沼津港深海水族館 Ⅱ

2021/3/23

沼津港深海水族館の最大の特徴は生きた化石と呼ばれてる「シーラカンス」が5体も 展示していることだと思います。うち2体は、生冷凍です。

「シーラカンス」は普通の魚のような脊椎骨はなく、背柱は体液が満ちた太い一本の中空の管からなっています。魚の時代と呼ばれる古生代デボン紀にこの仲間から陸上動物が進化したと考えられ、肉質の胸びれと腹びれはそれを物語っています。

「シーラカンス」は、海底150~700m位に住む深海魚で、その生態は謎に包まれている。体長は2m以上、体重は90㎏にまで成長する。「シーラカンス」の寿命は60年程と推定されています。

原始的な容姿を持つ「シーラカンス」は、6500万年前に絶滅したものと考えられていた。しかし、1938年に南アフリカの博物館員がこの魚を発見したことから、奇妙な丸いヒレを持つ魚に世界が注目され、どのように陸上動物に進化したかという論争にひがついた。沼津港深海水族館の「シーラカンス」は南アフリカのコロモ諸島のタンザニアで発見されたものです。

「シーラカンス」は2種類の存在しか知られていない。ひとつは南アフリカのコモロ諸島で発見され、もうひとつはインドネシアのスラウェシ島の沖合で発見された。多くの科学者たちは、「シーラカンス」が、魚から両生類などの四足陸上動物に進化する初期の段階を示していると考えている。

この生きた化石の最も驚くべき特徴は、体から足のように伸びる2対の丸いヒレである。また、大きな獲物に対して口を大きく開けることを可能にする頭部のちょうつがい状の関節。背骨として機能する脊索(せきさく)と呼ばれる油の詰まった官。

絶滅した魚にのみ見ることが出来る厚い鱗。獲物を探知するために使われると思われるセンサーのようなクチバシ状の器官がある事だ。

「シーラカンス」の生息数は明らかではないが、コモロ諸島での研究では明らかではないが、コモロ諸島での研究では1000匹ほどしか存在しないといわれており、この魚は絶滅の危機に瀕していると考えられている。

コモロ諸島の人々は「シーラカンス」を「ゴンペッサ」と呼んでいます。「ゴンペッサ」は食えない魚、使えない魚といわれるほど実際はまずくて、とても食えたものではないと言われるほど本当にまずいらしいです。

しかし、生きた化石と知られるようになったら、「シーラカンス」を釣り上げると高値で買って貰えるということから「幸せを呼ぶ魚」という意味で使われるようになりました。

「シーラカンス」の仲間は26に分類されています。このうち、現在も生きた状態で確認されているのは、深海に潜むラティメリアのみ。川などに住んでいたとされる他の「シーラカンス」は全て絶滅しており、化石のみで見つかっています。

では、どうして深海にとどまった「シーラカンス」はいきのこれたのでしょう?一説によると、3億5千万年の間、ほぼ変わる事のなかった「深海の環境」によるものだと考えられています。

深海生物に「生きた化石」と呼ばれる生物が多いのも、同様の理由でしょう。変わらない環境下で、特異な進化が必要なかったと思われる「ラティメリア」に注目することで、「シーラカンス」はもとより、深海生物の謎が解き明かされると思います。

水深40m~600mまでの深海までの幅広いエリアで魚やイカなどを食べています。食生活は漂いながら近寄るものを食べるタイプです。しばしば「逆立ち」をして海底に動く動物たちを食べるようです。展示されている「シーラカンス」の胃からは、サバの仲間やイカが出てきたみたいです。

「シーラカンス」は「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(ワシントン条約)の第一類に指定されています。

 

沼津港深海水族館 Ⅰ

2021/3/23

長い間、来たかった「沼津港深海水族館」にやっと来ました。が、しかし、ちょうど 現在 昼御飯の時間です。まづは沼津港の「魚料理」地魚の海鮮丼をいただかなくては、ここは いかに「コロナ禍」とはいえ

日本を代表する漁港、今の時期「マグロ」「生しらす」「桜えび」「あまえび」「かつお」「いか」いろいろな地魚があります。

平日のこの時期でもたくさんの人が美味しい魚を求めて来ていますが、「コロナ禍」でなければ、大変な人混みだったと思います。私はいつものように海鮮丼を頼みました。たいへん美味しかったです。

