海軍カレー

2019/04/04

横須賀の家の帰りに海軍カレーを買って帰りました。日本の海上自衛隊では毎週金曜日はカレーライスを食べるという噂を聞いたので、友人の元海上自衛隊員に確認したところ、本当でした。

レトルトカレーでしたが、美味しかったです。海軍カレーとは、旧日本海軍の糧食に由来する、日本でカレーライスが普及したルーツと言われています。

カレーライスの原型に近いものはイギリスから入ってきたと見ている。もともとカレーは明治35年頃までは西洋料理店のみで食べられるような高級メニューの部類だったが、

明治36年から37年にカレー粉が発売されるようになってから一般家庭や陸海軍の給食にカレーライスが出現するようになったとみられている。

明治時代の初めのころ、海軍における病死数で最大原因となっていたのは脚気だった。海軍軍医の高木兼寛は、長期洋上任務の艦内などにおいて、

白米中心の栄養バランスが偏った食事が原因と考え、英国海軍の兵食を参考にして糧食の改善を試みたところ、脚気が激減した。

その兵食の一つにカレーシチューがあり、ご飯と合うようにアレンジされたものがカレーライスであったといわれている。

この様に日本中に普及していったカレーライスが昭和30年代生まれの私は子供の頃とても好きでした。

コメントは受け付けていません。