【バラ部】バラ苗の植え付け

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

立川モデルハウスの玄関前を飾るオベリスクに誘引してあるツルバラ『アンジェラ』。

 

バラを楽しむ会でも人気を集める、とても花付きが良い品種です。

 

ただ、この株が10年以上の歳月を経てだいぶ元気がなくなってきましたので、
若いアンジェラを助っ人で植え付けることにしました。

 

そこで、天草流の植え付け方法をご紹介します。

 

まずはバラ苗を用意しましょう!

いきなり地植えする場合は
なるべくポットが大きいものが良いと思います。

特にツルバラの場合は見えている枝よりも土の中の根の方が大事です!
夏になってシュートが出てきたら、今ある枝の大半は不要になってしまうからです。

なるべく根が大きいものほど、早くシュートが出てきますよ。

 

次に、苗のポットよりも広く深い穴を掘ります。

穴は直径50センチ、深さ50センチくらいが理想ですが、
難しい場合はポットよりも十分広く深く、を意識して掘りましょう。

 

穴が掘れたら、ポットのまま苗を穴に置いてみましょう。

この苗の下に元肥を入れるので、この画像くらいだと大して肥料が入りません。
もっと深く掘り下げます。

 

これだけ深まれば大丈夫そうですね。
結局深さは50センチに達しました!!

 

穴が掘れたら元肥を作ります。

元肥は以下のものを混ぜて作ります。
・元の土 3
・培養土 3
・赤玉土 3
・牛糞堆肥 2
・ピートモス 1
・化成肥料 1
・油かす 1

これらをよ~く混ぜて穴の中に入れます。

同じくバラ部の霜島さんが混合肥料を作ってくれました。

 

次に以下のものを混ぜた混合土を作ります。
・元の土 3
・培養土 3
・赤玉土 3
・ピートモス 1

これをさらに穴の中に入れます。

肥料の上に土をかぶせるのは、苗の根が直接肥料に触れないようにするためです。
肥料に根が直接当たってしまうと、肥料負けしてしまい、
奇形の花が咲いたり、成長異常が出たりすることがありますので注意しましょう。

 

穴の中の土の上にポットから苗を取り出して仮置きします。
高さが足りなければ上記の混合土をさらに入れて調整します。

 

高さが決まったら混合土で土表より盛り上がる高さまで入れます。

最後にたっぷり水を与えて完了です!!

 

ツルバラの場合、春の開花時はさほど大きく育っていないので、
オベリスクに誘引できるようになるのは来年以降まで待つことになります。

今年の夏にシュートが発生してくれれば、
来年はオベリスクに誘引された状態をご覧いただけますよ!

 

木立性のバラの場合も植え付け方は同じで大丈夫です。

もしよかったら、天草流を参考にしていただいて植え付けをしてみてください!

 

バラ部でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です