【バラ部】シュートが発生したつるバラの手入れ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

6月も終盤になってきました。

四季咲きのバラが返り咲きをしている頃ですね。

 

気温が上がってくると、ツルバラはシュートを出すようになりますが、
シュートは大切に育てるとして、
その他の部分はどう手入れをしていけばよいのでしょうか?

発生したシュートは支柱で支えるなどして、真っすぐ伸ばすようにしましょう。

 

四季咲きのツルバラは、
基本的には花が終わったら花ガラ摘みをするの繰り返しで、
夏剪定はしなくて良いとしている専門家さんが多いですね。

あくまでも剪定は冬!!

 

でも、初めてシュートを出したような
まだ若い苗木の場合はちょっと違ってきます。

 

写真中央の支柱に支えられているのが、
2回目の夏を迎えたツルバラの「リバプール・エコー」です。

 

根元から3本のベイサル・シュートが発生しました。

 

このようなまだ幼いバラの場合、
根がまだ十分に成長していないので、
このまま花を咲かせながら成長させても
栄養がシュートに十分にいき渡らないかも知れません。

なので、まず「今年はもう花は咲かせない!」ことにします。

 

この株も花を咲かせようと、
新しい花芽をどんどん出していますが、
これらはすべて摘み取ってしまいます。

伸びすぎた枝も少し切り詰めて、
シュートに栄養がすべてまわるようにしてみました。

今は光合成に必要なだけの葉は残さないとなりませんが、
シュートが無事に成長すれば、
残した枝もすべて不要になり、冬に剪定することになるでしょう。

 

来年はパーゴラに誘引されたリバプール・エコーを楽しむことが出来そうです。

いまから冬剪定と誘引が楽しみになってきました!!

 

バラ部でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です