基礎の構造

xxxx

頑強な基礎構造で高い耐久性を実現。
部材の一つひとつを厳選し、品質管理を徹底。

建物の土台となる重要な基礎。
天草ハウジングでは、軟弱な地盤でも変化を起こしにくい鉄筋コンクリート一体構造を採用しています。
土間コンクリートの下には防湿シートを敷き地面からの湿気を遮断、
土台と基礎の間には基礎パッキンを採用。

木片圧縮材は、多方向からかかる力に耐えるよう各板の繊維構造を垂直に交差して貼り合わせ。
さらに空気環境に配慮し、ホルムアルデヒド放散量はJASで設定の最も低い数値Fcoレベルの約1/50に抑えました。クロス接着剤にはホルマリンなど有害な化学物質を含まないものを使用しています。