【天草ハウジングのZEH~実績報告】

ZEH(ゼッチ)⇒Net  Zero Energy  House
(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

断熱性能の向上及び高効率な設備導入による省エネルギー化と、太陽光発電等による創エネルギー設備を導入することで、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅。

無題

経産業省・資源エネルギー庁は2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることを目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。天草ハウジングでは平成32年度までにZEH受託率を50%とすることを目標に掲げています。

地球環境に優しく快適で経済的であり、デザイン性にもこだわった
住まいづくりを目指します。

~ZEHの周知・普及に向けた具体策~
自社HP上に専用ページを設け、ZEH住宅の普及と必要性と有益性の説明。モデルハウス見学者に対して、店内掲示物やカタログ等を用いた案内を行う。

~ZEHのコストダウンにむけた具体策~
ZEH仕様の標準化することと、各協力業者とも協議を行い、設備や建材のコストダウンを図る。また、よりZEHに相応しいプランを作成し、一次エネルギー消費量が少なくてすむプランを推奨していく。

~その他の取り組み~
ZEH住宅で注目される断熱性・高性能設備だけではなく、気密性能の向上にも努め
本当の意味での快適住宅への取り組みを徹底。

≪ZEH平成28年度実績のご報告≫
天草ハウジングでは、平成29年3月にZEHビルダー登録をいたしました。
今後、ZEHの普及に努めることで、
地球環境に優しいハウスビルダーを目指してまいります。

年間普及率実績
平成28年度 0%

≪ZEH普及目標≫
天草ハウジングでは、新築戸建住宅におけるZEH普及目標を策定し、
ZEH住宅普及割合を平成32年までに50%とします。

年間普及目標
平成29年度 20%
平成30年度 30%
平成31年度 40%
平成32年度 50%

※当社が施工する新築住宅棟数におけるZEH(Nearly ZEHを含む)割合。