【バラ部】ピエールにシュートが出た!・・かも。

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

毎日暑いですね。
この季節はバラのお手入れも大変です。

熱中症にかからないよう、気を付けてくださいね。

 

立川展示場のバラは、
品種によってはまだ花をつけているものがあるものの、
ほぼ2番花が終わったようです。

 

フロリバンダのサー・クローは、
花が開いた直後よりも散る間際になった方が
はかなげな感じになって奇麗ですね。

 

花が殆どないこの時期、
楽しみはツルバラのシュートの成長を見ることです。

 

新入りのツルバラ「リバプール・エコー」のベイサル・シュートは
70センチほどの高さまで伸びてきました。

 

 

ツル・ブルー・ムーンのベイサル・シュートは2メートルを超えましたでしょうか。

 

そんな中、
樹齢15年のピエール・ドゥ・ロンサールの根元付近に新芽が出ているのを見つけました。

 

モデルハウス正面右側のアーチに2本のピエールを誘引してあります。

私がお世話をさせていただいてからは
ベイサル・シュートの発生がなく、
勢いが徐々に弱まってきているのを気にしておりました。

 

冬の剪定の時に少しずつ古い枝を切り落としてきました。
切り株の跡がありますね~。

残っている枝もそうとう古そうです。

 

が、よく見ますとチョコっと新芽が出ていました!

まだベイサル・シュートなのかどうか、判断できませんが、
ちょうど2番花が終わった後なので、
シュートのような気がします。

というか、シュートであって欲しいです!!!

 

シュートであれば、
何年振りになるかわかりませんが、
枝の更新、そして若返りが出来るかもしれませんね!!

 

しばらく観察していきたいと思います。

 

バラ部でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です