FHアライアンス総会

2019/10/09

 

理事会の終了後 鴨川の橋を渡って、五層楼閣様式の和風建築の建物「鮒鶴京都鴨川リゾート」にて総会が行われ、その後 懇親会が始まりました。

江戸時代から旅籠やお茶屋など 京の老舗が無数に軒を連ね、様々な文学の舞台としても知られる 木屋町通。古都の趣が随所に見られるこの界隈で、ゆるやかな時の流れに身を置きつつ、

静かに佇むのが有形文化財として2012年に登録された「鮒鶴」という名の五層楼閣様式の和風建築。建築的に言うと「在来工法の五階建て建築物」である。

料亭旅館として「鮒鶴」の発端は、明治三年。日ごと夜ごと粋人が集い、文人墨客のサロンとしても長年愛されてきた京都屈指の空間として、また長い年月を重ねた威風堂々の佇まいは鴨川のほとりにその存在感を醸し出しています。

築140余年の「鮒鶴」が現代風にリデザインし、新たな歴史を刻み始めたのが鮒鶴京都鴨川リゾートです。建物内には和の様式美と洋のモダンを重ね合わせた書院建築の見上げるような折上格天井バンケット。

アールデコ全盛期に作られたシャンデリア。小村大雲画伯による鴨川で遊ぶ鯉を描き切ったとされる幻の天井画。和と洋の見事な調和、そんな空間に相応しいお料理、京の素材をふんだんに用いたフレンチ。

一日中 理事会と総会で疲れましたが、懇親会では料理とよく合うワインとても美味しくてほろ酔い気分になりました。

来年の総会が楽しみです。

沼津の家

2019/10/02

新色のレンガで施工した沼津の家がほぼ出来上がったので、休みの日に見学に行きました。新色だったので少し心配したのですが、外観と合致してとても良い感じになっていました。

やっぱり、レンガは単品で見るのと建物に積んで見るとはかなり違って見えますイギリスやスコットランドのお城の様な色合いがよく似合っていました。

正面の二重切り妻とアール開口と建物の左側の八角形の塔がバランス良く治まっていました。お客様に気に入って頂けると思っていたのですが、偶然にも現場でお会いした奥様は喜んでいただいて嬉しかったです。

内装は何度も見ていたので安心して引き渡す事が、出来ると思います。残るは外構工事のみです。

帰りはインターチェンジ近くの沼津ぐるめ街道の駅、竜宮海鮮市場という大きなお店に入りましたが、飲食店が4店舗ほどありましたが、隣が日帰り温泉の万葉の湯でした。

私たちは寿司屋さんに入って、握り寿司とちらし寿司を頼みました。お腹もすいていたのですが、私がちらし寿司を一気に食べるのを見ていたかなり年配のおばちゃんがマグロとイカをサービスしてくれました。

とても良い気持ちになり、そのお店で魚の干物をたくさん買って帰りました。

ジビエ料理

2019/08/03

ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。

そのためフランス料理界では古くから高級食材として重宝され、高貴で特別な料理として愛され続けて来ました。

そこでは、動物の尊い生命を奪う代わりに肉から内蔵、骨、血液に至るまで、すべての部位を余すことなく料理に使い、生命に感謝をささげようという精神が流れています。

山野を駆け巡り大空を舞った天然の肉は、脂肪が少なく引き締まり、栄養価も高い、まさに森からの贈り物。

日本では、11月15日~2月15日まで狩猟が解禁となり、ジビエのシーズンが始まります。ジビエにあまり馴染みのない日本でも根強いファンが多く、ワインにも合うため、グルメ好きには人気の高い料理です。

現在、日本では野生鳥獣が増えすぎてしまい、農林業や自然環境にとって大きな問題になっています。おもに鹿や猪等が農作物を食べたり、田畑を荒らして深刻な被害をもたらしています。

鹿肉や猪肉は、本来おいしいお肉です。食肉として活用を図り人間と共存する世の中が望ましいと思います。

天草会レクレーション大会

2017/07/26

毎年恒例の天草会レクレーション大会を都留市のロッジ鹿留で行われました。社員 職人さん達 業者さん達 又その家族の人たち たくさんの方に参加 して貰い大変盛り上がりました。フライフィシングで鱒をたくさん釣りました。腕というよりはフライを巻いてくれた 山下さんのお陰だと思っています。釣りの後はみんなで一緒にバーベキューを楽しみました。これからもお付き合いのほど宜しくお願致します。本当に楽しい一日でした。皆様ありがとうございました。

IMG_1014

IMG_1018IMG_1019

 

冬のティーパーティ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015/03/01
我社の若手の坪松の発案で 自宅でティーパーティを開きました。まず、自宅を隅々まで案内しまして、ストーブの火の付け方の説明や空調の温度設定等の話をした後 私が八王子で一番蕎麦がおいしいと思っている穂科さんにご案内しました。そして 我が家に戻り ベールの丘のケーキに舌鼓を打ちました。

参加して 頂いた皆さん 本当に有難うございました。とても 感謝しています。機会が有れば又 皆さんとお会いしたいです。