【バラ部】台風21号の傷跡

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

先日の台風21号は関西程ではないですが、
関東でもそれなりに被害が出ましたね。

 

台風が来た火曜日とその次の日は展示場がお休みでしたので、
今日が台風が過ぎて最初の出勤です。

 

バラ大丈夫だったかな???

 

そればかり気になっていました。

 

アンクル・ウォルター

前回の台風の時に誘引が外れてしまったアンクル・ウォルター、
応急処置をしてあったものの、
今回の台風で完全に破壊されてしまいました!

 

 

ピエール・ドゥ・ロンサール

その近くにあるアーチに誘引してあるピエール・ドゥ・ロンサールも
一部誘引が外れていました。

 

 

クイーン・エリザベス

ツルバラばかりではありません。

木立性のクイーン・エリザベスは風にあおられたようで
傾いていました。
しかも最近発生したベイサル・シュートが折れてしまっています。

 

 

ジュード・ジ・オブスキュア

シュラブローズ(半つる性)のジュード・ジ・オブスキュアは
枝が細いせいもあり、
若い枝が多く折られていました。

 

 

今日は南側の庭のバラしかチェックできませんでしたが、
どのバラも枝が折れたり、
風にあおられて枝同士が擦れあったために
枝が傷つき、芽がつぶれているものが多く見受けられました。

 

手塩にかけて育ててきたバラたちが
たった一晩でこんなに傷つけられてしまい、
悲しい、と言う以外に言葉が見つかりません・・・。

 

 

誘引が取れてしまったアンクル・ウィルターは
枝を元に戻したくてもワイヤー自体が切れてしまっているので、
枝を切り落として小さくせざるを得ませんでした。

アンクル・ウォルター 修正後

 

 

同じくツルバラのピエール・ドゥ・ロンサールは
太い枝が1本折れてしまっていましたが、
幸いにも若いシュートは無事でした・・。よかったぁ~。

ピエール・ドゥ・ロンサール 修正後

 

 

倒されてしまったクイーン・エリザベスは
鉄の支柱を立てて、
引っ張りあげて元に戻しましたが、
まだ不安定です。

クイーン・エリザベス 修正後

 

 

皆さんのお宅ではいかがでしたでしょうか?

 

まだ今年はもう一回開花する時期がやってきます。
それまでに元気な姿を取り戻してほしいですね。

 

バラ部でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です