【バラ部】バラの成長

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

3月も中旬に入りました。

暖かい日と寒い日が入り混じるこの頃ですが、
立川展示場のバラたちはゆっくりですが着実に成長しています。

 

ツルバラ ラベンダー・ラッシー

殆どのバラが芽を開いてきました。

 

ハイブリッドティー ティファニー

割と強目に剪定したティファニーは、
かなり多めの芽を出しましたので、
そろそろ芽かきをしようと思います。

芽かきとは、
枝が密集しすぎるのを防ぐために、
不要な芽を取ってしまう作業です。

あまり枝を密集し過ぎてしまいますと
病気に掛かりやすくなってしまいますので、
芽を多く出した場合は是非とも行いましょう!

 

 

フロリバンダ ブライダルピンク

ひと際大きなブライダルピンクは、
樹勢が強く、
毎年2m以上の背丈まで成長してしまいます。

もう少し低い位置で剪定したかったのですが、
ご覧のように低い位置には木質化した太い枝のみ。

さすがにそこまで詰めてしまうと芽が出ないのではないか・・
という不安に駆られ、
毎年、このような剪定を繰り返してきました。

が、実は今年、試しに1本だけ、
構わずに低い位置に切り詰めた枝があります。

芽が出なかったらその時はその時と割り切ってトライしてみました。

 

そうしたら・・・

ご覧ください!
ものすごい勢いで新芽が何本も出てきました!!

いま更ほかの枝を切り詰められないので、
今年はこのままいきますが、
来年の冬剪定にはこの経験を活かし、
ちょうど良い高さに花が付くように
バッサリと低く剪定したいと思います。

 

フロリバンダ 名前不詳

こちらのバラは大輪の黄色い花をつける、
おそらくフロリバンダ系のバラなのですが、
記録がなく、名前が分かりません。

この株はご覧にように右側に枝が集中する
バランスの悪い樹形になってしまっています。

ところがよく見ましたら、
左側へ枝をのばすべく、
株元に新芽が出ているのを発見しました。

赤い元気そうな芽が顔を出しているのがわかりますでしょうか。

この時期なので、シュート程強い枝ではないでしょうが、
この枝を丈夫に育てて、
偏った樹形を直したいと思います。

 

来週にまた気温が上がるようなので、
バラの成長に拍車がかかるでしょうから、
一度、消毒をしようかなと考えております。

 

バラ部でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です