佐渡金山の観光

2019/05/21

2泊3日で佐渡ヶ島に行って来ました。佐渡ヶ島と言えば金山です。
現在、佐渡金山は観光施設として一般公開されており、国史跡、国の重要文化財、国近代産業遺産、国重要文化的景観に指定されています。

金・銀を採掘していたトンネルの総延長は佐渡から東京までの距離と同じ400kmにも及ぶ坑道になっています。東西3000m、南北600m深さはなんと海面よりも800mに広がっており、アリの巣のように何層にもなっていました。

そのうち、約300mの坑道(トンネル)が、観光用に整備されており、実際入って体験することが出来ましたが、中は10度位でかなり寒かったです。

ちなみに、観光できる佐渡金山の坑道は、宗太夫抗と道遊抗の「2つ」に分かれています。

宗太夫抗(そうだゆうこう)は、江戸金山絵巻コースと言う副タイトルがついているとおり江戸初期の手掘り坑道跡が見学できるようになっており、佐渡金山絵巻に描かれている採掘作業が、動く人形などによって再現されています。

鉱山で働いていた鉱夫の給料は良かったようで、相川の街は推定人口3万人で、大変栄えたと伝わります。

江戸時代の後期には無宿人と呼ばれた浮浪者1800人を江戸から連れてきたり、罪人を強制連行して労働させたりしました。

宗太夫抗には江戸時代の苛酷な採掘風景を再現した人形が約70体設置されています。

我が家の庭

2019/05/18

 

我が家の庭のバラ を紹介します。

「ジェーンオースチン」
花色はソフトなアプリコットイエロー
中輪花・ロゼット咲きで、ボタンアイを見せることもあります。
ティーローズ系の芳香。枝はしなやかですが、やや直立性の樹形。
四季咲き。

「アイスバーグ」
花色は透明感のある純白色で、清楚な雰囲気のバラ。
トゲが少なめで、枝がほそく、ややうつむき加減に咲きます。
多花性で花もちも良く。丈夫でそだてやすいため、世界中で植栽されている銘花です。
ティーローズ系のさわやな香り。
四季咲き。

「ラベンダードリーム」
花色は紫を帯びたピンク色
半横張り性の樹形。
枝先に、小さな平咲きの花を多数つけ、満開時は株を覆うように花が咲く。
修景バラとして紹介されることも多い。
素朴な花は和風、洋風どちらの庭にもよく合う。
耐寒性のある丈夫なバラで、育てやすい。
耐陰性にも優れており、半日陰でもよく咲く。
四季咲き。

「バレリーナ」
花色は外側が濃いピンク色、中心部が白色。
半横張性の樹形で、無剪定だと2m前後まで伸びる。
花は一重の平咲き。花の直径は3㎝前後と小さいが、花数の多い房咲きになるため満開時は見事。
花もちも良く、長期間花を楽しめる。

ここに紹介した4種類のバラは初心者向けですが、とても綺麗にさきます。

 

 

 

天草会 令和元年度 通常総会・安全大会

2019/05/17

16時から令和元年度 通常総会・安全大会を八王子エルシィにて行われました。
司会  平野 栄一 野村機器(株)
1.開会の辞  幹事 中村 正英 (有)中村瓦店

2.会長挨拶  会長 笠井 範佳 (有)笠井工務店

3.事業及び計画案

4.役員改選

5.閉会の辞   幹事 上久保 司 (株)エフォート

 

16時30分から 八王子労働基準監督署 安全衛生課 課長 室岡 学氏による安全講話を約1時間公演して頂きました。

去年 八王子市で起きた火災を教訓による 建設現場における発泡プラスチック系断熱材による火災防止の手引き

安全帯が「墜落制止用器具」は「フルハーネス型」を使用する事が原則となります。

そして これから建築現場は暑くなりますので、「熱中症」にならないよう気お付けましょう。

「熱中症」とは高温、多湿の環境下で体内の水分と塩分のバランスが崩れ、体内の調整機能が破綻するなどして発症する障害で、症状により次のように分類されます。

これらの症状が現れた場合は、熱中症を発症した可能性があります。

伐木作業等の安全対策の規制が変わります!

働き方改革関連法により2019年4月1日から「産業医・産業保健機能」と「長時間労働者に対する面接指導等」が強化されます。

バラを楽しむ会 2019

2019/05/12

バラを楽しむ会 2019を立川の住宅展示場で行われました。12日にバラが咲くのが間に合うか?心配でしたが、展示場の東側は十分咲いてくれましたが、西側は満開とまではいきませんでした。

それでも、たくさんのお客様に参加頂き本当に有難うございました。また、お客様と一緒にお茶を頂きながら バラの事 家の事 そして住宅のメンテナンスや空調等のお家の悩み事を あれやこれやと相談を受けました。

お客様も十数年前に建てて頂いた方 完成したばっかりの方 これから着工を待っている方等 様々な方がいらして たいへん有意義な時間を過ごさせて頂きました。

立川展示場のバラは北東のアーチの つるブルームーン(青いバラ)そして ゴールデンセレブレーション レンガの壁に咲くテスオブザ ダーバーヴィルス 純白色が綺麗なアイスバーグ

バラの王道 ピンクのクィーンエリザベス ブルーバユー そして3月の初頭から毎年咲き始めるアンクル ウォーター ガートルードジエキル ピエールドロンサール

イングリシュヘリテージ エブリン等 ほぼ50種類ほどのバラが植えてあります。そして毎年この時期に バラを楽しむ会を開催させて頂いておりますので是非多くの方が参加されることを期待しております。

上海新国際博覧中心(上海新国際博覧センター)

2019/04/26

今日は朝からバスに乗って上海新国際博覧中心に行きました。日本で言えば、ビッグサイトや幕張メッセの様な国際見本市場です。

上海新国際博覧中心(Syanghai New Internationl Expo Cennter,SNIEC)は、上海陸家集団有限公司、ドイツの展覧運営企業ハノーバー・ドイチェ・メッセ、メッセ・デュッセルドフ、メッセ・ミュンヘンインターナショナルが共同出資して建造

SNIEC浦東龍陽路2345号に1999年11月4日起工、2001年11月2日に正式にオープンした。現在、SNIECは合計17の単層仕切りなしの展示ホールを保有し、室内の展示面積は200,000平方メートル、室外展示面積は100,000平方メートルに及ぶ。

4月26日~28日まで 上海国際クリーン技術と設備博覧会でのセミナーと発表会に参加しましたが、たくさんの方が出席して大変盛り上がりました。

展示会場はとにかく 広くて展示場内を移動するのも 殆ど歩くしかないので大変運動になりましたが、疲れました。

出展メーカーは中国国内は もちろん、日本、アメリカ、ヨーロッパ等 世界中の先進国からです。ここでも中国国内での大気汚染に対する関心の高さが見えました。

最後にいかにも中国らしかったのが、「ナンチャッテくまもん」がいたことでした。