白レンガの家

2020/06/27

レンガは赤色に限りません。黄色でもピンク色、褐色、焦げ茶色、等など色々な色があります。一般的な赤レンガは鉄分をたくさん含む粘土を使うとだいたい赤レンガになります。

白レンガというと、耐火レンガというイメージですが、耐火レンガは主に製鉄所の溶鉱炉で使用されます。建築の外壁に使用するレンガは耐火レンガとは粘土の成分ボーキサイト鉱、マグネシュウム鉱が入っていますが、少しちがいます。

そして、焼成温度は通常の赤レンガより高い温度で焼きます。燃料は通常天然ガスを使います。私が見た煉瓦工場ではマレーシアの工場だけが、木材を砂状にしてレンガを焼いていました。

その木材はマレーシアでのプランテーション(大規模農場)により、栽培された天然ゴムの原料となる樹液を採取できるゴムの木の老木を使っているようです。

老木のゴムの木は建築用のフローリング材や家具材にも使われています。環境に配慮した燃料ですが、この燃料では約800℃までしか温度が上昇せず、硬度が弱い気がします。

同じ白レンガを使っても目地の色によっても全体の色合いが全くちがいます。グレーの目地と白色では違ったレンガを使ったみたいです。

この家は車の通行が非常に多い環八道路の傍ですが、外壁にレンガを使っているので、家の中はとても静です。

煉瓦建築

2020/06/26

ヨーロッパでは煉瓦は古代から多くの建物に用いられてきたが、教会、宮殿、公共建築、など本格的な建物の場合、構造が煉瓦造でも表面を漆喰や石で仕上げることが多い。

赤煉瓦のままの建物は古風なものか、工場、倉庫など簡素なものである。しかし、イギリスなどで中世趣味のため、あえて赤煉瓦のままとするることがある。

アフリカ大陸の降水量の少ない地域では、古くから日干し煉瓦が用いられており、モロッコのアイット=ベン=ハドゥの集落やマリ共和国のジェンネなど、美しい町並みが世界遺産として評価され登録される例もある。

日本で最初につくられた煉瓦建築は幕末の反射炉である。政府に雇われた外国人の指導で官営事業を中心に煉瓦の製造、建設が始まった。

1870年 日本初の煉瓦工場が現在の大阪府堺市に設立された。銀座煉瓦街の建設の際は大量の煉瓦を必要としたため、東京の小菅に煉瓦工場が築かれた。

日本では明治の初期まではフランドル積み(フランス積み)構造が多く用いられた(長崎造船所、富岡製糸場、銀座煉瓦街等)が、その後はほとんどイギリス積になった。

フランドル積みの方がより優美に見えるが、イギリス積の方が合理的で堅固であると考えられたためである。例えば、東京駅の外壁を見ると、どの列も小口が並んでおり小口積みのようであるが、これは表面仕上げに小口煉瓦をもちいているためで、主構造はイギリス積みである。

明治中期ごろには煉瓦職人も増え、一般的な技術の一つになった。煉瓦造建築は濃尾地震で被害を受けたため、鉄骨で補強する構造なども工夫された。(赤坂離宮、東京駅など)。また、大正時代には鉄骨造建築の壁を煉瓦で造ったり(郵船ビルなど)、鉄筋コンクリート造建築の一部を煉瓦造とする混構造も見られた。

しかし、煉瓦を構造に用いた建物は「関東大震災」で大きな被害を受けた。震災以降、煉瓦造は小規模な建物以外には用いられなくなり、鉄筋コンクリート造が主流になった。

しかしながら、今日残っている煉瓦造の建物は多くの市民に指示されている。そして、現在の煉瓦は主構造は木造建築で外壁の仕上げ材に使われています。その為非常に耐火性能には優れており、地震にも強い構造になっています。

煉瓦の色も赤煉瓦だけではなく、白、こげ茶、黄色、ピンク色、等 多彩な色があります。

富士ゴルフコースと別荘

2020/06/07

富士山麓にたくさんの別荘を建ててきましたが、改めて気が付いたのは「富士ゴルフコース」の近くに多くの注文住宅を施工していることです。「富士ゴルフコース」のことは何も知らなかったので少し調べてみました。

