女性が一生 働ける病院「みなみ野 グリーンゲイブルズ クリニック」

2018/09/29

以前からご案内させていただいてております、みなみ野グリーンゲイブルズの計画当初、土地の候補地を案内されました。南側道路は敷地より1.2m程低く 北側道路は5m程低く かなり段差のある900坪あまりの土地でした。

もともと開発ずみの土地なのに土地の高低差があり過ぎるのと土地が広い為 開発にかけなければならず北側の擁壁工事と開発行為による建物を建てる前にやらなければならない事ことがたくさん有ると容易に想像できました。

先生は東京都立多摩総合医療センターの産婦人科部長として、緊急帝王切開や高難度の婦人科手術でメスを握っていた経験からいろいろな考えをお持ちでした。

最初から妊婦と赤ちゃんにやさしく、そこに働く人は「女性が一生働ける病院」を作りたいと仰っていました。病院の後は出産後の産後施設 そしてクリニックの隣には

保育施設を作りたいという大きな計画を語っていらっいました。私は産婦人科病院のことは初めは何も分かりませんでしたが、できるだけ先生のお役に立ちたいと思いました。

まずはこの高低差のある土地の有効利用を考え、開発行為のコストをいかに下げるか? を考え悩みましたが、うまく出来たと思います。

次にクリニックの設計ですが、病室は19室、手術室2部屋、等など先生に教わりながら以前 行ったことのある都立大塚病院の産婦人科を少し参考にしながらプランしました。

工事はツーバイ工法の耐火建築の2階建て、非常に難しい仕事でしたが、無事工期通り終えることが出来ました。先生の御理解とこの工事に関わった業者さんと担当の社員の頑張りだと思っています。皆さんの協力には感謝しています。

今回は9月4日発売の「女性自身」に桑江千鶴子院長先生の事が大きく取り上げられていました。 先生の考えが広く伝わるといいなと思います。

彼岸花(ヒガンバナ)

2018/09/15

我が家の庭にもいつのころか?ヒガンバナが咲いています。 ヒガンバナは、ヒガンバナ科ヒガンバナ族の多年草である。ヒガンバナは、その名の通り秋のお彼岸に合わせて花の見ごろをむかえます。

ヒガンバナという花は「不吉な花」というイメージがありますが、実際の所はどうなんでしょうか?

土手や田の畔に生える。秋の彼岸のころ、高さ約30センチの花径を伸ばし、長い雄しべ、・雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。

花の後、線形の葉が出て越冬する。有毒植物であるが、鱗茎を外用薬とする。

田んぼのあぜ道でよく見るには理由がある。お彼岸の季節、田んぼのあぜ道や土手で見かけることが多いが、これはモグラやノネズミがあぜ道や土手に穴を開けるのを、

ヒガンバナの毒性のある球根を植えることで防ぐため。またヒガンバナの根茎は強いため、田んぼのあぜ部分に植えてあぜの作りを強くするため。

ヒガンバナが持つ毒とは全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物、誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合は中枢神経の麻痺を起して死に至ることもある。

毒を持っている鱗茎をどのようにしてたべたかと言いますと、「水晒し」という技法によって良質のデンプンを得ることにあります。

 

 

 

 

 

広島 宮島・あなご飯

2018/09/11

広島県の方から宮島に行くなら 必ず「あなご飯」を宮島駅前のうえので食するように強く勧められました。

まず、「あなご」とは?「うなぎ」のような形状をしている魚類の一種で、一見すると「うなぎ」や「はも」のように見えます。

「あなご」の名前の由来は、「岩穴」や海底の砂などに「穴」を掘って、顔だけ出して捕食行動を行うためにこの名前が付されています。

つまり「穴」から派生したネーミングです。「あなご飯」は上野他人吉が、宮島駅の駅売弁当として販売したのがはじまりです。

当時「あなご」が沢山獲れていたこの宮島近海では、昔から地元の料理として「あなごどんぶり」がありました。

この「あなごどんぶり」の白飯を工夫してできたのが「あなご飯」です。私たちも宮島駅前の「うえの」で30分ほど並んでいただきました。

確かに生ビールを飲みながらいただいた「あなご飯」は美味しかったです。安芸の宮島を観光される方には「うえの」はお勧めです。

 

宮島・厳島神社五重塔 豊国神社;通称 千畳閣 

2018/09/11

前回 厳島神社を訪れた時にも五重塔と千畳閣を見学したのですが、五重塔好きの私としては二度目です。もちろん 国重要文化財です。

高さ:27.6m 方:3.6m 応永14年(1407)建立 桧皮葺で和様・唐様を融合した見事な建造です。

内部は彩色がしてあり豪華絢爛。内陣の天井には龍が、外陣の天井には葡萄唐草の模様が描かれている様です。その他壁板には、迦陵頻伽[かりょうびんがや鳳凰が極彩色で描かれています。

特徴の一つに二層目で止まっている心柱があり、風に対して強い構造となっています。本尊の釈迦如来・普賢菩薩・文殊菩薩は明治の神仏分離で大願寺へ移されました。

豊国神社[ほうこくじんじゃ] 通称;千畳閣[せんじょうかく]

桁行13間約24m 梁間8間約15m単層本瓦葺入母屋 木造の大経堂 豊臣秀吉公が、千部経の転読供養をするため天正15年(1587)発願し、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)に建立を命じましたが、秀吉の死により未完成のまま現在にいたっています。

明治時代に秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社となっています。入母屋造りの大伽藍で857畳の畳を敷くことができ、軒瓦には金箔が押してあることから完成していれば、さぞや豪華な桃山文化を取り入れた大経堂になっていたと思われます。

建設途中のままなので壁がなく、中はがらんどうになっています。外側も窓もかべもありません。

広島県 安芸の宮島・厳島神社

2018/09/11

取引先のH氏と一緒に広島に出張しました。前日に殆ど仕事は終わりましたので、広島が初めてのH氏のために 世界遺産厳島神社に観光に出かけました。

厳島神社(いつくしまじんじゃ)は通称 安芸の宮島といいます。ホテルからタクシーでJR広島駅に行き、そこから山陽本線で宮島口駅まで25分 宮島口桟橋からフェリーで約10分

宮島フェリー乗り場から厳島神社までは徒歩で約10分ですがたくさんの鹿がお出迎えしてくれます。

観光客の私たちは定番コースともいえる宮島で最も賑やかな表参道商店街。通りの左右には土産物店、食事処、旅館などがびっしりと並んでいます。

厳島神社は海を敷地とした大胆、ユニークな構成と寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美は、日本有数の名社にふさわしい貫録です。

日本三景の一つで、海に境内にした厳島神社は潮の干満や昼夜で、その姿を変えます。朱塗りの社殿は、背後の山の緑、瀬戸の青い海とのコントラストでさらに美しさを増します。今回は満潮で海に浮かんでいるようでした。

朱塗りの大鳥居は、高さ16m、重量は約60t。内部に石が多数詰め込まれており、その重みによって大鳥居は自立し、風や波に耐えるようになっている。

厳島神社の本殿は潮が満ちれば床近くまで水につかり、潮が引いてくると高床式の様子を見せる厳島神社は、それに耐えうるだけの工夫がきちんと施されている。