私が深海水族館に興味を持ったのは子供のころから深海魚の「リュウグウノツカイ」とか「オウムガイ」そして、「深海ザメ」などを釣ったり、そしてその深海魚を食べた経験があるからです。

私が釣った「リュウグウノツカイ」はそんなに大きくなく、長さは1.2m位の太刀魚のような魚でした。特徴的な外観は頭の上のヒレが長かったです。味はよく覚えてないが、太刀魚のような味だった気がします。

「リュウグウノツカイ」はアカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。「リュウグウノツカイ」属における唯一の種。特徴的な外見の大型深海魚。発見されることが殆ど無く、目撃されるだけで話題になるらしいが、私は漁師でもないが、天草市で2度ほど釣っている。

そして、「オウムガイ」は1986年頃天草の水族館の入口の水槽で2匹泳いでいるのを見ました。たぶん近くの漁師さんが取ったものを見せていたのだと思います。当時私は「オウムガイ」を初めて見てなんて変わった魚だろうと思いました。

天草では時々網にかかるらしいです。「オウムガイ」はオウムガイ目オウムガイ科に属する軟体動物。生きている化石の一つでもある。泳いでいる「オウムガイ」を見た時は、とても興奮しましたが、後で聞いた話では1週間程で死んだようです

とても残念でしたが、水族館も慣れていなくてどう育ててよいか?分からなかったと思います。祖先は約5億年前に誕生し、約4億5000万年前に今とほとんど同じになった「生きた化石」で、タコやイカと同じ頭足類である。

赤と白の美しいらせん状の殻がとても印象的で優雅にゆっくりと泳ぎます。本体は殻の中に入っています。その本体というと、殻から出た90本ほどある触手が特徴です。それを使い、器用にえさを捕食する。目はあまり発達しておらず、レンズの構造がないため視力は弱い。

「オウムガイ」の殻は、生まれた時にはもうついていて、成長と共に殻も大きくなり、大きなものでは20㎝を超えるようになります。私が天草でみた「オウムガイ」は25㎝くらいだった様な気がします。殻の中に入っている漏斗を使って上下、左右に自在に泳ぐがゆっくりと泳ぐ。

生息地は南太平洋やインド洋、オーストラリア近海のサンゴ礁域、そして、海水の綺麗な所に生息している。水深100~600mが行動範囲で、これ以上深いところに行くと水圧にやられてしまうらしい。日中は深いところにいるが、夜になると水深100m位までやってくる。

生息地では「オウムガイ」を食用としている国もあるようだが、日本では観賞用として飼育していることが多く、食べようと考える人は少ないと思います。ちなみに私は食べたことはありません。

殻の形状から、「オウムガイ」と「アンモナイト」が混同されることがあるが、殻の形状により見分けがつきにくいが、両方とも同じ頭足類であると判断されているが、「アンモナイト」は中生代に絶滅している。

「オウムガイ」は生きている化石、「アンモナイト」は化石である。「オウムガイ」を飼育している水族館もあるらしいが、沼津港深海水族館にはいませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大石寺への墓参り

2021/03/16

お彼岸なので、久し振りに知人のお墓のある静岡県富士宮市にある日蓮正宗の寺院である大石寺に墓参りに行きました。

中央自動車道の河口湖インターチェンジを下りて、富士五湖の河口湖、西湖、精進湖R139を富士宮市方面に南下すると、左手に道の駅「朝霧高原」があります。

この時期ここ「朝霧高原」から見る雪を戴いた富士山は最高に綺麗です。一見の価値はあります。そして朝霧高原で作られる牛乳とアイスクリームは味が濃くて美味しいです。

R139をさらに南下すると、富士国際花園があります。この花園は大温室での大変きれいなベゴニアが栽培されています。そして、大規模なフクロウの飼育施設を併設しています。これほどのたくさんのフクロウが一箇所で見られる場所は珍しく、花やフクロウ目当ての観光客も多そうです。

さらに、南下すると、朝霧高原に位置する、あいかわらず富士山の絶景を望むことができる牧場。動物とのふれあいや、チーズつくりなどができる食の体験、などさまざまな楽しみ方が、できます。そして、日帰りグランビングや本格的なアスレチックもあります。子供たちが小さい頃ヤギ、や羊と遊ばせたのを思い出しました。

