太陽熱の利用

こんにちは。設計部の長浜です。

6月に暑くなってきて衣替えをしないとな~と考えている今日この頃です。
太陽光の熱のせいで暑くなるので太陽の熱が憎くなります。

ただ、そんな太陽熱を利用してハイブリットの建物が出来たら良くないですか!!??
ということで、今回は太陽熱を利用した事業プロジェクトのお話をさせて頂きます。

「ハイブリッド太陽エネルギー利用住宅先導プロジェクト」という仰々しい名前です。プロジェクトをしているのは「マッハシステム」を管轄しているFHアライアンスです。残念ながら弊社はあまり関わっていません。

プロジェクトの概要はファンコンベクターという設備機器を利用します。
ファンコンベクターは機械内で温水によって暖められた配管に空気を当てます。
その暖められた空気を室内へ放出することで部屋全体を温めることができます。

つまり、太陽熱によって暖められた温水をファンコンベクターの設備を介して
全館空調で空調室に温風を送ったり、洗面室の局所部屋を暖めたりします。
また、ファンコンベクターを衣類乾燥機に用いる仕組みです。

これにより太陽の熱を有効に利用できるという建物を考えるプロジェクトが
「ハイブリッド太陽エネルギー利用住宅先導プロジェクト」です。

まだまだ、実現には遠いようですが、いつか実現する事を願っています。

FHアライアンス主催の2月の会議で宣伝するように言われたので宣伝しました!

洗濯の選択

こんちには。設計部の長浜です。

先日、巷で話題になっている「オキシ(酸素)漬け」を家で試してみました。

「オキシ漬け」を知らない人に簡単に説明すると
お湯にオキシクリーンを溶かすと泡が発生します。その泡の力で汚れやシミを
(他には頑固な油汚れ・汗ジミ・泥汚れなどにも効果を発揮します。)
私が特に注目したのが洗濯機です。洗濯した服に茶色い皮みたいな石鹸カスが
付くのが気になって洗濯機用の塩素系漂白剤を使って「洗濯槽洗浄コース」で
掃除しても石鹸カスがなくならないな~と思っていました。

たまたまオキシクリーンで洗濯槽の洗浄しているのをある動画サイトで観て衝動買いしました。
だって、石鹸カスがこんな感じでとれる動画見たら買いたくなりません??

実際に試した結果は・・・・

微妙でした。。思ったよりは取れなかったですが、洗濯槽の汚れがこれだけ取れたら
やってよかったと思いました。

ここだけの話、一番汚れが取れる方法は洗濯機を分解して洗濯槽を高圧洗浄で洗うと
かなりきれいになります。(これも動画で見ちゃいました。)

 

 

洗濯機にまつわる住宅設備といえば防水パンがあります。
防水パンと一口に言っても、色々なパターンの商品があります。

例えば、洗濯機を置く面を高くすることで掃除しやすくなる商品
掃除好きの人はぜひ利用してみてください。
       

すっきりされるために、防水パンなしで排水のみの商品

ただ、防水パンがあると排水のトラブルが起きたとき
洗濯室が水浸しになるのを防いでくれる場合があります。

洗濯層の掃除にしろ、どの防水パンを利用するにしろ自分のスタイルに合ったのを選んだほうが良いと思います。

 

では、良い洗濯ライフを選択して下さい!!

マッハシステム 雑誌掲載

こんちは。設計部の長浜です。

前回、書いたFH-アライアンスの技術者会議のブログの続きです。

会議では他にも情報の共有などをしています。
例えば、「日経ホームビルダー」という雑誌に「マッハシステム」と他の全館空調を比較した記事が掲載されたことが紹介されました。全ての全館空調と比べているわけではありませんが、興味ある人は展示場に用意しておくので営業担当にお声がけください。

他にも、全国のマッハシステムを導入したオーナー様に対して、より良いマッハシステムの改良のためにアンケートの実施を計画しています。FH-アライアンスから各工務店に地域や坪数などの要望があるようなので、どのオーナー様にアンケートをお願いするかはわかりませんが、その際はぜひともご協力いただければと思います。

全館空調 技術者会議

こんちには。設計部の長浜です。

 

先日、年に一度のFHアライアンスの技術者会議に参加してきました。
(FHアライアンスはマッハシステムを管轄しているグループです。)

昨年の会議からあっという間に一年が経過していることに驚いています!
(大人になると年々と時間の経過が早く感じるのは、子供頃はやることなすことが新鮮で驚きの連続なので経験の内容が長く感じられる。大人になると初めて体験することが減り単調に感じてしまうので時間が早く感じてしまう。と何かで読んだ気がします。。。信頼性は保証できないので、気になった人は調べて欲しいです!)

