【HP部】マルディグラ!!!

こんにちは。横浜展示場 田澤です。

 

今回はホームのパーティではなくアウトのアメリカのパーティ”マルディグラ”についてご紹介致します。

 

そもそも「マルディグラ」とは。

フランス語が語源とされており直訳しますと「太った火曜日」となります。

いわゆる”謝肉祭”という物です。イースター並に有名なイベントで、毎年キリストの復活祭の日に対する祝日の為毎年日付が変わります。

イースターが断食の催しなのでイースターの前にいっぱいのんだり食べたり楽しもうという目的で作成されたものだそうです。

今年は3月5日です。

 

このイベントにはカラーがあり「金・緑・紫」のこの3色を見に付けて楽しむイベントです。ウィキペディアによると金=権力、緑=運命、紫=正義だそうです。

リオのカーニバル同様フロートが毎年作成され、ビーズを投げられ(この理由はわかりません)それを身につけてパレードを楽しみます。

少々汚いお祭りですが、華やかな色合いと日本にはない文化なので存分に楽しむ事が出来ます。

 

このポーチの全体的なデザインは日本にはないデザインですね。さすがアメリカ。マルディグラの飾りつけ方もやはり真似できない何かがある気がします。

ニューオーリンズのマルディグラが一番有名ですよ。気になった方がいらっしゃいましたら一度訪れてみてください。

 

【バラ部】寒肥はあげ終わりましたか?

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ここ数日は雪が降ったり
昼になっても気温が上がらなかったりと
寒い毎日ですが、
バラを育てていらっしゃる方々、
寒肥はあげ終わりましたでしょうか?

 

 

寒肥はバラにとって
これから芽吹き春の満開までの
大切なエネルギー源になるものです。

 

寒肥はその名の通り
寒い時期にあげる肥料なのですが、
まだまだ寒いからと先延ばしされている方は要注意!!

芽吹き始めてから肥料をあげてしまうと、
バラが肥料やけをおこして
葉の色が悪くなったり
花が異形になったりと悪い影響が出てしまうんです!

 

肥料やけ症状例

 

 

なので、まだ寒肥をあげていない方は
すぐにでもあげてくださいね!!!

 

寒肥のあげ方は色々と方法はございますが、
天草流のあげ方はこちらを参考にしてください。

夏の元肥のあげ方の記事ですが、
寒肥のあげ方も同じ要領です。

肥料の配分は化成肥料の割合を2倍にしてもいいかもしれません。

 

まだこんなに寒いのに
なぜ急いであげる必要があるのかといいますと、
ここ数日は確かに寒いのですが、
全体的に今年は暖冬なんです!

今までが暖かかったので、
品種によってはもう芽吹き始めているものもありますよ!

 

まだまだ小さいアンジェラの芽

 

バラの芽は枝の途中に無数にある赤い突起物です。

この芽が膨らみ始めると芽吹き間近となります。

 

芽が膨らみ始めているアンクル・ウォルター

 

立川モデルハウスのバラの中でも
ツルバラのアンクル・ウォルターなどは
すでに芽が膨らみ始めています。

 

芽吹き始めた枝

 

春になってから後悔しないように、
今の時期にしっかりとバラに栄養をつけてあげましょう!!

 

バラ部でした。