028【高級感漂う白煉瓦積みの邸宅】

神奈川県鎌倉市H邸②

「家をつくるなら本物の煉瓦で」と願っていたH氏の自慢は、職人がひとつずつ丁寧に手で積み上げた煉瓦積みの外壁。オレンジ色のスペイン瓦や白い木枠の窓、芝生の中のアプローチとあいまって、外国の街に佇む邸宅のような雰囲気を醸し出している

 

神奈川県鎌倉市H邸①

 

 

明るい光がさんさんと差し込む、広々としたリビング。床は天然のメイプル材、壁はドライウォールを採用した。インテリアとしても美しいマントルピースの横で、冬はあまりの暖かさ、心地よさにソファでうたた寝してしまうゲストが続出したそう。照明やカーテンなどのコーディネートは天草ハウジングによるもの

 

神奈川県鎌倉市H邸③

 

周辺の街並みよりも一段高い位置にあるこの家は、地下スペースにガレージをビルトイン。雨の日や荷物が多い時は、玄関アプローチを通らずとも直接住まいに出入りできる

 

 

神奈川県鎌倉市H邸④

 

青空に映える華やかな外観は、立川にあるモデルハウスをアレンジしたもの。玄関のファサードや塔のフォルムが、高台の落ち着いた住宅街にあってひときわ偉容を放っている

 

 

神奈川県鎌倉市H邸⑤

 

玄関やダイニング、キッチンと仕切りがなく繋がるリビングは、常に家族やゲストの気配を感じられる場所。「ここで過ごしていると、心の底からリラックスできるんです」

 

 

神奈川県鎌倉市H邸⑥

 

 

吹抜けの玄関ホールには、夫人の憧れだったというサーキュラー階段をしつらえて。床は天然の大理石を採用した。こだわりのシャンデリアが、訪れる人をドラマチックに出迎える

 

 

神奈川県鎌倉市H邸⑦

 

地下には楽器演奏や映画鑑賞を楽しめる防音の部屋や卓球ができるプレイルームを設置

 

 

神奈川県鎌倉市H邸⑧

 

釣ってきた魚をH氏が捌き、夫人が調理してゲストにふるまう。そんなシーンを想定して、キッチンは大勢で作業できるアイランドスタイルに。収納スペースもたっぷり用意した。ダイニングはもちろん、リビングや玄関まで見渡せるキッチンは、「一日中立っていても飽きません」と夫人

 

神奈川県鎌倉市H邸⑨

 

寝室やゲストルームなどのプライベートな空間には、それぞれ異なる輸入の壁紙を用意

 

 

神奈川県鎌倉市H邸⑩

 

 

1階のトイレは、ゲストが多く使用することを想定して、遊び心あふれる華やかな空間に