送風機の新スイッチ

 

昨年の技術者会議からあっという間の今回の会議ですが、今年の会議の内容は昨年に引き続き「クリーンマッハ(昨年のブログ)」の改良やマッハシステムの部材の仕様変更が話の議題の中心でした。
部材の仕様変更の一例は各部屋に出ている空気の強さを調整するスイッチが変更になりました。今までのダイヤル式からデジタル式に変更になり、一つの部屋にある複数台の吹き出し口が一つのスイッチで管理できるようになりました。
(配線方法が特殊なため、工事が終わっている建物は対応できません。交換したいと思ったオーナ様には申し訳ありません。)

他にもいろいろ仕様変更したことがありますが、天草ハウジングの家にマッチするものを選択しながらより良い全館空調システムになるように考えていきます!!

次回へ続く

全館空調と電気集塵機

こんにちは。設計部の長浜です。
前回の続きです。

「クリーンマッハ」と通常の「全館空調 + 各部屋に市販の空気清浄器を設置」
した場合と比べた結果、「クリーンマッハ」 の方が汚染物質の残存浮遊量が
少ない結果となりました。
通常の生活では「クリーンマッハ」にしなくても良いと思いますが、
アレルギー持ちの家族がいたり、PM2.5や洋服に付いた花粉などまで気にされる
人にはピッタリなシステムだと思います。

今のところ、弊社の標準(ツーバイフォー)の仕様だと設置が難しいのが現状です。。。
ただ、ご要望があれば知恵を絞ってプランニングするのでご相談ください。

技術者会議では協力メーカー新商品の紹介がありました。
(1)パナソニック社製ので気になったのが、熱交換器を縦置きにも対応した商品です。
物入れなどに設置すれば見栄えは良くないですが、掃除がしやすいメリットが
あります。天井だと掃除が大変ですからね。。。
(2)ダイキン様は水捨て不要の除湿機が再発売になりました。
以前も発売していたのですが一旦発売をやめていましたが、要望があったようで
リニューアルして発売になったそうです。
(営業の方が言うには前の商品はアマゾンで定価の何倍も金額で取引されていたそうです。)
設置場所は選ぶ必要がありますが、水捨てが不要いうのは魅力的だと思います。
WICなどで湿気が気になっている方は是非ご検討下さい。

花粉にも最適!?

こんにちは。設計部の長浜です。
先日、年に一度行われる「マッハシステム」の技術者会議に参加してきました。

会議の案内板

会議が始まる前の一コマ

会議が始まる前の一コマ

会議では「マッハシステム」を採用している工務店の技術者が毎年集まり
「マッハシステム」の失敗事例の共通認識や新しいシステムや商品の紹介などをおこなっています。
今回の会議では発表された中で特に面白いと思ったのは室内の空気もきれいに
する「クリーンマッハ」です。今までのマッハシステムを含めた全館空調は
外部から空気を取り入れる際に花粉・砂埃・排気ガスといった汚れた空気を
フィルターを通すことで室内にきれいな空気を取り入れる事が一般的でした。
プラスWICやトイレといったダーティー空気が発生する部屋に吸込みを設ける
ことで室内の埃などを取る事ができます。
普通の生活であれば、家に帰った際に玄関の外で花粉を払ったり布団の掃除を
こまめにすることで問題ないと思います。

近年はアレルギー症状をもつ小児科の患者数は増えているそうです。
アレルギー症状 の原因として、帰宅するときに洋服に付いた花粉や砂埃、服の綿ホコリや食べ物の屑等の室内で発生する汚れを吸い込む事があります。

「マッハシステム」は大風量の空気を部屋に吹き出すことで建物全体の空気を
撹拌する事で部屋間の温度差を小さくするシステムです。
建物の空気が循環する空調室の中に「電気集塵機」を設置する事で室内で
発生したり、外から持ち込んだ吊埃などを集めて室内の空気をきれいにすることができます。

展示されていた電気集塵機

展示されていた電気集塵機

「マッハシステム」を管理しているFHアライアンスがあるモデルハウスにて実験をおこないました。
「クリーンマッハ」と各部屋に空気清浄器を設置した場合と比べた結果、 「クリーンマッハ」 の方が汚染物質の残存浮遊量が少ない結果となりました。

次回に続く。