富士宮市に入ると、天下の名瀑と呼ばれ、「白糸の滝」があります。この滝は、富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と下部の水を通さない地層である古富士火山層の堺の絶壁から湧き出しています。

高さ20m・幅150mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています。その姿は白糸の名にふさわしく、幾筋もの絹糸を垂らしているようです。優しく、女性的な美しさで、滝壺近くに立つと、三方が水のアーチとなって幻想的な世界を見せてくれます。

国の名勝及び天然記念物。(平成2年日本の滝百選に選定)白糸の滝の隣には、曽我兄弟伝説でも知られる雄大な音止の滝もあります。R139を南下していくと、本門寺入口の信号を左折すると日蓮正宗の総本山「大石寺」が桜並木と共に現れてきます。

「大石寺」敷地内には、五重塔(重要文化財)、御御堂(県指定文化財)、三門(県指定文化財)などの堂宇がある。1998年に純和風の客殿、2002年に宗旨建立750年を記念して、正本堂跡地に奉安堂が建立された。

大石寺境内には桜の木が数多く植えられており、中央、塔中の枝垂れ桜は景勝地として知られているほか、境内を南北に流れる御塔灯ヶ峰の桜は静岡県内の名所として有名である。

私は桜の花きれいな時期に知人の墓参りに大石寺を訪れます。いつものように六壺で塔婆を書いてもらい樒と水、それに彼が好きだった甘味とコーラを供えて線香をあげてお祈りをしました。きっと彼も喜んでくれるでしょう。

 

 

江ノ島

2021/03/03

 

茅ケ崎市の現場調査の後でR134海側に立地のイタリアン・レストランで目の前の 「江の島」を見ながら、ピザとパスタを食べました。

イルキャンティ・ビーチェは湘南でも数少ない<ビーチの上に立つレストラン>  です。レストランの前は広いウッドデッキがあります。

今日は風もなく穏やかな海を見ながらのランチになりましたが、海に入っている   サーファーには波がなくかわいそうでした。コロナ禍でいつもより人出は少ない様な気がしました。

隣の大きな建物が神奈川県藤沢市に位置する「新江ノ島水族館」は、右手に富士山、左手に江ノ島が見える相模湾に面しています。最先端の深海研究やイルカショーなど、見応えは抜群ですので、週末には多くの人が訪れる観光地です。

館内には相模湾を再現した大水槽や深海研究の最前線を公開中の深海コーナー、必見なのは色々な種類のクラゲコーナーです。そして、コロナ禍でなければ、イルカたちのダイナミックなパフォーマンスも楽しむことが出来ると思います。

暖流と寒流がぶつかる外洋の近くにあり、深海、岩場から砂丘、干潟までさまざまな生態環境を持つ相模湾。そんな相模湾を再現した「相模湾ゾーン」は必見です。特に相模湾キッズ水槽は、子供たちが興味を持って楽しく観察出来るように一部に開閉式の覗き窓から小さな生き物たちをじっくり観察するのも楽しいでしょう。

「マイワシが群泳する相模湾大水槽をオーバーハング型のトンネルやのぞき窓、そして、ウミガメたちがゆったりと泳ぐ「ウミガメの浜辺」はウミガメたちをまじかで見ることが出来ます。

最近流行りの深海魚の研究・展示もあります。日本初の本格的な有人潜水調査船「しんかい2000」が展示されています。

また、ここはクラゲの展示でも有名です。「クラゲサイエンス」では、30種類以上のクラゲを展示しながら、クラゲの不思議な生態や生活史を詳しく紹介しています。

「江の島」は、神奈川県藤沢市の南部400mほどに位置する島です。昔は連絡船に乗ったり、干潮の時にのみ現れる砂の道を歩いたりして島と対岸を行き来していましたが、現在は橋が設けられて、徒歩はもちろん車でも渡る事ができます。

「江の島」は日本三大弁財天に数えられる江ノ島弁財天が祀られており、日頃から、国内外を問わず大勢の参拝客が訪れています。また、参拝のみでなく、観光や食べ歩きを目的に訪れる人も多い、湘南で人気のスポットです。

弁財天仲見世通りを抜けると、真っ赤な鳥居が姿を現します。江島神社への入口です。こちらの神社は辺津宮(へつみや)、中津宮、奥宮の3つからなっており、ご祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)、と須佐之男命(すさのおのみこと)が誓約をした時に生まれた三姉妹の女神様なんだそうです。

