040【音楽の響き渡る家】

音楽をこよなく愛す奥様を始め、吹奏楽の練習に励む二人の娘さんが奏でる音色が響き渡る、笑顔と音楽が絶えないY様邸。

高い遮音性のあるレンガ外壁を採用し、奥様の好きな洋館の雰囲気をも兼ね備えた天草ハウジングの特色を最大限に生かしたお宅。リビングにピアノを置き、家族との時間を自然と長く過ごせるような間取り。

MaHAtシステムを導入し、家族にも楽器にも優しい家づくりとなった。

玄関扉のガラスの中にあるモチーフと、二階のバルコニーの手摺のデザインを統一したこだわりの外観。表にはリビングからBBQを楽しめる囲い付きのデッキも。

 

 

大きな掃き出し窓のある明るいリビングには淡いイエローの壁とホワイトの腰モールディングが優しい色合いになっており、ミントグリーン色のカーテンが爽やかなリビング。折り上げ天井と塔の部分が広々としたお部屋の印象を持たせてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

一階のパブリック洗面化粧台。壁紙の明るいグレーから、モザイクタイルの境界を経て落ち着いたブラックの扉の一連の流れは、小さいながらも一番考え抜いたとも言える空間。

 

 

 

 

 

 

優雅な孔雀(くじゃく)の羽根をモチーフにしたユニークなスタイルのピーコックスタイルのローマンシェード。気分に合わせてすべて下してシンプルにもでき、2通りのデザインを楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

レースのカーテンに装飾性のあるデザインのマクラメを取り付けてまるで世界に一つだけのデザインのレースカーテンに。

 

 

 

 

 

 

 

洋風なデザインのお家の中にも、こたつ生活を願ったご主人の和室。窓を白木のケーシングにすることで、雰囲気を残せるようにした。壁紙のテクスチャにも一味あり。

 

 

 

 

 

 

 

花柄の壁紙に花柄のカーテンを選ばれた娘さんのお部屋。柄×柄と聞くと合わなそうなイメージだが、きれいにまとまっており、センスが伺える。

 

 

 

 

 

 

 

夜になり、ベッドの中に入り、一日の最後の景色は一面の星屑。それを眺めて夢の中へ。天井を蓄光タイプの素材にすることで、電気を消した後、星たちが瞬く世界に。