【バラ部】バラの冬剪定(ツルバラ編)

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

さてさて、今日はツルバラの剪定をしたいと思います。

 

今回剪定するのは
立川モデルハウスの玄関側の
向かって左側のアーチに誘引してある
ラベンダー・ラッシーというバラです。

アーチの左右から2本のラベンダー・ラッシーが誘引されています。

 

 

どちらも樹齢は15年ほどで、
少なくともここ2年はベイサル・シュートを出しておりません。

しかし写真でお分かりの通り
サイドシュートというか、
若くて勢いのある枝が上の方に数多くご合いますので、
それらを生かしつつ、
ベイサル・シュートの発生を促すべく、
古い枝は切ってしまおうと思います。

 

ツルバラを剪定する際は
まず何より誘引を解くことから始めます。

 

 

太い枝が複雑に絡み合うこのバラは
なかなかばれてくれません・・。

ただただ時間だけが経過していくので、
枝を整理しながら解いていくことにしました。

 

細い枝だけでなく、
状態の悪い枝は根元から切り落とします。

 

切り落とした状態の悪い枝

 

状態の悪い枝とは、
枝に新芽が無く、
派生している枝も細いものしかないものになります。

芽が無ければ花はつけませんし、
細い枝も花はつけません。

 

 

状態の良い枝だけを残すと、
ようやくツルバラも完全に誘引から解けました。

 

不要な枝が無くなったら
今度はもう一度誘引し直します。

 

メインになる枝をどのように誘引するかを決めて、
細めの枝もなるべくバランスよく誘引していきます。

誘引していく過程で
枝が密集しすぎたり、
または残したものの誘引できない枝は
切り落としながら整理していきいます。

 

 

悪戦苦闘の結果、
何とかきれいに誘引し終わりました。

だいぶスッキリしましたが、
残した枝は状態が良いものばかりなので、
たくさんお花をつけてくれると思いますよ!

 

 

まずまずの出来栄えだったと思います・・。

 

 

今回の剪定で切り落とした枝です。

バケツいっぱいの枝と、
太い枝も切りました。

ボリュームをかなり落としましたので
今年はベイサル・シュートの発生が期待できるのではないでしょうか?

 

バラ部でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です