【バラ部】寒肥はあげ終わりましたか?

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ここ数日は雪が降ったり
昼になっても気温が上がらなかったりと
寒い毎日ですが、
バラを育てていらっしゃる方々、
寒肥はあげ終わりましたでしょうか?

 

 

寒肥はバラにとって
これから芽吹き春の満開までの
大切なエネルギー源になるものです。

 

寒肥はその名の通り
寒い時期にあげる肥料なのですが、
まだまだ寒いからと先延ばしされている方は要注意!!

芽吹き始めてから肥料をあげてしまうと、
バラが肥料やけをおこして
葉の色が悪くなったり
花が異形になったりと悪い影響が出てしまうんです!

 

肥料やけ症状例

 

 

なので、まだ寒肥をあげていない方は
すぐにでもあげてくださいね!!!

 

寒肥のあげ方は色々と方法はございますが、
天草流のあげ方はこちらを参考にしてください。

夏の元肥のあげ方の記事ですが、
寒肥のあげ方も同じ要領です。

肥料の配分は化成肥料の割合を2倍にしてもいいかもしれません。

 

まだこんなに寒いのに
なぜ急いであげる必要があるのかといいますと、
ここ数日は確かに寒いのですが、
全体的に今年は暖冬なんです!

今までが暖かかったので、
品種によってはもう芽吹き始めているものもありますよ!

 

まだまだ小さいアンジェラの芽

 

バラの芽は枝の途中に無数にある赤い突起物です。

この芽が膨らみ始めると芽吹き間近となります。

 

芽が膨らみ始めているアンクル・ウォルター

 

立川モデルハウスのバラの中でも
ツルバラのアンクル・ウォルターなどは
すでに芽が膨らみ始めています。

 

芽吹き始めた枝

 

春になってから後悔しないように、
今の時期にしっかりとバラに栄養をつけてあげましょう!!

 

バラ部でした。