「高幡不動尊 金剛寺」

2021/01/12

毎年、東京に来てからは父親に連れられて家族揃って毎年初詣は何故かしら「高幡不動尊 金剛寺」は我が家の恒例行事です。

 

天草で住んでいた時も近くのお不動さんにお参りしていたので、東京に来てからも車の御払いはじめ、子供たちのお宮参りも「高幡不動尊」でした。

今年も早速、家族揃って初詣に行きました。金剛力士像の安置されている「仁王門」をくぐり「不動堂」にお参りして「奥殷」に行き、五重塔の横を通って弁天池に架かる弁天橋を渡って弁天様にお参りを済ませ、昼食にしました。

仁王門を出て道路を渡ったところにある名物の「開運そば」を食べました。今年はゆっくりと食べることが出来ました。今年は色々あるけれどもきっと良いことがある様な気がしました。

 

「高幡不動尊」は幕末志士で有名な「土方歳三」の菩提寺でもあります。土方歳三は天保6年(1835年)、現在の日野市石田にて生誕。「土方歳三」の銅像は小さな弁天池そばにあります。

生家は「石田散薬」という家伝薬を副業とする旧家で、「お大尽」と呼ばれる裕福な家でした。少年時代は大店に奉公にでたり、家伝の秘薬「石田散薬」の行商販売をしていました。

そんな土方に転機が訪れます。25歳にして、天然理心流に入門したのです。年齢的には遅い入門でしたが、そこで盟友となる近藤勇や沖田総司らと出会いました。入門は遅いながら、剣術そのものは17歳位から馴染んでいたようです。

上達も早く、資質もありました。特に実践的な戦闘となると滅法強い。往来の気の強さ、判断力が加味されて、無類の強さになったようです。天然理心流は、寛政年間頃に創設された比較的新しい流派です。

日野・八王子地域の千人同心を中心に広まりました。八王子千人同心の任務は治安維持、凶悪な犯人を捕縛する、いわば特殊部隊です。

「将軍家の為に尽くしたい」と願っていた彼らの運命を左右するニュースが、文永3年(1863年)に「将軍様が上洛する!ので、その護衛を会津藩と共に担うことなり、新たに選ばれた組だか、<、ら「新撰組」と名乗りました。

以前から尊皇攘夷派は危険視しており、その名が決定的に有名となるのが「池田屋事件」です。

この事件で、彼らの驚異的な戦闘力があらわになりました。圧倒的劣勢で適地に踏み込み、会津藩士が駆けつける前に長州・土佐藩士を征圧したその実力、京都を震撼させたのです。

ただ、彼らを預かる会津藩も、その上にある幕府も、政治的に追い詰められつつありました。260年間続いた盤石の江戸幕府にも、その支配力には陰り見えていました。

「鳥羽伏見の戦い」で、新選組を含めた幕府軍は大敗北します。その後土方は蝦夷地をめざしましたが、函館の五稜郭で流れ弾に当たりあえなく戦死。享年35でした。今も土方歳三は多摩地区の多くの人の心に生きています。

「天草の大江天主堂」

2021/01/10

ゴシック様式の教会「崎津天主堂」を参拝した後、車で10分程でロマネスク様式の「大江天主堂」に向かいました。

天草市天草町大江は、九州自動車道松橋インターチェンジからおよそ120km離れた場所にあり、熊本市内からだとおよそ3時間のドライブになります。

道路が整備された今日でも天草の我が家から60分、そして国道389号線を天草の中心部から50分程南下すると、右手の丘の上に見えてくるのが「大江天主堂」です。

農村の景色の中に溶け込むように佇む教会を見ると、キリスト教が禁教の時代、熊本中心部から遠く離れた土地が、隠れて信仰を続けていくのに都合が良かったのだろうと想像できます。

農村に建つ教会を見て、教会はなく宣教師もいなかった時代から、明治になって禁教が解けるまでの間、天草の隠れキリシタンが過ごした苦難の日々が偲ばれます。

キリスト教が解禁された後、天草で最も早く活動を開始した教会が大江教会です。現在の「大江天主堂」は、明治25年(1892年)、大江教会に赴任してきたフランス人宣教師ガルニエ神父が私財を投じて建てたもので、昭和8年(1933年)に完成しました。

