035【煉瓦アーチが映えるアメリカンスタイルの家】

アメリカンスタイル

「アメリカの本場の雰囲気に一番近かったのが天草さんでした」

海外在住経験のあるI様が天草ハウジングを選んだ決め手は、立川モデルハウスのデザインだったという。

「ビルトインガレージは必須条件でしたし、モデルハウスを見て『これだ』と思いましたね」

ガーデニングイメージ

「本場アメリカの雰囲気の家づくりを」

I様の家づくりはそんな想いから始まった。

特にこだわったのは煉瓦積みで造ったアールのファサード。

形状だけでなく、本物の煉瓦を使用しているからこその、味わい深い素材感が魅力的だ。

手入れの行き届いたガーデンからも、I様のこだわりが伺える。

 

リビングには三面塔を設け、広がりのある空間を演出している。

Majestic社の暖炉を採用し、暖炉の回りにはアクセントとしてカルチャードブリックを使用。

アメリカ式スローライフを彷彿とさせるインテリアが、家族の心を落ち着かせてくれる。

 

 

リビングだけでなく、ダイニングにも三面塔を配置。

こちらは足元にも窓を設け、明るく開放的なインテリアイメージで設計されている。

日曜日の朝日を感じながら、ゆっくりとモーニングコーヒーを楽しむのにうってつけの場所だ。

 

 

 

お施主様との写真「長期優良住宅にも対応していて、補助金や税金控除制度を積極的に利用できたのも魅力でした」

住宅ローン減税制度で、今も年間数十万円単位で税金の払い戻しを受けているとのこと。

「ひと時に比べてローン金利も随分下がりましたし、住宅購入を後押しする国の制度も充実している。今の日本は家を買うのにはすごくいい条件下にある思います」

そう語るご主人の満足げな表情が印象的だった。