「江の島」には明治時代の陸軍将軍が眠る児玉神社があります。日露戦争戦争で大国ロシアを相手に戦争で活躍した、日本の軍人である児玉源太郎を奉ってある神社です。児玉氏は日露戦争で日本の勝利へのカギを握っており、日本を勝利に導いたともされています。

児玉氏は生前、江ノ島を愛しており、神社建立に至りました。観光と海鮮料理など、楽しみがたくさんあります。コロナが落ち着いたら国内外の観光客でたいへんな賑わいになると思います。一刻も早く、そんな日が来ること待っています。

 

我が家の庭はクリスマスローズが満開です。

2021/02/28

我が家の庭は「クリスマスローズ」が満開です。十数年前に横浜イングリッシュガーデンから買ったり、頂いたものをバラの下に植えたり、鉢植えにしたのが、数が多くなりました。

「クリスマスローズ」は、その名の通り、クリスマスの時期にバラに似た花を咲かせることから名付けられました。「クリスマスローズ」はキンポウゲ科の多年草です。

開花時期は12月から4月にかけてで、耐寒性が強く育てやすい品種がたくさんあります。原産地は東ヨーロッパや西アジアで、現地ではクリスマスの時期に開花を迎えます。品種によりますが、日本では1月以降に開花するものが多い点が特徴的です。

花びらに見えている部分は大きな萼片です。花びらは退化して、中心部分にある小さな蜜腺になったと言われています。萼片は散りにくく長持ちする為、長期間にわたって華やかな姿を楽しめるのも魅力です。

「クリスマスローズ」の咲き方には、「一重咲き(シングル咲き)」「半八重咲き(セミダブル咲き)」「八重咲き(ダブル咲き)」などの種類があります。また、萼片の先端が丸いものもあれば、剣のように尖っているものもあります。萼片の形の違いにも注目してみましょう。

「クリスマスローズ」の萼片には、さまざまな模様が存在します。有名なものは、斑点状の「スポット」と呼ばれる模様です。ほかには、萼片を縁取る様な「ピコティ」や、線のような模様が入った「ベイン」などがあります。

「クリスマスローズ」には、さまざまな花言葉があります。どの色の花でも、基本的に同じ花言葉が、使われます。主なものは「追憶」や「いたわり」、「私を忘れないで」、せつない気持ちを表したものが多くみられます。

「クリスマスローズ」は、長い茎を持つ「有茎種」と茎の短い「無茎種」に分けられます。中間種とも呼ばれる品種もありますが、多く見られるのは有茎種と無茎種です。有茎種は茎の先端に花をつけます。草丈は1mを超える品種もあれば、10cmほどのコンパクトな品種もあります。

無茎種は根茎と呼ばれる部分から直接花を咲かせます。根が太くしっかりとしているのが特徴です。有茎種は根茎にあたる部分が未発達で、繊細な根が生えてきます。

「クリスマスローズ」は水はけと水持ちの両方が良い土を好,みますが、根腐れをおこしやすいため、どちらかというと水はけを重視した土づくりが良いでしょう。自分で土をつくる場合は、赤玉土と腐葉土、軽石を4:3:3で混ぜたものや、赤玉土と腐葉土、鹿沼土を5:4:1で混ぜたものを使いましょう。植え付けの1週間前に元肥として暖効性肥料を加えると良いと思います。

クリスマスローズ」は、植え付けから開花まで長い時間がかかります。2年生のポット苗を購入した場合、花を楽しめるようになるまで、最低でも1年程かかると思います。すぐに花を観賞したい人は、開花株を購入した方が良いでしょう。

「クリスマスローズ」の植え付け時期は10月~12月です。早めに植え付けを済ませておけば、冬が来るまでにしっかりと根を張らせることが出来ます。鉢植えの場合、深さのある鉢を用意しましょう。

「クリスマスローズ」は、下にどんどん根を伸ばすためです。鉢底穴は大きめの方が排水性がよくなります。素材は軽くて持ち運びやすい素焼きやプラスチック製がお勧めです。

地植えの場合は、真夏に直射日光をさけられる場所を選んで植えるのが、よいでしょう。我が家ではバラの下に植えています。

2月下旬から3月上旬は花が満開で見頃です。