ロマネスク様式の天主堂を設計したのは当時の教会建築の一人者で、長崎の原爆で倒壊した浦上天主堂の建造にもかかわった鉄川与助です。

数多くのカトリック教会の建築を手がけ、「教会建築の父」と呼ばれた鉄川与助が設計した「大江天主堂」は、青い空と白亜の白のコントラストが本当に美しい教会です。

大江にキリスト教会が復活して数年後、200年を超える禁教の時代に代々信仰を守ってきた信者と共に暮らしたいと自ら志願して、フランス人宣教師のガルニエ神父が赴任してきました。

ガルニエ神父は生活費を節約し、祖国フランスから送られてくる一時帰国費用も蓄え、全ての財産を天主堂の建設に投じキリスト教伝道の為に尽くしました。

地元の人たちからフランス語で神父を意味する「バアテルさん」と親しみをこめて呼ばれたガルニエ神父は、昭和16年(1941年)に82歳で亡くなるまで一度も帰国することなく天草の地で生涯をおえました。神父の墓は天主堂を見守るように建っています。

大江天主堂の敷地内に「白秋と ともに泊りし 天草の大江の宿は 伴天連の宿」と書かれた詩人 吉井勇の歌碑が建っています。明治40年(1907年)、都会で暮らす5人の若者が、遠く離れた天草の大江で布教活動を続ける「バアテルさん」に会う為にやってきます。

それが与謝野鉄幹と、まだ学生だった北原白秋、木下杢太郎(太田正雄)、平野万理、吉井勇、の5人で、のちに「五足の靴」と呼ばれる若者たちです。

バアテルさんとの出会いは、彼らにとって新鮮な驚きと感動そのもので、その体験がのちに異国情緒と浪漫溢れる「南蛮文学」と呼ばれる新しい日本文学を展開することになりました。

大江天主堂を来訪し、五足の靴一行とバアテルさんの衝撃的な対面により、日本文学会に与えた影響は大きかったのでないでしょうか。

「世界遺産」「天草の崎津集落」

2021/1/6

今年の正月はとても忙しい一日でした。朝5時半に宮司さんに合わせて宮田神社にお参りに行き、朝食の後今度はお稲荷さんにお参りに行きました。

そして、午後は天草の家から40km程離れてる「世界遺産」「天草の崎津集落」と「大江天主堂」に行きました。

崎津は、天草諸島の下島の南部に位置する漁村で、土地が狭い為海上に柱を立てたカケ(作業場)や、密集した民家の間にトウヤが発達している小さな集落です。

隣の今富集落とともに、2012年に「天草市崎津・今富の文化的景観」として国の重要文化的景観」として国の重要文化的景観に指定され、このうち「天草の崎津集落」が世界遺産となっています。

戦国時代、領主の天草氏は1566年に布教を許し、教会が建てられた。その後、キリシタン大名・小西行長が肥後南部を支配すると、天草氏は配下になり、秀吉の伴天連追放令後も、宣教師を庇護した。

禁教後、この地の潜伏キリシタンは島原天草の乱には加わらず、信仰をつづける。1805年崎津周辺で、5000人以上が摘発される「天草崩れ」が発生するが、「心得違いをしていた」とみなされて放免された。

1873年に信教の自由が黙認されると、カトリックへの復帰が始まる。現在の教会は1934年頃、ハルブ神父の時代に鉄川与助が設計施工した。

木造で、正面の尖塔部分は鉄筋コンクリート造、内部は畳敷きで祭壇はかって踏み絵が行われていた位置に当たる。背後の海に溶け込み「海の天主堂」とも呼ばれています。

このゴシック式の教会の中は畳敷きです。天井もゴシック式の曲線が素晴らしくステンドグラスの窓も非常に素晴らしいです。

天草の潜伏キリシタンの集落として知られる崎津や大江は、天草諸島で最も大きい下島の南西部(下天草)に位置する。東シナ海から深く入り込む羊角湾(ようかくわん)の入口に当たる天然の良港です。

古くから遣唐使船や朝鮮船の漂着があるなどアジア諸国との交流が深い地であった。農地は少なく、生業は漁業で、江戸時代は代官所が漁に出ることを許した水夫「荷子(かこ)」が集う「定浦」のひとつであった。

