みなみ野 GG 14

ステータス

2018/02/20

みなみ野GGの 現場もだいぶ進んできました。 2階内部のボード工事、電気配線
給排水設備工事、そして内部工事と並行して 外壁工事をぼちぼち 始めます。

2階の空調工事(マッハシステム)が進んでいます。2月は外はものすごく寒いですが、天気が良ければ 建物内部は割とあったかいです。

入院施設でマッハシステムが 設備されているのは 日本では初めてかもしれません。
スギ花粉が飛散する この時期は出産したばかりの おかあさんや生まれたばかりの
赤ちゃんには 少しお役にたてると思います。

しかも、全館空調(計画換気+暖冷房)ですので春夏秋冬 快適に過ごして頂けると思います。

 

 

すずめ

2018/02/19

朝の散歩の時 冬になるととても気になる お宅が有ります。
そのお宅の庭木に たくさんの鳥たちが集まっています。

一番は最近あまり 見かけなくなった 雀です。
私が子供の頃は沢山いましたが 最近ではあまり見かけなくなりました。


でもその家は餌やりをしているのか? 毎朝たくさんのすずめが集まっています。減少
傾向にある 一つの原因は瓦屋根が少なくなり 雀の巣が作りにくくなったと思います。

すずめは人間に最も近い鳥で、 大昔から民話や童謡、絵本などで
お馴染みの鳥です。
舌切り雀の話は、誰でも一度は聞いた事があるでしょう。

人間のいるところには、たいていすずめがくらしています。しかし、人間に近いのに、人間と一定の距離を置くのも特徴です。

生息地は北海道から沖縄まで、日本各地で生息しています。ほとんどが留鳥ですが、トカラ列島、男女群島、種子島などには旅鳥として飛来します。

小笠原諸島など、離島の中にはすずめが生息しない場所もあります。小笠原は本州から1000kmも離れた離島のため、すずめの翼ではとても移動できないためと考えられています。

長い間 留鳥と考えられていましたが、留鳥の集団と100キロ以上渡りをする集団がいることが分かっています。

富士山と山中湖

2018/02/14

標高1000㎡、富士山にいちばん近い湖「山中湖」 厚い氷も少しずつ 溶けて水面が
見え始めました。

冬の終わりが、近づき 春のはじまりです。

こころなしか 山名湖畔 の木々が春はまだかと言っている様に感じられました。

もう少し、暖かくなったら 山中湖温泉 「紅富士の湯」 「石割の湯」に浸かるために来たいと思います。

「紅富士の湯」から眺める 富士山は格別です。

栃谷戸公園の梅の花

2018/02/12

栃谷戸公園は、段々畑など里山の風景を再現した 八王子みなみ野5丁目にある公園で す。


調整池と展望台を持ち、雑木林、桜の木、そして、私のお勧めなのが残雪のなかで、ほのかに香りを はなちながら 咲く梅の花です。

とても 上品ですが、さくらに比べると 少し地味です。しかし めじろや他の小鳥が 花のまわりをとびまわっている様はなかなか 風情があります。

この時期 空気が澄んでるので 展望台から富士山もよく見えるので、関東の富士見
百景や八王子八十八景などに 選出されています。

 ハイブリット断熱工法

2018/02/13

ハイブリット断熱工法とは断熱材によって色々な材料があります、建物の工法によって断熱材も違う場合があります。


省エネルギー、全館空調、そしてレンガ積みの家であれば、内部の壁はグラスウールの細繊維厚さは90ミリそしてペーパーバリアーやコンセントボックスで壁内への水分の侵入を防ぐことです。

そして、複雑な形状の小屋裏は発砲ウレタン 厚さ160ミリです。
もちろん 屋根材の下地合板は二重になりその間を空気が移動します。
小屋裏にも空気が移動する設計になっています。外壁の構造材とレンガの空間は30ミリ有り同じように空気が移動する構造になっています。
こうしたハイブリット工法により かなり省エネルギーな住宅ができます。より少ないエネルギーで計画換気と冷暖房が可能になります。