【バラ部】満開に向けて

こんにちは!バラ部横浜展示場の坪松です。

四月中旬になり暖かい日が増えてきましたね。
日に日に展示場のバラの背丈も伸びて蕾も沢山つきだしました!!

アンブリッジローズの蕾

中には色づきはじめている蕾も!
蕾の状態の色は咲いているときより少し濃い目になります。
アンブリッジローズの深みのあるピンク色に心を奪われそうです。(笑)

ルージュ ピエールドゥロンサールの蕾

こちらはルージュピエールドゥロンサ-ル・・・
これもまた深みのあるダークレッドの色合いです。
気品漂うマダムってな感じでしょうか!?(笑)

立川展示場ほどではありませんが横浜展示場も沢山の種類のバラが植わっており、
今年はようやく

このゾーン

大理石のバラスターとバラそして煉瓦積み外壁

手前に4年目を迎える薄ピンクとホワイトのグラデーションカラーが素敵な
ピエールドゥロンサール。

奥に3年目の深い赤色が上品なルージュピエールドゥロンサール。

そして横浜らしい赤色の煉瓦積み外壁と大理石で出来たバラスター・・・・
素敵なコラボレーションをお見せできそうです。

昨年物のルージュのシュート

昨年出てきたルージュのシュートは外壁にも這わせています。
ここも見どころの一つになりそうです。

是非、素敵なバラを見に来てくださいね。
展示場メンバーでしっかりお世話をしていきたいと思います!

 

ちなみにこの陽気も良くワクワクする今の季節ですが、
実はバラを育てるうえで気を付けておかなくてはならない季節でもあります。

というのも四月は春の風が吹き荒れる風の強い季節。
そして伸びたてのまだ柔らかい枝に沢山のつぼみがつくことで枝が重くなり・・・・

強風に煽られ「ポッキッ」と折れてしまうことも・・・・
折角沢山のつぼみが付きあと一歩で素敵な花を咲かせるというのに・・・・・(涙)
なんてことの無いようにしっかりと

オベリスクや

メアリーローズ オベリスクへ誘引

支柱に誘引してあげましょう!

アンブリッジローズ 支柱へ誘引

また、病虫が出始める時期でもあるので、
しっかりと消毒をしてバラを守ってあげましょう。
(バラの消毒をするときは雨で折角の薬が流れ落ちないように、晴れの日が続くタイミングを選びましょう)

ちなみに今日消毒をしていると、バラのかわいい味方

バラの味方テントウムシ君

 

テントウムシ君も沢山見かけました。
テントウムシはバラの天敵のアブラムシを食べてくれるので大切にして
あげてください。

以上バラ部でした!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です