「霧島」芋焼酎

2018/03/30

鹿児島県霧島市のH氏様邸の仕事が始まりました。以前から とてもきになっていた「黒霧島」
芋焼酎を試しに買って飲んでみました、下戸のの私でも なんとなく美味しかったです。

ただ 一寸 気になったのが、酒造元の霧島酒造株式会社が鹿児島県霧島市ではなく、宮崎県都城市だったので少し びっくりしましたが両市共 霧島連山のふもとなので納得です。

種類も豊富です。私は「黒霧島」 「白霧島」 「赤霧島」と飲んでみました。焼酎初心者の私
ですが、黒と白の違いが少しわかったような気がします。赤は家族が買ってたのを勝手に飲んで怒られましたので、味はよくわからなかったので、今度は自分で買ってのみたいとおもいます。

最近では「茜霧島」 「金霧島」等 の商品も増えているので、少しずつ飲んで楽しんでみようと
思います。焼酎の種類は麹によって変わる だけでなく原材料のサツマイモの種類でも違うみたいです。

こう書くと なんだかいっぱしの「のんべぇ」になった気がしますが、あくまでも私は酒の弱い九州男児です。子供の頃 「茜霧島」の原材料の「オレンジ芋」や「黄金千貫」などのサツマイモを何度か食べたことがあります。多分 品種改良される前のものでしょう。

「倉岳」芋焼酎

2018/03/25

最近 焼酎の水割りを飲むようになりました。2・3年前までは、生ビールの中ジョッキ 2~3杯で酔っ払ってダウンしていましたが、焼酎の水割りでも飲めるようになりました。

下戸の私でも芋焼酎が美味しいと 思えるようになりました。特に「倉岳」という芋焼酎が美味しいです。「倉岳」は天草市倉岳町でとれた「しもん芋」を原料に仕込まれています。

シモン芋

「しもん芋」は熊本県の特産品となったサツマイモで、桁違いの量の天然ミネラルや
ビタミンAEKや繊維質を含んでおり、血糖値を下げる効果、

カルシウムの骨への沈着を助ける作用があると言われ 注目を集めている芋です。以前 しもん芋の葉っぱでできたお茶が健康に良いと言われ 日本中で人気になり品薄で中々 手に入らなくなりました。

倉岳町の遺跡発掘に携わった方が秋篠宮殿下とお知り合いで、この「倉岳」を差し上げたところ、殿下がお気に召され、皇室献上酒となったことで注目を集めました。

倉岳

芋焼酎「倉岳」はまろやかな味です。「黒倉岳」は味をさらに深めるため、黒麹などを使って造り上げた「コク」と「スッキリ」の本格芋焼酎です。2年に一度しか栽培することができない貴重

黒倉岳

な しもん芋で造った本格芋焼酎をシェリー樽の中で熟成させてつくられたのが「熟成倉岳」があります。

熟成倉岳

 

 

 

 

キジ Ⅱ

2018/03/22

静岡県富士宮市の大石寺に墓参り の途中でまた キジを見かけました。日本のキジは毎年、愛鳥週間や狩猟期間前などの時期に大量に放鳥される。

2004年(平成16年)度には全国で約10万羽が放鳥され、約半数が鳥獣保護区・休猟区へ、残る半数が可猟区域に放たれている。

2008年(平成20年)10月25日に那須御用邸で天皇と皇后が、キジとヤマドリの放鳥を行った。放鳥キジには足環が付いており、狩猟で捕獲された場合は報告する仕組みになっているが、

捕獲報告は各都道府県ともに数羽程度で、一般的に養殖キジのほとんどが動物やワシ類などに捕食されていると考えられている。

これはアメリカ合衆国などでも同様であり、その原因として放鳥場所に適切な草木などキジの生息環境が整えられていない点が挙げられている。

しかしながら少数であっても生き残る養殖キジはいるため、日本の元の亜種間で交雑が進み、亜種消滅を懸念する声もある。北海道と対馬ではコウライキジが放鳥されている。

キジは、鶏肉料理として焼いたり煮たりする料理の食材としてとして 古くから使用されており、四条流包丁書には「鳥と言えば雉の事也」と気されている。

少なくとも平安時代頃から食されており、キジ鍋、すき焼き、釜飯、キジ飯などが伝統的な調理法である。

キジ Ⅰ

2018/03/21

やっと みなみ野の栃谷戸公園のキジが帰ってきました。今年は3月8日の朝早くに散歩中に
突然舞い下りたのを見かけました。そして、18日に片倉つどいの森公園で違う キジを見かけました。

この2匹のキジは数年前から 今の時期になると鳴き声を 聞いたり姿を見たりするようになりました。とても、きれいな鳥ですし、鳴き声も時々聞くので 雄です。

キジは日本の国鳥としても知られており、日本国内では北海道を除き、本州、四国、九州と、
ほぼ日本全土に生息している鳥です。
また、昔話の「桃太郎」に出てくる 鬼退治の仲間としても知られていたり、日本国民にはとても馴染みのある鳥の一種でもあります。

このように、キジは日本にとって深い関わりが ある鳥ですが、その理由のひとつとして、キジが日本固有の鳥であると いうことが理由にあげられるのです。

しかし、あくまでもこれは一つの説であり、他にも亜種が存在するという説もあります。厳密にいうとキジが日本にしかいないというは、一つの説で、

もう一つの説にはユーラシア大陸に生息する「コウライキジ」の亜種が、日本のキジであると言う説も存在します。実は十数年前に韓国の済州島で養殖をした キジ料理を食べたことがあります。とても おいしかったです。

 

 

 

白木蓮(ハクモクレン)

2018/03/16

みなみ野4丁目の街路樹 白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを感じさせてくれる 落葉高木の一つです。花が開くと風が上品な香りを運び、心を和ませてくれます。

白木蓮は、モクレン属の植物です。厳密には木蓮(別名、紫木蓮)とは異なります。樹高10~15mほどに成長し、春になると新葉が出る前に

大型で厚みのある白い卵形の花を上向きにたくさん咲かせます。紫木蓮に比べて開花時期が早く、4~5日程咲いた後に枯れてしまいます。

花びらは肉厚で、満開になると強い香りを放つことが特徴です。3~4月が開花期です。白木蓮の性質の一つが開花期に葉っぱをつけないことがあります。

また、花は完全に開ききらず、斜め上向きに白い花を咲かせるのが特徴です。白木蓮とよく似た花を咲かせる「こぶし」という植物があります。

同じモクレン科・モクレン属で、白い花を咲かせるので、見間違うことがよくあります。白木蓮とこぶしの見分け方は、開花中に葉っぱをつけるか、つけないかだと思います。