掃除と断捨離と荷造り

こんにちは。横浜の岩瀬です。

昨日一昨日から、横浜展示場の掃除をしながらせっせと備品整理をしています。

とはいっているものの、なかなか物が減っていかないです。

 

これは使うのだろうか…

次のショールームでこんなにいるのか…

と、色々考えて結局捨てられずに手元に残っているのです。

 

いるor要らないの2択が選択できず

3択目の「とりあえず保管」になってしまう…。

 

いつの事だか忘れましたが何かの記事で、

「部屋が片付かない人は、要らない物こそ仕舞ってあり、

必要なものこそ散らかっている(手元にある)」

という言葉を見た覚えがあります。

つまり、「とりあえず保管されているものは今後使う事がない

として認識すれば断捨離も成功する…!

 

 

増えすぎた食器、使いかけの洗剤や消耗品は捨てて、後で購入すればいいのです。

そう考えてみると、なんだかサクサクと進む気がしてきました。

(間違えて本当に必要なものは捨てないように注意…!)

もう少しがんばります!

 

※横浜展示場は2019/11/17(日)が最終営業日となっております。

ショールーム巡り②

こんにちは。

横浜の岩瀬です。前回の続きの記事となります。

前回は照明のコンコルディアショールームについて書かせていただいたのですが、

今日はクロスとカーテンで有名な

リリカラの新宿ショールームについて書こうと思います。

 

リリカラショールームの場所は、新宿駅から徒歩15分くらい。

隣の駅、新大久保駅から徒歩5分くらいの場所にあります。

 

私は新大久保駅から歩いてショールームへ行ってみました。

初めて降りた駅だったので、人の多さにびっくりしたのですが

新大久保駅付近は「イスラム横丁」やら「コリアンタウン」と呼ばれているそうですね…

 

日本だけでなく中国韓国英語…それぞれの言語での文字で書いてありますね。

異国の世界だ…と様々な看板を眺めながら歩きました。

タイ料理は日本と似てると誰かから聞いた事があるのでいつか挑戦してみたいです。

 

 

そして、リリカラショールームに向かうために、iPhoneの地図アプリを見ていたら

今歩いてる大通りが「職安通り」と書かれており

唐突のハローワークに驚きました。

なぜ職安…?と由来が気になってしまい、思わずすぐに検索をかけてしまいました。

結果はそのまま、「職業安定所があったから。」で、

何のひねりもなく率直で面白いな~と思いました。

 

そんな事を思いつつ、ショールームの入口で待機すること20分。

開店時間の10時ぴったりに警備員さんが自動ドアを開けてくれました。

 

入口に入り、エレベーターで2階へ上ると、すぐ目の前がショールームです。

 

クロスのサンプルは、大きなパネルに貼られているため、カタログよりも

イメージしやすく、他のクロスとの比較がしやすかったです。

 

無地だと余計にカットサンプルだと色が濃く見えたりするので

細かく確認していただくことができます。

 

また、リリカラさんのショールームはクロスとカーテンが一緒になっている為、

同時に選ぶ事ができてしまいます。

次回はそんなリリカラのカーテンについて書こうと思います。

長々と失礼しました。

ショールーム巡り①

こんにちは。

お久しぶりです。岩瀬です。

間をあけてしまっての更新となりましたが、

今日は最近見たショールームについて書こうと思います。

 

まずはコンコルディア照明。

本店は兵庫県にある為、東京の銀座にある展示ルームに行ってきました。

ヨーロッパの伝統的な照明をそのまま現代に持ち込んだかのようなアンティークぶり。

チェーンやカップの部品、装飾は全て真鍮で作られており、

どれも電球色に似合う形をした照明ばかりです。

 

 

シェードと呼ばれるガラスの傘の種類も豊富で、

またその種類の中も色別に分かれて選べるので、

一つ決定するのにかなり時間がかかってしまいそうですね。

 

 

 

東京展示ルームは少し変わっており、スタッフは常駐していないのです。
(週に一日スタッフがいるそうです…)

気軽にすぐ行けるわけではなく、

ネットでスケジュールを確認してから予約する必要があるみたいです。

 

 

やはりカタログやネットで見るだけでなく

直接ショールームで見るとだいぶ違いますよね。

価格も書いてあるのでとても分かりやすいですね~

 

 

次回はリリカラショールームについて書こうと思います。

では。

夏真っ盛り

こんにちは。横浜の岩瀬です。

お盆休みはいかがお過ごしですか?

 

この時期になると、必ず高校の部活合宿があったのを思い出します。

朝から夜まで、ず~っと食べて動いての繰り返しだったな…。

よく熱中症にならずにいたなぁと思います。

 

ティーンエイジャー、恐るべし。

 

(考えてみると、5年前と気温が違ったのかもしれません…)

 

 

 

さて、現在の横浜の気温は…現在30度。

これから33度まで上がっていくみたいです。

これから外出する方はお気をつけておでかけください。

 

天草ハウジングはお盆休み中、毎日営業しておりますので、

いつでもいらしてください。

そしてぜひ快適な空間をご体験ください。

 

 

また、tvkハウジングプラザ内では、ショールームを見学してスタンプを集めると

ファミリーマートで「ピーチフラッペ」がもらえますよ!

