清里高原の家

2020/07/28

T氏様邸は完成してから初めて見に行きました。JR小海線清里駅付近の標高1200mの森の中に建つかわいいお家です。

奥様とはご両親様の実家を施工させて頂いて以来の付き合いです。そして、毎年恒例の天草ハウジング主催の山中湖でのカヌー大会にはご夫婦のみならず、ご両親と一緒にインストラクターで参加頂いております。

残念ながら今年は新型コロナウイルスでカヌー大会はできませんが、来年は問題なく出来る様に願っています。

T氏様御家族にはいつも感謝しています。そして、今回実家に続けてご自宅の建築の依頼も頂き有難いと思っています。

この家を着工したのは2019年10月でしたので、フレーミング大工さんは雪のちらつく中で頑張ってくれました。標高1200mなので、ー15℃位の日もあったようです。

建方工事が終わりサッシがついて断熱材を入れると外が少し位の寒さでも暖房機がはいれば温かく作業は問題なく進めることが出来ます。

この時期、天草ハウジングの寒冷地での現場は山中湖、那須高原、そして清里高原、
その中で一番寒かったのは、この場所でしたが問題なく4月には引き渡すことができました。

今日は梅雨の晴れ間が時々ありましたが、梅雨明けになると最高の季節になると思います。寒冷地での家造りは、色々と注意しなければならない事があります。

清里のある八ヶ岳高原の南麓では別荘でお使いになる住宅をたくさん工事させていただいていますが、最初から専用住宅で建てるのは、久し振りです。

先ずは建物の基礎工事は凍結深度より深く根入れをしなければなりませんし、冬場の水道管の凍結による破裂、家の中では高気密高断熱の家、そして計画換気も大事です。 そして、寒冷地の建物は暖房設備も大事です。

寒冷地では直ぐに「床暖房工事」となりがちですが、高気密高断熱の建物では全館空調のマッハシステムや薪ストーブが良いと思います。

T氏様邸では薪ストーブを選択されました。とても良い選択だと思います。

清里は昭和40年代、清里駅中心にペンションがたくさん出来て、飲食店、お土産屋さんがたくさんありました。駅から車や徒歩で登って行くと清泉寮があります。

清泉寮は、現在ではロッジ、コテージ、レストラン、キャンプ場などを有する宿泊・研修施設であるが、建設当初の1938年は、清里開拓の父と呼ばれるポール・ラッシュが指導した日米協会青年活動によるキリスト教研修の中心施設であった。

八ヶ岳の南麓に広がる清里高原は、標高1000~1900mにわたる火山斜面で、近代には原野が広がっていた。本格的な入植は1938年に始まったが土壌が強酸性の為、栽培できるものはソバ、アワ、ヒエ、モロコシ、などの雑穀とライ麦・ジャガイモ・大豆、小豆・などの作物に限られていた。

1953年には凍霜害で畑作物は全滅に近い被害を被った。このことが農家を耕作農業から現在にいたる酪農へ転換させる転機となった。

清里の観光地化は1950年代に始まり、登山道が整備され、山梨県営のスキー場、キャンプ場などがオープンした。1960年代には国鉄小海線の北側の県有林が別荘団地と学校寮団地として開発された。

この頃、酪農への行き詰まりも発生し、牧場民宿の発達の起爆剤となった。1978年7月1日には清里に最初のペンションが誕生し、民宿を追い抜く勢いで急増し、1980~90年代にかけては清里観光のブームが巻き起こり、メルヘンチックなイメージが形成された。

この渦中で清泉寮は清里の一大観光研修施設となっていった。2006年9月には財団法人地域活性化支援センターにより「恋人の聖地」に選定された。

 

白レンガの家

2020/06/27

レンガは赤色に限りません。黄色でもピンク色、褐色、焦げ茶色、等など色々な色があります。一般的な赤レンガは鉄分をたくさん含む粘土を使うとだいたい赤レンガになります。

白レンガというと、耐火レンガというイメージですが、耐火レンガは主に製鉄所の溶鉱炉で使用されます。建築の外壁に使用するレンガは耐火レンガとは粘土の成分ボーキサイト鉱、マグネシュウム鉱が入っていますが、少しちがいます。

そして、焼成温度は通常の赤レンガより高い温度で焼きます。燃料は通常天然ガスを使います。私が見た煉瓦工場ではマレーシアの工場だけが、木材を砂状にしてレンガを焼いていました。

