沼津市の家

2019/07/06

今日は午後から八王子から100㎞ほど離れた沼津市の家を見に行来ました。小雨の中1時間ほど到着しました。雨は降っておらず曇っていました。

沼津インターチェンジを出て10分ほどですが、ここに来るのは3度目なので道に迷う事無く着くことができました。

現場は基礎工事が終わり、建て方大工さんが1階の壁工事がもうすこしで、終わり 明日から2階の床工事が始まるところです。

沼津市は、静岡県の東部、伊豆半島の付け根に位置する人口 約19万人の市です。八王子からは圏央道から新東名高速道路の沼津インターチェンジを降りると海鮮料理のお店がたくさんあり、港が近いと思います。

私が沼津市で行きたい場所はあの有名な深海水族館です。そして、港近くの海鮮料理やさんでお寿司を食べたいです。もちろんが終わったらの話です。

約70年前、コモロ諸島で発見されたシーラカンスは、生きた化石と呼ばれ、私たちに大きな衝撃を与えました。ウロコ。手足のように動くヒレ。

青黒く、巨大なからだ。はじめて脊柱動物が誕生した。3億5千年前と変わらぬ姿で、なんと!生き続けていたのです。「もしかしたら、ほかにも太古の生物が、生き残っているんじゃないか?」そんな期待すらはらんできます。

深海は、まさに神秘の世界です。そんな深海水族館に是非 行ってみたいです。

 

 「黄バイ」

2019/06/19

このバイクをご存知ですか?パトランプや装備など、一見すると警視庁の白バイモデルと思うライダーも多いのでは。この「黄色い働くバイク」は通称「黄ばい」と呼ばれる。首都高速パトロール隊です。

首都高パトロール株式会社は、首都高速道路株式会社のグループ会社の一つ。主な業務は首都高速の安全を「より安全に」「より迅速に」「より的確に」を掛け声に、日々首都高速の安全走行を守るために活躍している。

首都高パトロールの基本業務はまず、首都高速管内3箇所にある交通管制室においてお客様に最新情報を提供する。「交通管制業務」。定期的に全線を巡回監視し交通事故、故障車、落下物異常事態の発生に対応する「巡回業務」。

特殊な車両を交通事故で大きく破損した車両や、故障車両の緊急排除を行う「特殊車両運用業務」。警察、消防等と連携して道路法違反車両に対する取り締まり、重量違反車両に対する指導・警告を実施する「取り締まり業務」などが主な業務らしいですね。

そして今回紹介する「黄バイ」。首都高速の中央環状山手トンネルという限られた区域を専用とし、トンネル内の緊急事態発生時の迅速な安全活動を行う業務が「バイク隊」だ。

みなみ野GG Ⅸ

2017/11/11

秋雨が約1ヶ月あまり続きましたが鉄筋屋さんやコンクリート打ちの職人さん達が頑張ってくれたおかげで工期もそんなに遅れずに基礎工事も終わり エレベーター用の鉄骨の建て方も無事終わり 次の 工程に移れます。外部足場のあと まずは土台引き そして床工事 終わり次第  1階の壁パネルの建て方工事と続きます。そして 2階の床工事と続きます。私は良い天気が、続くように 祈るのみです。

 

 

Ⅿ氏様邸

IMG_0143.JPG IMG_0144.JPG

2014/10/12

 

Ⅿ氏様邸の現場 案内に行きましたが、家が大きすぎてスマホではうまく撮れませんでした。

奥様もご主人も とてもよい方ですし、家にこだわりを持っていらして 褒めていただき

とても嬉しかったです。 

中村大工さんの送別会

IMG_0129.JPG IMG_0141.JPG

2014/10/10

 

天草産業株式会社に45年間勤務していただいた 中村さんの送別会をしました。

本当に長い間 お世話になり ありがとうございました。本当にご苦労様でした。