 

夏にぴったりのクーラードリンクです!

ぜひ参加してみてください。

 

TBS「立派なお家にピンポンしてみた」 国立のお家

こんにちは。

先日、天草のお家がTVにて紹介されておりました!

TBSの月曜夜7時より放送中の「立派なお家にピンポンしてみた」と言う番組です。

 

なんと、出川哲郎さん・若槻千夏さん、アナウンサーの河北麻友子さんが

都内のオーナー様ご自宅へ突撃訪問…!

 

放送していたのは8/5だったので、すでに終わってしまってますが、

この番組は色々なお家を回っていますので、

もしかしたら他にも天草の物件をこの番組にて紹介しているかもしれません…。

 

 

TV中では家の中の紹介までありました。

検索では画像まで出てきませんでしたので、施工写真をご覧ください。

ダイニングカウンターが付いたオープンキッチンで、

すっきり・広々な空間です。

 

 

和洋どちらのお部屋も素敵ですよね。

 

 

TV中ではオーナー様の趣味が詰まったお家として紹介していました。

 

テラスは立川展示場っぽい雰囲気がありますね。

実は現在この写真の右側に温室があるそうです…!

 

黒いタイルも煉瓦とメリハリがついてとてもカッコいいです。

 

番組録画しておけばよかったな~と思いました…残念。

 

もし番組をご覧になられて天草ハウジングを気になった方がおりましたら、

ぜひ展示場までご連絡ください。

快適に過ごすために 扇風機ON

こんにちは。

今日の横浜の最高気温は33度。暑いです…

毎朝出社する時は直射日光があたらないよう日傘を使っているのですが、

逆に傘の中に熱がこもってしまい、暑く感じてしまっています。

もう少し快適に出社ができればいいな~と思いつつ、毎日過ごしています。

 

そんな時に坪松さんより教えていただいたのですが、

首にかける扇風機がすごくよさそうでした。

 

見た目はヘッドホンのような形で、使い方としては、首にかけるだけなのですが

結構スタイリッシュなので、何かスポーツをしながらの方が似合うかもしれません。

 

続けて夏のひんやりグッズを紹介してみようと思います。

まずは持ち歩き扇風機です。

ディズニーシーで人気すぎて完売してしまったダッフィーハンディファン。

パーク内で楽しむためにはひんやりグッズは必須ですね。

(可愛いので家に飾ってしまいそうです)

 

持ち歩きの扇風機は、どちらかと言うと

韓国人や中国人が持ち歩いているイメージがあります。

以前福岡へ旅行に行った時、観光地は外人ばかりだったのですが

大半の若い外人さんたちはこの持ち運び扇風機を持っていました。

向こうでは必需品なのでしょうか…

 

 

通勤する人向けで見つけたのは、LOFTのモバイルフォン。

 

これはたまたま発見したのですが、こういった四角でスマートな形だと

ネームプレートと同じ扱いができるのではないでしょうか

 

これであれば人目を気にせず扇風機を付けながら歩けそうです。

熱中症に気をつけて過ごしていきましょう。

東北。 田舎ものづくし。2

前回の続きです。

3日目は車で亀岡のお寺に向かいました。

山形はどこに移動するにしても、車が必須になります。

 

車の中で「蔵王」と呼ばれる山について、教えてもらいました。

「蔵王山(ざおうさん)」は山形県と宮城県の間にある山の事で、

山形側は「山形蔵王」と呼ばれているそうです。

ロープウェイとスノーモンスター

冬になると、写真の様にスノーモンスターがたくさん出てくるそうです(笑)

これは針葉樹に雪と氷が積もって氷結し続けるとできるそうで、

同じ形がなくて、まさしく雪のモンスターっぽいですよね。

 

 

 

そして向こうの親戚は全員、方言が強いんです。

濁点が多くて「んだな~んだんだ」と相槌うったり、

「~したっけどよ」「じょ~だ~」と。

 

さっぱりでしたが「じょ~だ」は「上手だな~」の略語でした。

若い人達も方言を使っているので、なんだかギャップを感じる事ができて面白かったです(笑)

 

 

 

車で約30分、亀岡文殊へ到着。

 

山の頂上にお寺があるので徒歩で登りました。

天気も良く、青空の下で緑に囲まれながら登るのはとても気持ちよかったです。

 

 

頂上まで約10分ほど。

階段を上り終えると、大聖寺がどんと待ち構えていました。

 

 

裏側へ回ると「知恵の水」と呼ばれるものがあります。

一口飲むと知恵が授かるそうな…。

 

帰り際に、淡い色をしたアジサイを見つけました。

関東のアジサイは咲き終わっていたので、綺麗な写真を残せてよかったです。

 

 

一通り自然を満喫した後は、「道の駅米沢」へ行きました。

道の駅ではさくらんぼソフトクリームをいただきました!

