【バラ部】ピエール・ドゥ・ロンサールのベイサル・シュートが!!

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

久しぶりの良い天気!

レンガの洋館 立川

レンガの洋館 立川モデルハウス

 

でも良い天気はきょうだけで、
週末はまた雨、しかも台風がやってくるかもしれません!!

 

台風が来るとまたバラの枝が折られるんじゃないかと思うと
心配でなりません・・。

 

特にツルバラのベイサル・シュートは何としても保護してあげないとなりません!

 

ということで、
最近私の背を軽々と超えていったピエール・ドゥ・ロンサールのベイサル・シュート。

ピエール・ドウ・ロンサールのベイサルシュート 9月8日撮影

ここまで大きいと、強風で倒されてしまうので、
支柱に結ばないとな・・・と、
考えていたら・・・!!!!

 

 

なんと!!!!!
すでに根元から倒されていました・・・。

まだ葉っぱがピンとしていたので、
おそらく倒れて1日も経っていないと思います。

 

え~?そんなに風強かったっけ????

 

風のせいではないかも知れませんが、
とにかくショックです。

 

もっと早く支柱に結わえてあげればよかったと思っても
後の祭りですが、
数年ぶりに出てきたシュートだったので、
期待が大きかっただけに後悔ばかりしています・・。

 

5月のピエール・ドゥ・ロンサール

 

台風の備えは万全にしましょう。

 

バラ部でした。

 

【バラ部】この時期のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

台風21号で被害を被った後、
秋雨の時期に突入して
なかなかバラの手入れが思うようにいかないこの頃ですが、
今朝は久しぶりに天気が良かったので
バラの手入れをしました。

 

多くのバラがツボミをたくさんつけているので、
今月下旬から10月中旬までに見ごろを迎えそうな感じです。

 

今日現在に咲いているバラは一部ではありますが、
暑い時期に比べて花も大きくなってきました。

 

クィーン・エリザベス

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

アイスバーグ

 

ストロベリー・アイス

 

イングリッシュ・ヘリテージ

 

アンジェラ

 

マ・パーキンス

 

ゴールデン・セレブレーション

 

雨が多かったので
水やりは殆どしなくても大丈夫でしたが、
病気や害虫被害がまだまだ心配なので、
明日、消毒をしたいと思います。

 

 

それと、
今月の8日に発生を確認した
新米ツルバラのリバプール・エコーのベイサル・シュートは
40センチほどの背丈に伸びてきました。

9月8日の状態

9月23日の状態

 

2本のベイサル・シュートが順調に育っているので、
今年はこのバラは花を咲かせないようにし、
全栄養をシュートに回るようにしたいと思っています。

 

今年の冬剪定の時期に
パーゴラに誘引できると良いですね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】台風21号の傷跡

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

先日の台風21号は関西程ではないですが、
関東でもそれなりに被害が出ましたね。

 

台風が来た火曜日とその次の日は展示場がお休みでしたので、
今日が台風が過ぎて最初の出勤です。

 

バラ大丈夫だったかな???

 

そればかり気になっていました。

 

アンクル・ウォルター

前回の台風の時に誘引が外れてしまったアンクル・ウォルター、
応急処置をしてあったものの、
今回の台風で完全に破壊されてしまいました!

 

 

ピエール・ドゥ・ロンサール

その近くにあるアーチに誘引してあるピエール・ドゥ・ロンサールも
一部誘引が外れていました。

 

 

クイーン・エリザベス

ツルバラばかりではありません。

木立性のクイーン・エリザベスは風にあおられたようで
傾いていました。
しかも最近発生したベイサル・シュートが折れてしまっています。

 

 

ジュード・ジ・オブスキュア

シュラブローズ(半つる性)のジュード・ジ・オブスキュアは
枝が細いせいもあり、
若い枝が多く折られていました。

 

 

今日は南側の庭のバラしかチェックできませんでしたが、
どのバラも枝が折れたり、
風にあおられて枝同士が擦れあったために
枝が傷つき、芽がつぶれているものが多く見受けられました。

 

手塩にかけて育ててきたバラたちが
たった一晩でこんなに傷つけられてしまい、
悲しい、と言う以外に言葉が見つかりません・・・。

 

 

誘引が取れてしまったアンクル・ウィルターは
枝を元に戻したくてもワイヤー自体が切れてしまっているので、
枝を切り落として小さくせざるを得ませんでした。

アンクル・ウォルター 修正後

 

 

同じくツルバラのピエール・ドゥ・ロンサールは
太い枝が1本折れてしまっていましたが、
幸いにも若いシュートは無事でした・・。よかったぁ~。

ピエール・ドゥ・ロンサール 修正後

 

 

倒されてしまったクイーン・エリザベスは
鉄の支柱を立てて、
引っ張りあげて元に戻しましたが、
まだ不安定です。

クイーン・エリザベス 修正後

 

 

皆さんのお宅ではいかがでしたでしょうか?

 

まだ今年はもう一回開花する時期がやってきます。
それまでに元気な姿を取り戻してほしいですね。

 

バラ部でした。