『国重要文化財 祗園橋』

2019/06/15

ひさしぶりに本渡の町山口川に架かる「祗園橋」を見ました。半世紀前はほぼ毎日この橋を見ながら この川沿いに母校に通っていましたので、さすがに懐かしいですね。

この祗園橋は、天草市の 町山口川に架かる石橋で国の重要文化財にも指定されています。この石橋は、天保(1832年)町山口村の庄屋、大谷健之助の発案で、下浦村の石屋、辰右衛門により、地元の砂岩を用いて建造されました。

これは多脚式のアーチ形石橋で、長さ28.6m幅3.3mありと石造桁橋としては日本最大級です。石材を5本ずつ9列に並べ、計45本の石材で支えられています。

上流側は石材の角を上流に向けて水切りを良くして、下流側は根元を開き気味に立て水圧に耐えることができるように設計されています。

また、この付近は島原・天草の乱の激戦地のひとつでもあります。寛永14年(1637年)11月、町山口川を挟んで天草四郎の率いる一揆勢と富岡城番代 三宅都藤兵衛の唐津藩が激突し、双方に多くの戦死者がでました。

その数は数百千とも言われ、それらの死体により川はせき止められ、血で赤く染まったと言われています。

石橋自体は江戸後期に架けられたものですが、石橋の下にある岩は島原・天草の乱当時から変わらないと言われています。干潮時には苔に覆われた岩肌があらわになり
歴史の面影を感じることができます。

 

コメントは受け付けていません。