山梨県選出代議士で富士山麓鉄道(株)(現、富士急行)社長・堀内良平は当時、富士山麓山中湖近くの梨ケ原に、約300万坪の県有地を借用していた。だが、遊休の為に没収される瀬戸際にあった。

堀内は、住まいが近かった小田急参宮橋の隣人、品川主計(読売新聞社社長)に相談した。「何か始めないと社員の給料も払えない」と話した。品川は、多摩川河畔に六郷ゴルフ倶楽部を完成したばかりの安達貞市を紹介した。

それより5年前、安達は大阪の茨木CCを見学、「富裕階級が嬉々として楽しむゴルフは、大衆階級にも楽しいはず」と考えていた。『ゴルフは金持ちのスポーツだ』と切って捨てなかったのが安達の先見だった。

六郷ゴルフは大衆化、パブリックをとらえた野心作第一号だった。しかし、電車広告までやって宣伝したものの大衆の反応はゼロ、40年早かった。

止むを得ず東京ゴルフ倶楽部(駒沢コース)理事長・森村市左衛門に頼み、名物支配人・岡本秀雄を譲り受けて、会員制としてスタート、それが戦前の六郷GCで、近衛文麿もメンバーになった。

そういった背景があっただけに、富士ゴルフコースの創設に際して、安達が提案したのは、「借地している県有地を300坪単位に区分、別荘を分譲する」というもの。

入会する人は別荘分の借地権を譲り受けることになり、会社はこの入会金を建設資金とするという案だった。分譲地第一号は、安達自身が購入、白樺を門柱代わりにした。日本草庵を造った。

山梨県南都留郡中野村山中の富士山と山中湖を美晴る。大パノラマの27万坪に着工。労力は全て地元民に頼った。設計・明石和衛は荏原製作所の創業者で東京GCのメンバー。

昭和8年の記録ではハンディ8、当時の8には大谷光明、鳩山一郎がいる。明石も名高いシングルだったのだ。富士ゴルフコースは、現在パブリックだが、戦前の発足時には会員制に頼らざるを得なかったとわかる。

昭和10年8月1日、18ホール・6811ヤード・パー72が開場。富士山系ゴルフ場の第一号である。こうして、ゴルフ場付き別荘の工事が始まった。現在でも当時の名残の場所がたくさん残っている。

しかし、当時の建物は殆ど残っていない。今日 富士山系の別荘ライフも大きく変わってきている。快適な環境の夏でもエアコンが必要な日もある位になっている。雨の多い山中湖では湿気も多いので久し振りに別荘を訪れると カビ臭さを感じてしまう。

 

カビ臭さは別荘には当然のこと思っている方殆どだと思いますが、非常に勿体ない話である。なぜカビ臭くなるのか?別荘の為、換気がうまく出来てないので湿度が高くなり、カビ臭くなります。

この問題を解決するには換気と同時に常時除湿をして、なおかつ電気代がかからないようなマッハシステムを導入が良いと思います。

初期費用もランニングコストも安価で済むと思います。そして、昔と違って今日  別荘ライフは一年中利用されています。その際 輸入住宅の全館空調マッハシステムであれば冬場のー20℃位までの気温でも快適に過ごせます。

外気温がー20℃まで下がる地域で湿気が多いのであれば建物の外壁が傷みやすいので、レンガや石材、又はタイルがお勧めですが、石材やタイルは表面剥離の心配があります。

小名浜港

2020/05/27

仕事で福島県いわき市小名浜に行ってきました。天草産業株式会社にも福島県出身の大工さんがたくさんいますので、小名浜港のことはときどき聞いていました。

小名浜港に到着したのは13時位でしたので、近くのレストランで海鮮料理をたべました。とても新鮮でリーズナブルな価格でした。レストランは2階建てで2階がレストランです。

1階は海産物の販売店でしたので、好物の「生ウニ」と「ひものの詰め合わせ」を買いましたがやはりとても安くてビックリしました。

店員の話では「小名浜港」で上がる魚は全て スーパーのイオンが買い上げて福島県内の店舗で販売しているそうです。大消費地の東京の豊洲市場では扱ってもらえないとのことでした。

