富士ゴルフコースと別荘

2020/06/07

富士山麓にたくさんの別荘を建ててきましたが、改めて気が付いたのは「富士ゴルフコース」の近くに多くの注文住宅を施工していることです。「富士ゴルフコース」のことは何も知らなかったので少し調べてみました。

山梨県選出代議士で富士山麓鉄道(株)(現、富士急行)社長・堀内良平は当時、富士山麓山中湖近くの梨ケ原に、約300万坪の県有地を借用していた。だが、遊休の為に没収される瀬戸際にあった。

堀内は、住まいが近かった小田急参宮橋の隣人、品川主計(読売新聞社社長)に相談した。「何か始めないと社員の給料も払えない」と話した。品川は、多摩川河畔に六郷ゴルフ倶楽部を完成したばかりの安達貞市を紹介した。

それより5年前、安達は大阪の茨木CCを見学、「富裕階級が嬉々として楽しむゴルフは、大衆階級にも楽しいはず」と考えていた。『ゴルフは金持ちのスポーツだ』と切って捨てなかったのが安達の先見だった。

六郷ゴルフは大衆化、パブリックをとらえた野心作第一号だった。しかし、電車広告までやって宣伝したものの大衆の反応はゼロ、40年早かった。

止むを得ず東京ゴルフ倶楽部(駒沢コース)理事長・森村市左衛門に頼み、名物支配人・岡本秀雄を譲り受けて、会員制としてスタート、それが戦前の六郷GCで、近衛文麿もメンバーになった。

そういった背景があっただけに、富士ゴルフコースの創設に際して、安達が提案したのは、「借地している県有地を300坪単位に区分、別荘を分譲する」というもの。

入会する人は別荘分の借地権を譲り受けることになり、会社はこの入会金を建設資金とするという案だった。分譲地第一号は、安達自身が購入、白樺を門柱代わりにした。日本草庵を造った。

山梨県南都留郡中野村山中の富士山と山中湖を美晴る。大パノラマの27万坪に着工。労力は全て地元民に頼った。設計・明石和衛は荏原製作所の創業者で東京GCのメンバー。

昭和8年の記録ではハンディ8、当時の8には大谷光明、鳩山一郎がいる。明石も名高いシングルだったのだ。富士ゴルフコースは、現在パブリックだが、戦前の発足時には会員制に頼らざるを得なかったとわかる。

昭和10年8月1日、18ホール・6811ヤード・パー72が開場。富士山系ゴルフ場の第一号である。こうして、ゴルフ場付き別荘の工事が始まった。現在でも当時の名残の場所がたくさん残っている。

しかし、当時の建物は殆ど残っていない。今日 富士山系の別荘ライフも大きく変わってきている。快適な環境の夏でもエアコンが必要な日もある位になっている。雨の多い山中湖では湿気も多いので久し振りに別荘を訪れると カビ臭さを感じてしまう。

 

カビ臭さは別荘には当然のこと思っている方殆どだと思いますが、非常に勿体ない話である。なぜカビ臭くなるのか?別荘の為、換気がうまく出来てないので湿度が高くなり、カビ臭くなります。

この問題を解決するには換気と同時に常時除湿をして、なおかつ電気代がかからないようなマッハシステムを導入が良いと思います。

初期費用もランニングコストも安価で済むと思います。そして、昔と違って今日  別荘ライフは一年中利用されています。その際 輸入住宅の全館空調マッハシステムであれば冬場のー20℃位までの気温でも快適に過ごせます。

外気温がー20℃まで下がる地域で湿気が多いのであれば建物の外壁が傷みやすいので、レンガや石材、又はタイルがお勧めですが、石材やタイルは表面剥離の心配があります。

鎌倉市常盤の家

2020/04/04

鎌倉市ではたくさんの家を建てさせて貰っていますが、常盤台の家も素敵なお家の一つです。鎌倉大仏で有名な高徳院を右手に北上してしばらく車で走ると常盤台の入り口に着きます。