その木材はマレーシアでのプランテーション(大規模農場)により、栽培された天然ゴムの原料となる樹液を採取できるゴムの木の老木を使っているようです。

老木のゴムの木は建築用のフローリング材や家具材にも使われています。環境に配慮した燃料ですが、この燃料では約800℃までしか温度が上昇せず、硬度が弱い気がします。

同じ白レンガを使っても目地の色によっても全体の色合いが全くちがいます。グレーの目地と白色では違ったレンガを使ったみたいです。

この家は車の通行が非常に多い環八道路の傍ですが、外壁にレンガを使っているので、家の中はとても静です。

煉瓦建築

2020/06/26

ヨーロッパでは煉瓦は古代から多くの建物に用いられてきたが、教会、宮殿、公共建築、など本格的な建物の場合、構造が煉瓦造でも表面を漆喰や石で仕上げることが多い。

赤煉瓦のままの建物は古風なものか、工場、倉庫など簡素なものである。しかし、イギリスなどで中世趣味のため、あえて赤煉瓦のままとするることがある。

アフリカ大陸の降水量の少ない地域では、古くから日干し煉瓦が用いられており、モロッコのアイット=ベン=ハドゥの集落やマリ共和国のジェンネなど、美しい町並みが世界遺産として評価され登録される例もある。

日本で最初につくられた煉瓦建築は幕末の反射炉である。政府に雇われた外国人の指導で官営事業を中心に煉瓦の製造、建設が始まった。

1870年 日本初の煉瓦工場が現在の大阪府堺市に設立された。銀座煉瓦街の建設の際は大量の煉瓦を必要としたため、東京の小菅に煉瓦工場が築かれた。

日本では明治の初期まではフランドル積み(フランス積み)構造が多く用いられた(長崎造船所、富岡製糸場、銀座煉瓦街等)が、その後はほとんどイギリス積になった。

フランドル積みの方がより優美に見えるが、イギリス積の方が合理的で堅固であると考えられたためである。例えば、東京駅の外壁を見ると、どの列も小口が並んでおり小口積みのようであるが、これは表面仕上げに小口煉瓦をもちいているためで、主構造はイギリス積みである。

明治中期ごろには煉瓦職人も増え、一般的な技術の一つになった。煉瓦造建築は濃尾地震で被害を受けたため、鉄骨で補強する構造なども工夫された。(赤坂離宮、東京駅など)。また、大正時代には鉄骨造建築の壁を煉瓦で造ったり(郵船ビルなど)、鉄筋コンクリート造建築の一部を煉瓦造とする混構造も見られた。

しかし、煉瓦を構造に用いた建物は「関東大震災」で大きな被害を受けた。震災以降、煉瓦造は小規模な建物以外には用いられなくなり、鉄筋コンクリート造が主流になった。

しかしながら、今日残っている煉瓦造の建物は多くの市民に指示されている。そして、現在の煉瓦は主構造は木造建築で外壁の仕上げ材に使われています。その為非常に耐火性能には優れており、地震にも強い構造になっています。

煉瓦の色も赤煉瓦だけではなく、白、こげ茶、黄色、ピンク色、等 多彩な色があります。

明治・大正ロマンの建物

2013/03/08

明治・大正時代 日本の西洋建築の黎明期に造られた様な建物が一般住宅として  横浜市でようやく外構工事を残して完成しました。

 

 

一応 施主様のご希望に添うような形で建物は出来たと思っていますが、とても凄い
建物なので満足していただけたか?少し不安ですが精一杯やったつもりです。

この建物は一見古いデザインですが、最新の空調設備のマッハシステムがついていますので、春夏秋冬 快適に過ごしていただけると思います。

 

 

営業担当の坪松君をはじめ、コーディネーターの東山さん、意匠設計の長浜君、小野塚さん、構造設計の飯野君、現場担当の専務、資材発注の小山さん、基本設計は私が担当しましたが、皆 よく頑張ってくれました。

そして、この家に携わってくれた すべての職人さんに感謝しています。フレミング工事の笠井建築さん、造作工事担当の孫さんと福島さん、真鍮でできた船用の丸窓を磨きながら、内外部の塗装工事を担当した三ッ本塗装さんの親子

外壁は赤レンガと白レンガそして、建物の基礎部分は御影石です。アーチ状の赤レンガを多用しましたので、レンガ職人の東さんは大変だったと思います。

残りの工事は門柱工事と階段工事 は大変な土木工事になります。そして、南側はかなり広いウッドデッキ工事になります。

施主様とこの建物に携わっていただいた方々に、とても感謝しています。

 

煉瓦積み工事

IMG_0770 IMG_0769

2015/08/11

世田谷のW氏様邸の煉瓦積み工事、暑い中 煉瓦を一個づつ積むのは大変ですが、熱中症に気を付けて下さい。