【バラ部】夏の元肥

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

暑くなってきましたね。
しばらく暑い日が続くようです。梅雨は何処へ~?

 

さて、今年は一つ初めての試みをしようと思います。

 

毎年、どうも元気が無いバラ、皆様のお宅にもありませんか?

 

そんな弱いバラを元気づけるべく、
夏なのに元肥をあげてみたいと思います。

 

立川展示場で元気が無いバラといえば、
こちらの「ブルー・ムーン」です。

ちょっと分かりずらいですが、
木立性のものとツル性のものと2株植わっています。

 

6月なのに葉が無い・・。

実は黒星病にやられた為、葉はとってしまいました。

 

花後の新芽が出ず、ましてやシュートも出ていません。

まったく成長が止まっているかのようです。

 

花後にはちゃんとお礼肥もあげましたし、
消毒などの手入れもしてきましたが、
ここだけ秋になったような感じです。

アイアンアーチの手前側がブルームーン。

反対側のゴールデン・セレブレーションや、
レンガの壁に誘引してあるテス・オブ・ザ・ダーバーベルズとは季節感がまったく違うようですね。

 

さて、元肥は冬のものと同じものを使います。
但し量は冬にあげる場合の2/3を目安にします。

 

使うものは牛糞、油かす、バラ用の化成肥料。

牛糞:油かす:肥料=3:3:1の割合で混ぜて混合肥料を作ります。

 

次に、バラの周囲に直径10センチ深さ20センチくらいの穴を
1株あたり2箇所掘ります。

2株あるので、4箇所穴を掘りました。
ここでの注意点は肥料をバラの根に直接当てないこと。
なので、株の大きさに応じて、やや離れた場所に穴を掘りましょう!

 

その穴に混合肥料を入れます。

あとは元の土をかぶせて、水をまいて一丁上がりです!!

 

今後、このバラ達の成長度合いをよく観察していきたいと思います。

効果が出るといいのですが・・。

 

その他のバラ達は概ね元気です。
ツルバラのシュート達のその後も気になります!!

 

またレポートいたしますね。

 

 

バラ部でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です