峠の釜めし

2019/02/03

1月30日に軽井沢に現調に行きました。八王子は天気は良かったのですが、風が強く
寒い日の午後に出かけました。軽井沢はとても寒く風の強い良い天気でした。

 

軽井沢は道路には雪は積もってなく、ただ現場は10㎝位の積雪量がありました。
現調が終わり帰りの上越高速道路の横川サービスエリアに立ち寄りました。

そこで、おぎのやさんの1個1080円の益子焼の土鍋にはいった峠の釜めしをおみやげに3個買い帰りました。自宅に帰ってからいただきましたがとても美味しかったです。

今から55年前、おぎのやのおかみが、自らホームに立ち、旅行者ひとりひとりの駅弁へのご意見・思いを聞いて回りました。そこで、彼女はひとつの答えにたどり着いたそうです。

「あたたかくて、家庭的な楽しいお弁当が求められている。」お客様と向き合うその真摯な姿勢が、新たな駅弁開発のきっかけになり、1985年、益子焼の土鍋に入った駅弁、「峠の釜めし」が誕生したのです。

1950年代、暖かいまま食べられる「峠の釜めし」は、常識をくつがえす画期的な駅弁でした。その後自動車旅行の増加に合せて「峠の釜めし」・ドライブイン(現荻野や横川店」を開設。

益子焼の土鍋に入った釜飯はボリューウムもあり大満足でした。

 

 

 

 

 

 

 

小田原の釜飯

2018/12/12

小雨の降る日 横須賀の現場を見に行きました。大工の福島さんはじめ マッハシステム工事を宇留間さん レンガ工事は東さんと職人さん5人とたくさん職人が頑張っていました。

工事は順調に進んでいました。その後 海岸線134号と西湘バイパスで小田原についたのは午後一時頃でした。現場はフレミングの笠井大工さんたちが 2人でもう2階の床

工事まで進んでいました。色々と打ち合わせの後 お客様に教えて頂いた釜飯屋さんに行くことにしました。小田原は海の側ですが、海鮮料理だけではなく釜飯も美味しいと教えて頂いたので、早速行ってきました。

そこは 鳥ぎん 小田原駅前店という お店ですが、非常にわかりずらい場所で仕方ないので 近くの有料駐車場に車を止めて 細い路地裏を歩き出したら 偶然鳥ぎん

さんの前に出てビックリしました。店内は落ち着いた感じ作りになっていて、いかにも釜飯屋さんという感じでした。

]ランチをお願いしたのですが、注文の後 ごはんを炊くので30分程かかるとの事 仕方ないので待ちましたが、もう2時を過ぎていたので お腹がすいていたので、釜飯が出て来た時は 直ぐにガツガツと食べ始めてしまいました。

 

釜飯は色々な種類があり 今度は他の釜飯に挑戦しようと思います。