土地が狭い為、シュロの木を柱にして陸地から海に突き出したカケが多くみられる。また、密集した民家の隙間を通って海やカケに出るため、トウヤが発達し、特異な漁村景観を形作っている。

崎津から内陸に入ったところに今富がありますが、ここは農業主体の集落で、崎津からメゴイナイと呼ばれる行商が雑漁を売りに来る一方、今富から米や野菜を供給、また漁船の労働力を提供するという相互依存関係にあった。

このうち、「天草の崎津集落」が世界遺産とされています。

崎津地区が属する河内浦では、下天草を支配する天草氏南蛮貿易を狙い、1566年にアルメイダ修道士らを受け入れ、同年には崎津に教会が建てられた。

明治時代に入り、1873年(明治6年)キリシタン禁制の高礼が撤去されると、崎津村では多くが、カトリックに改宗し、現在の教会が鉄川与助の設計・施工が建てられた。

海をバックに集落の中心に建つこの教会は「海の天主堂」とも呼ばれている。私は天草で生まれ育った地域にこんな場所があることを天草を離れてしばらくしてから知りました。

 

新年あけましておめでとうございます。

2021/01/01

新年あけましておめでとうございます。

今年もお客様に喜んでいただける素敵な

お家をたくさん造っていきたいと思います。

社員ともどもよろしくお願いします。

天草産業株式会社
代表取締役社長
藤川富次

 

 

バラの剪定

2020/12/20

12月に入り自宅のバラの剪定の時期になりました。今年も綺麗に咲いたのですが、毎年バラを綺麗にバランスよく花を咲かせるために欠かせない作業の一つがせんていです。

バラを育てて十数年になりますが、毎年試行錯誤をしながら、剪定しています。剪定することにより、バラの枝が整いたくさんの蕾をつけますが、上手くいく年とそうでない年とあり、毎年悩みながら剪定をしています。

また、剪定をする事により、いらない枝や弱い枝がしっかりと整理できることにより病気や害虫などの被害を少なくすることができます。

バラを剪定する目的は、姿を整えるだけでなく、よい芽を増やし、よりきれい花を咲かせることです。枯れた枝や古い枝ををそのままにすると、新しい花の芽がつきづらくなります。また、ツルや葉っぱが絡み合い、風通しが悪くなる為、病気や害虫の被害も受けやすくなります。

バラを丈夫に育て、大きな株にする為に剪定は重要な作業です。枯れた葉や枝を取り除き、向きの悪い邪魔になる枝を取り払うことで、バラは花を咲かせることに集中できるのです。

9月に行う夏の剪定は、秋バラを咲かせるために行います。全体の高さの半分よりも上で先端の枝をスッキリとさせてあげる剪定となります。その時に秋に花を揃えて咲かせるため、秋剪定の際、咲いている花や蕾をすべて切り落とします。

一方、12~2月ごろ行う冬の剪定は、春にたくさんの花を咲かせる剪定となります。基本的な剪定位置は、全体の高さの半分よりやや下の部分となりますが、昨年、切った枝の上できるのが正しい剪定となります。ですので、毎年、少しづつ枝が増えることにより、花の数がだんだんと多くなっていきます。

基本的には、剪定は元気な株のみに行います。弱った株や小さな株、また、新しい株は強い剪定をする事により、いじけてしまうこともありますので元気な株のみ行うようにしています。

ハイブリッド系(大輪)やフロリバンダ系(中輪)と呼ばれる四季咲きのバラは、基本の通りに剪定作業を進めていきます。枯れた・弱った・細い枝を剪定し、年数をかけて枝数を増やしていく事が重要なポイントになります。

枝にも寿命があり、一つの枝が10年以上経過すると、先端の小枝が弱っている場合が出てきます。そうなった場合、当然、親枝も弱っている可能性もあるので、親枝も確認して剪定するかどうか決めます。

つるバラの剪定方法は、剪定というよりも「枝を間引く」という作業になります。弱い枝、短い枝、枯れた枝、どんどん間引いて長く太った枝をアーチやフェンス、オベリスク、トレリス等に枝を横や斜めに広げながら麻紐などを使い誘引していきます。

剪定が終わったら肥料を与えます。私は発酵牛糞とかストーブの灰そして、少しの化成肥料も与えます。そして、新芽が出る前に硫黄凝固剤を散布します。

そして、春が来て新芽が出るのを待つだけです。