震災から何年も経つのに、、、情けない気持ちでいっぱいです。私は福島県産品の海産物や農産物は東京では買えないので、時々 福島に来て買いたいと思いました。

目の前に停泊している大型の漁船はカツオ漁や底引き網漁ですが、朝早くに出港してお昼には試験操業して帰港してとのことでした。

一日でも早く 漁師の方々が仕事ができる日が来るように期待しています。漁船の停泊している 小名浜漁港は1号埠頭の東側にある。もともとは1号埠頭の岸壁だった。隣には魚市場があり、2階には観光ガイドにも登場する有名な食堂がある。

「小名浜港」は、東京と仙台のほぼ中間、福島県沿岸南東部のいわき市にあり、温暖な気候と豊かな海に恵まれた港です。港は、江戸時代の幕府上納米の積出港に始まり、明治時代は江戸末期には発見された石炭の積出港として、栄えました。

 

大正時代は東京、塩釜間の避難港として港の修築工事が行じつ、これを契機に本格的な商港を望む声が高まり、昭和2年の重要港湾指産業定につながりました。

そして昭和4年に町民の並々ならぬ情熱による大陳情団「白だすき隊」により予算復活したことや、39年の新産業都市「磐城・郡山地区」指定などを弾みに、国際貿易港として着実な発展をとげてきました。

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、港湾施設は甚大な被害を受けましたが、平成26年3月までに物流機能を担う主要な岸壁の災害復旧工事が全て完了し、取扱貨物量については震災前を上回る水準にまで回復しています。

また、平成23年5月には「国際バルク戦略港湾(石炭部門)」に選定、平成25年12月には全国初となる「特定貨物輸入拠点港湾」に指定されており、東日本地域における石炭輸送拠点としての港湾機能強化を図るため「東港地区国際物流ターミナル(人工島)の整備に着手しています。

一方で、県内屈指の観光拠点である1・2号埠頭地区の「アクアマリンパーク」など、海の自然や文化と触れ合うことのできる賑わい空間の整備も行われており、

恵まれた立地条件の中で、大交流時代を支える世界とのネットワーク拠点としてさらなる発展を目指します。

我が家のバラⅡ

2020/05/17

我が家のバラの見学者も日々増えていると聞いていますが、我が家の向い側のお宅も今年は見事にバラが咲いています。

我が家は門扉を開けると左手に「ザマッカトニー ローズ」をうえてあります。この時期 玄関ドアを開けると素晴らしい芳香が匂うようにここに植えました。

 

 

このバラはハイブリッドティー(HT)四季咲き 大輪 ピンク系・花つきが良く、耐病性に優れています。鮮やかなピンク色と素晴らしい芳香がマッチしています。

庭植えに適しているバラです。元ビートルズのベーシスト、ポールマッカートニー氏の名を冠した花です。

階段を数段上がるとわたしの好きなバラの一つである「ロココ」と「ルージュピエールドゥロンサール」のアーチをくぐり抜けてバラの小道に出ます。

 

 

「ロココ」は繊細な色彩と波打つ花弁がまさにロココ調を感じさせる優美な品種です。春の一季咲きで、枝を埋め尽くすほどたくさんの花を咲かせます。

「ルージュピエールドゥロンサール」はゴージャスなクリムゾンレッドの大輪花。濃厚な香りも楽しめます。満開時には豪華な花つきで見応えがあります。

 

 

小道の左手は我が家のバラの女王「ピエールドゥロンサール」です。このバラは豪華な大輪カップ咲きで、幾重にも重なる花弁と中心にピンクがのる優雅な色調がとても上品です。トゲが少なくて扱いやすいのですが、カミキリムシに狙われやすいです。

我が家は中のリビングルームからもバラが見えやすいように枝を誘引しました。

小道の右手は「春がすみ」と「アンジェラ」です。この二つのバラはとても育てやすいバラです。バラには輸入住宅が良く似合います。

 

 

バラの季節にはたくさんの方が、我が家のバラの見学に訪れています。そんな方達に喜んでいただければ幸いです。