【北欧型輸入住宅】佐藤様

〔インタビュアー〕 藤川(社長)、榎本 〔お客様〕 ご主人奥様


藤川
こんにちは。ご無沙汰してます。

ご主人
よろしくお願いします。

藤川 
それにしてもすごいバラですね。どのくらいあるんですか?


ご主人
30本ほどですね。

藤川
すごいですね。展示場よりありますね・・・!消毒とかはどうしてますか?

ご主人
あんまりしてないんですけどね・・・。
壁にもバラを這わせているので、消毒すると窓枠とかが汚れちゃうんでしないんですよ。・・・でも割ときれいに咲いてますよ。

藤川
そうなんですね。

(しばらくバラ談義)

榎本
天草でもバラ部がありまして、写真コンテストとかいろいろと企画してるんですよ。

ご主人
バラをされる方は結構いらっしゃるんですか?

藤川
かなりいらっしゃるんですよ。

ご主人
たぶん建物の雰囲気に合うんでしょうね。


 

藤川
そうですね。最近は特にレンガ積みの家を建てているので更に増えてるんですね。
全然バラに興味がない方もバラを始めてるくらいですよ。
前にも山中湖のほうでもバラを育てたくて別荘を建てたいって言う方がいらっしゃいました。

榎本
・・・では、そろそろインタビューを始めさせて頂きたいと思います。
建ててからもう8年ということで随分前の記憶になってしまうかとは思いますが、
家造りを考えるようになったきっかけはなんでしたか?

ご主人
前に建っている家が古かったんですね。
父親が建てて30年位ですから。古くて、寒くて。

榎本
北欧住宅を建てたいっていう感じでしたか?

ご主人
そうでは無かったですね。
北欧で建てたいっていうのは無くて、スウェーデンの家っていうのが暖かいよって知り合いから聞いて、たまたま八王子の展示場に行ったときに目的のメーカーと間違えて天草さんに入っちゃって。
当時隣りに建ってましたから。それまでは全然天草さんのこと知らなかったんですよ。

榎本
・・・展示場とかはよく行かれたんですか?

ご主人
そうですね。
この周辺を5~6箇所ですか。八王子や府中、町田、三鷹、立川とか・・・でも、どこの展示場に行っても見るメーカーは同じでしたね。
真夏とか真冬に行って、何社か見て、北欧系のメーカーさんは暖かかったです。結局、そこら辺のメーカーさんで絞り込みましたね。
やっぱり快適さですね。冬暖かくて夏暑くない家。

藤川
でも展示場に行ったらみんな同じに感じませんでしたか?どこの展示場も暖房をガンガンいれますから。

ご主人
いや、そんなことは無かったですね。
寒いメーカーさんは暖房かけても寒いんですよね。
底冷えするっていうか。
それでひとつのメーカーさんに行ったら寒くて、他の高気密・高断熱のメーカーさんに行ったら暖かくて。そこは床暖房を入れてたんですよね。

榎本
じゃあ、やっぱり暖かい家を建てたいっていう感じだったんですね。

ご主人
そうですね。当時建てたかった家はとにかく暖かい家っていう感じでしたね。

榎本
あと、理想の家とかってありましたか?
当時外壁をブリックタイルでやりたいっていう希望をお持ちでいらっしゃいましたが、そういう外観の雰囲気がお好きだったんですか?

ご主人
それは奥さんの方ですね。私は輸入住宅がどうのっていうわけではなかったですね。
たまたま性能で見て行ったら輸入住宅の方がいいっていうことになって。
サッシなんかの性能が違いますからね。



榎本
家を建てる前にハウスメーカーとかを選ぶ際に何に悩んでいましたか?

ご主人
デザインかな・・・高気密高断熱の性能がよくて、その中でデザインとか、使っているものの素材ですね。木の素材ですね

榎本
最終的にはどういったメーカーと比較されましたか?

ご主人
最終的には・・・
天草さんと、北米系のメーカー、あとは空調を重視していたメーカーさんですね。

榎本
その三社はどういったところで残ったんですか?

ご主人
やっぱり快適性ですね。北米系のメーカーさんも快適性を売りにしてましたからね。
ウレタンの断熱もオプションでやるって言ってましたし・・・

榎本
天草で最終的に決めた理由って何ですか?

奥様
やっぱり快適性ですね。あとは木の香りがするところ。
何度か行ってみて、木の香りがするのが良かったですね。

榎本
住んでみて何か感想とかはありますか?

ご主人
そうですね・・・・・空調が壊れたことですかね。
普段は20度の設定なんですが、ある日ちょっと寒いなって思って温度計を見たら温度が19度くらいになってて、おかしいなと思って過ごしてたんですが、
日に日に温度が下ってきて、18度くらいまで下がって・・・。
でももう1台あったので何とかなりましたけど。

奥様
空調が壊れたのはショックでしたね~

藤川
こちらの空調は1階と2階に1台ずつで2台でしたね。
まあ、2台ありますと最悪1台壊れても何とかなりますよね。

奥様
でも1台壊れた時は洗面所とかが寒かったですよね~

ご主人
でも寒いって言ったって18度くらいだったけど

藤川
そうですよ。
それまでが快適だからそのくらいでも寒く感じるんですよ。
高気密高断熱じゃない家に住んでる人が聞いたら怒られますよ(笑)


奥様
そうですよね。たしかに・・・

ご主人
寒い寒いって思ってたけど温度計を見たら18度くらいでしたからね・・・

榎本
しかも今日は(2月なのに)ご主人半袖ですね。

ご主人
家の中ではですね。でも職場は26度くらいの暖房を入れてるんですけど、寒くていられないんですよ。底冷えするって言うか。
暖房しててもどんどん冷気が入ってくるんですよね。床も壁も冷たいんですよね。

藤川
そうですよね。
暖まってくる頃には帰る時間っていう感じですね。

ご主人
あと、冬場は寝る時の布団が困りますね。
寝る時掛け布団をかけると暑くて朝には剥いじゃうんですよ。

藤川
電気代はどうですか?

ご主人
一番ピークで月3万円~3万5千円位ですね。
12月、1月あたりで。
年末年始は日中もいるので電気を使いますから一番ピークですね。

榎本
これから家を建てる方にアドバイスとかありますか?

ご主人
そうですね。
やっぱり寒い日、暑い日にモデルルームに行った方がいいっていうことですね。
そうすると本当の快適性がわかると思います。

榎本
なるほど・・・他に、防音室とかはいかがですか?

奥様
ほとんど主人しか使っていないんですけど、閉めちゃうとわりと大きなボリュームで聞いててもわからないんですよ。
寝てるのかどうかもわからないくらいに。

藤川
そんなですか。

ご主人
疲れて酔っ払って見てると寝ちゃうんですよ。(笑)
あと、気に入ってるのはキッチンの窓から見えるバラなんですよ。いまはまだ咲いていないですけど


榎本
あ。ちょっと見せてください

奥様
テラスから見えるバラもすごくきれいなんですよ。
親戚なんかも来たらみんな写真とか撮ってますから。ここのテラスの雰囲気もすごい良くて、花の時期になるとわざわざ見にくる人もいますよ。
前はお店と間違えて入ってきちゃった人もいるくらいなんですよ。
あと、この壁紙の北欧の柄がすごい好きで気に入ってますね。

ご主人
実際書斎のブルーの壁紙も結構気に入っていますね。
ブラインドもわりと閉めっぱなしですから色あせもほとんど無いですし。

藤川・榎本
じゃあ、今日はどうもありがとうございました。

ご主人
奥様
こちらこそありがとうございました。
また、バラのきれいな時に来てください。