山形と言えばさくらんぼですよね、

 

 

3日間、短い間でしたが山形を堪能することができてとても楽しかったです。

また冬になったら行きたいな~。

次は友達を連れて、観光をしてみたいです。

東北へ。 田舎ものづくし。1

こんにちは。岩瀬です。

先週、私は山形へ行ってきました。旅行目的は法事と観光です。

久々に新幹線に乗って遠出することができてとても楽しかったです。

 

家族といとこは先に山形へ向かっているとの事で、

私は仕事が終わったあと、そのまま東京駅へ向かいました。

 

本当は駅弁を買って新幹線の中で食べようと思っていたのですが、

東京駅に着いたのが出発の2時間前だったので、

空腹に耐え切れず海鮮丼を食べてしまいました…

 

山形に付いたのは午後11時でしたので、その日はそのまま宿で寝ました。

 

翌日、予定通り法事を済ませたあとは親族たちで物産館へ…

毎回山形へ行くと、ここの物産館の山形の郷土料理「たまこんにゃく」を食べます。

醤油タレがしみ込んだ出来たてのたまこんにゃくを、その場で串に刺して

提供してくれるのでアツアツで食べる事ができます…!

でもやけどに注意しながら食べないとちょっと危険です(笑)

1本(3玉)100円。安いので皆さんもぜひ。

 

 

その日の夜は、浜田広介という絵本作家の記念館の温泉へ行きました。

浜田広介は「泣いた赤鬼」を描いた作者で、

「日本のアンデルセン」とも呼ばれている作家だそうです。

記念館は午後5時で閉まっていましたが、温泉はゆったり楽しむ事ができました。

 

夜はウシガエルが「モ゛ッ」と鳴いていて、関東ではあまり聞かない泣き声に

田舎だなぁ~としみじみ感じる事ができました(笑)

 

続きは次回へ。

外構の打合せと訪問

こんにちは。

7月に入ってもまだまだ湿気が多いですね。

カラッと良い天気になってくれた方が、気分も良いのですが。

 

夏と言えば海、花火、祭り!と昔は大はしゃぎだったのですが、

あの人混みに負けて行く機会がなくなってしまいました。

ですが、今年は友達が誘ってくれたので、

折角なら行ってもいいかな・・・!と気合を入れています。

神奈川県の花火大会を調べてみると、

平日でもやっている個所がいくつかあったので

休みの日に友達とスケジュールを合わせて行く予定です。

こちらの記事は行ったあと書かせていただきます…。

 

 

話は戻って、7/1に

現在打合せ中のO様と、外構屋さんとの打合せが

静岡の現場で行われる為一緒に見に行きました。

 

当初玄関にスロープを付けていましたが、

実は新築時にスロープを付けてしまうと、将来足腰が弱くなってしまうと教えていただきました。

段差ですと、確実に足を上げる為、運動になりますよね。

ちょっと私が探す限り、緩やかな段差の外構写真が見つからなかったですが、

過去の写真を・・・。

O様ご自身も手描きの外構図を持って、要望をお話されていました。

完成が楽しみですね。

 

 

帰りには今年にお引渡しをした小田原市のW様邸へ伺いました。

外構の工事も一部を除き全て終わっていたのですが、現場が遠かった為

ずっと行けない状況だったので、やっと見れた~!と言う気持ちです。

 

天草らしく、煉瓦とアイアンフェンスがマッチしていて、

カッコいい仕上がりになっていました。

引っ越した後はお子さんがよく家に友達を招いているみたいです…。良かった!

 

アパルトマンスタイル 個人的初見学

こんにちは。岩瀬です。

この間、やっとヴェルサイユのお家へ行くことができました…!

外観に圧巻。誰しもが見とれてしまいます。

天気があまりよくないところが写真映えせず残念です、、、

 

外観だけでなく、室内も見せていただきました。

それぞれの居室もエレガント・華やかな印象で、

一番感動したところはやっぱりリビングの装飾でした。

壁面のパネル1枚1枚に装飾があり、とても器用に作られています…。

家具と照明のバランスもばっちり。

白い装飾にゴールドのポイントが際立って、良いアクセントになっています。

また、よく見てみるとカーテンボックスにも細かい飾りが…!

こちらはご施主様ご自身で貼られたそうです。

ふさかけとの相性もばっちりです。

そして出窓には腰かけ。中は収納ができるようになっております。

実はここから見える景色もとてもいいんですよ。

 

最上階の写真です。

アイアンの手摺もなかなか素敵ですね…。

 

どの部屋にもシャンデリアが取り付けられていて、キラキラ輝いていました。

入社してから何件か完成物件の見学してきましたが、

ヴェルサイユ宮殿のようなお家は初めて見ました。

 

Y様邸はあまり深く関わっていませんが、実際に見る事でとても勉強になりました。

名物物件となりつつあるお家ですので、もっと多くの方に見て頂けたらと思います。

この現場見学会の詳細はこちら

締め切りは6/20(木)です。