なカーテンはどこで売ってるの??」
とお問い合わせいただきました。
竹内のプチ・ヴェルサイユ邸完成見学会の様子についてのブログをご覧になってご連絡くださったそうです。

そのカーテンがこちら

刺繍レースのカーテン

バランス部分は、カーテン屋さんが作成し、お客様がご自身でオーナメントの取付をされた
オンリーワンのものですが、
レースのカーテンはスルガヤさんというヨーロッパ直輸入の記事でオーダーカーテンを作成されているカーテン屋さんのものです。
呉服屋としてのお店の創業は寛永元年(!)輸入カーテンを初めて30年という老舗のカーテン屋さんです
お客様がBonChicに掲載されているところをご覧になり、私もお店に同行させてもらったのですが全面に刺繍の入ったレースがとてもきれいでしたよ!
他にも素敵な生地がたくさんあり、お客様にもぜひおすすめしたいお店でした。

刺繍レースのカーテン

レースカーテンと言えば、最近はレースを主役にするカーテンスタイルが注目されているようです。

ドレープカーテンはシンプルなものにし、レースを室内側に持ってくるフロントレーススタイル。
ドレープのカラーが背景色になって、レースの柄がよりきれいに見えますね!

フロントレース+シェード

ドレープではなくブラインドやシェードとあわせるスタイルも今風です。

カラーレース

レースにカラーの入ったカラーレースも最近多く出てきているようです。
レースが引き立つと、部屋の雰囲気もぐっと華やかになりますね。
お部屋の模様替えに取り入れてもよさそうです!

ニュアンスカラー

小山です。

天草ハウジングをはじめ、「輸入住宅」というカテゴリーは住宅業界の中でも独自の路線を行っているようなところがあるので、
住宅業界全体のトレンドというのは少し縁遠く感じる部分もあるのですが、

住宅業界にもファッションと同じく
「ナチュラルテイスト」 「ビンテージ風」 「シンプルモダン」 「北欧テイスト」 などなど、その年のトレンドというものがあります。

住宅商材の最近のトレンドは、「ニュアンスカラー」のようです。

先日LIXILさんのショールームに行く機会がありましたが、ここにもありました!トレンドカラーが。

ニュアンスカラー トイレ

グレイッシュなブラウンの「ノーブルトープ」というカラーのトイレだそうです。
バックのタイルもニュアンスカラーでまとめてありました。

ピンクアッシュ グレーアッシュ

内装ドアにも今年に入って新色が登場していました!

住宅建材は白、黒、茶など今まで決まったカラーが多かったですが、こういう、色で遊ぶ発想が楽しいですね!

海外の家には大胆にビビッドな色遣いを楽しむお家も多いですが、
ニュアンスカラーのような派手過ぎず、落ち着いたカラーリングは日本人にも馴染みやすいかもしれません。

天草ハウジングの施工例でも、ニュアンスカラーを取り入れたものはたくさんありますよ!
トレンドに乗って、お家のカラーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ニュアンスカラーのメイクルーム 施工事例

ニュアンスカラーのベッドルーム 施工事例

 

 

GW 式根島旅行 自転車散策

小山です。

式根島ではレンタサイクルが充実していて、
かなりの数の自転車屋が営業しています。

「子供を乗せるなら絶対電動自転車がいいよ!」と勧められ、
初めて電動自転車に乗ることに。
坂道もほんとに楽なんですね。欲しくなってしまいました。

島では自転車移動

やっと晴れた合間を縫って自転車散策に。
式根島の売りの一つ、温泉巡りをしてみます。

温泉

式根島は数か所から温前が湧き出ていて、
近くに行くと硫黄の香りがしています。
蛇のように長い温泉や、海岸の波打ち際に湧き出ている場所もあります。

前日に行った足湯が一番整備されているのですが、
他の温泉では、海水と温泉がまじりあってちょうどいい温度になったところを探し当てようと、水着を来てうろうろする人々が。

この日のこの時間は干潮だったため、温泉は熱すぎて入ることはできませんでした。
海岸際に何人か人がいましたが、
波が寄せると冷たい!波が引くと熱い!
という感じでした。
この温泉を楽しむには潮の満ち引きを調べてから来ないといけませんね。

とはいえ、このワイルドな感じはとても好きです。

海を眺めながらの昼食

昼食はキャンプ場に戻って海岸で。
ぽかぽか背中から太陽を感じながら、海を眺め、お昼ご飯を食べる至福のひととき。
(もちろん大人はビール片手です)

これをするために来たようなものです。

安全大会

小山です。

先日、天草ハウジングの関連業者で組織されている「天草会」の年次総会と、安全大会が行われました。

天草会は、資材業者や大工などの職人、電気業者、水道業者などなど
天草ハウジングの家づくりを支えている業者さんたちの会で、
毎年BBQ大会や忘年会などを通して業者間の交流を深めています。

この日の懇親会でも、職人さんと資材の業者さんが仲良く、かつ真剣に
現場についての意見を交わしている姿が見られました。

この業者間の信頼関係や、連携の強さが家づくりの出来に関係してきます。
天草の職人さんは皆さんいい方ばかりで、私たちの無茶な要望も、
確かな腕でいつも受け入れてくださっています。

この日は安全大会ということで、労働基準監督署の方を招いて、
資材搬入や現場での作業中、どのような心構えで安全を守るか、
という安全講和を聞きました。

大事な職人さんたちが今年も一年怪我なく安全に作業をしていただけるよう、
私たちも気を引き締めないといけませんね。

 

安全大会の様子

GW 式根島旅行

小山です。

営業部のスタッフには申し訳ないのですが、
GW期間中、お休みをいただいて家族サービスの旅行に行ってきました。

毎年この時期は伊豆七島に行くのが我が家の定番になってきましたが、
今年は式根島に行くことに!
1~2時間あれば自転車で一周できてしまうほどの小さな島ですが、
楽しみどころ満載の魅力的な島でした。

きました!

事前にテントなどの大物は郵送し(キャンプ場で荷受してくれました!)
着替えを担いで夜行の船で向かいます。

式根島に着くと
「さ・・・さむい!」
前日からの突然の冷え込みで、島も寒い。小雨も降っています。

そして初日にもかかわらずテントサイトはすでに混み込み。
隙間を見つけて場所を確保し、テントを張ります。
普段は区画されたキャンプ場に行くことが多いのですが
島にはここ一つだけ。割り切ってガヤガヤ感も楽しむことにします。
(息子はすでに友達を作って遊びだしていました)

ひしめき合うテント

予想外の寒さにテンションダウンの子供たち。
天気予報もあまりよくない・・・と不安がよぎるスタートでした。

テントを設営し、島内散策に乗り出します。
式根島には数か所の温泉があり、無料で入ることができます。
基本は水着着用ですが この日は足湯を堪能して一日目終了
寒かったので、かなり気持ちよかったです。