外壁はピンク色のレンガ、地下駐車場のある豪邸、マッハシステムの全館空調がついています。眺めの良い高台にあります。鎌倉市はとても人気の住宅地です。

鎌倉は、鎌倉時代には日本の政治において最も重要な位置を占めていた。12世紀末から14世紀半ばの1333年まで幕府が置かれ、鎌倉文化が花開いた。

近代に入ってから鎌倉にはたくさんの、作家、美術家などの文化人が集まり住み、たくさんのドラマや小説の舞台にもなってきた。

現在の鎌倉は古都保存法によって乱開発が規制され、古社寺や史跡、国宝建築の円覚寺舎利殿を含めた文化財が比較的多く残っている。

鎌倉市で住宅を新築するのは先程の古都保存法をはじめいろいろな規制がありとても建築家にとってはとてもきびしい住宅地です。

そして、さらに大変なことは高台とか崖地が多いことです。崖地は擁壁を作らねばならず、思いの外費用が発生する事があります。

でも、古都鎌倉はとても素敵な住宅地です。鎌倉に憧れて東京から引越しをする方も多いようです。

鎌倉市浄明寺の家

2020/04/11

鎌倉市でも、たくさんの住宅を工事していますが、鎌倉市浄明寺は逗子市久木とともに新興住宅街である「鎌倉逗子ハイランド」という方がわかりやすいとおもいます。

この家は外壁はアイボリーのレンガそして、3台分の駐車場がとってありますが鎌倉市の古都保存法により厳しい建築規制により街並みが美しく維持されています。

「鎌倉逗子ハイランドの桜並木はかながわのまちなみ100選に選ばれ、新たな古都の風情を醸し出す地区になっています。

地理的には三浦半島北西部、相模湾に面する都市で、湘南の一部とされることもある。北西に鎌倉市、南に三浦郡葉山町、東に横須賀市北部が位置し、北東で横浜市にも接する。

東京や横浜のベッドタウンで、逗子市や葉山などとともに海水浴場のある観光都市でもある。そして、ヨットハーバーやマリーナもあります。

鎌倉海岸や逗子海岸は最近ではウィンドサーフィン、そして風が吹いていなければシーカヤックやサップボードを楽しむ人が多くなっています。

逗子駅はJR東日本の横須賀線と京浜急行電鉄の逗子線が乗り入れてとても交通の便も良く、とても住みやすい街だと思います。

とにかく、海の近い町はとても良いと思います。

横須賀の家

2020/04/01

横浜横須賀道路の衣笠インターチェンジを降りて、西の方に坂道を上ってトンネルを抜けた辺りに高級住宅の立ち並んだ山科台という高級住宅街があります。

山科台の中でも特に目立つお家が今回 ご紹介する「横須賀の家」です。ビルトインガレージが3台分あり、リビングルームに吹き抜けのある大きなお家です。

外壁は素敵な赤レンガです。お庭はとても素敵なガーデニングで完成されていますが、草花が咲き誇るには少し早いようです。

山科台を東の方下って行くと直ぐに馬堀海岸にでます。16号を北に行くと米国海軍の第七艦隊の母港横須賀基地があります。

第七艦隊は、原子力空母「ロナルド・レーガン」と艦載される第五空母航空団を戦闘部隊の主力とし、350機の航空機を擁する規模となる。

馬堀海岸には東京湾に浮かぶ無人島で、海を見ながらBBQのできる「猿島」があります。

猿島にはかって砲台が置かれ、東京湾を守る要の役割をしていました。猿島は”要塞の島″だったのです。当時は一般人の立ち入りが禁止されていたため、貴重な自然や歴史遺産

が残されたことにより、2015年に「国史跡」に指定されました。兵舎、砲台、そして、長いトンネル。「フランス積み」で積み上げられたレンガの建造物は、日本に数ヶ所しか現存しない貴重なものなのです。

コブシの花

2020/03/15

私の住む「みなみ野」は街路樹に「コブシの花」が植えてあり、この時期には花が咲き乱れとても綺麗です。

和名のコブシは漢字で「辛夷」と書きます。「辛夷」という言葉は中国では「モクレン」のことを言い、漢方薬にも配合されています。

コブシはモクレン科モクレン属の種類に属した落葉広葉樹で、学名は「マグノリア・コブス」です。和名の「コブシ」が、そのまま学名になったものです。

高さは18m位の高さに成長します。落葉樹なのに3月になると突然つぼみをつけ、今の時期に、枝先に純白の花を咲かせます。

6枚の花びらにはレモンのような柑橘系の良い香りがあり、良い香りがするのは花だけでなく枝や葉を燃やしても同じく香りがします。

果実は5~10㎝位の大きさがあり、袋果に入った集合果で、握りこぶしのようなゴロッとした感じがあります。この果実の形状がコブシの名前の由来です。

秋にこの袋果が熟すと自然に裂けて、中から赤い種が白い糸引きながら垂れ下がります。コブシは、里山に春の季節の到来をを告げる代表的な花木です。

庭木はもちろんですが、街路樹、樹皮をつけたままのコブシの木を建材として、侘び寂をとりいれる茶室などの柱に用いたりします。

また、コブシの花が咲く開花時期に合わせて、農作業を始める指標としているところもあります。