【バラ部】冬に向けての準備

こんにちは。バラ部の霜島です。

秋バラシーズンですね。
立川展示場では、あちらこちらにバラが咲いています。
数は少ないですが、春バラよりも色が鮮やかに出ていて、一輪一輪キレイです。

さて、そんなまだまだ秋バラを眺めていたい時ですが、
そろそろ冬に向けて準備を始めましょう。

11月下旬になると徐々に葉が落ち始め、シュートの成長もとまります。
(写真は10月中ですが、葉が既に落ち始めています。)
また、10月以降に出てきたシュートはそのまま冬を越すことができないので、
もったいないですが根元から切り取ってしまいましょう。

 

そして、11月下旬には1年間頑張ってくれたバラ達に、お礼肥えをあげましょう。
冬はバラが休眠期に入るので、じっくりきいてくれる有機質のものがおすすめです。
土も健康にしてくれる優れもですよ。

 

また、冬は病気も減ってきますので、薬剤散布の回数も徐々に減らしていきます。
そして、マルチングを敷いている方は外して、処分を。
病原菌や虫が潜んでいることがありますので、焼却処分するとよいそうですよ。

最後に水やりです。
段々と回数を減らしていきましょう。
休眠期に入ったバラは、土が乾いたら水をあげる程度で十分なんだそうです。
頻度としては、3日に1回、5日に1回、1週間に1回と、徐々に回数を減らし、
根が腐らないように注意をしてくださいね。

 

これから冬選定が待っていますが、今から来年のバラが楽しみですね。

今年のバラ↓

ポールネイロンとアンクルウォルター

ラ・フランス、ルイ14世、グルース・アン・アーヘン

 

以上。バラ部霜島でした。

 

 

 

【バラ部】秋咲きのバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

気がつけば11月。今年も残すところ2ヶ月ですね。
時が経つのは早いものです。

 

今年はバラ達にとって難しい年でしたね。
8月と10月の記録的な長雨で、
ダメージを受けたところも多いのではないでしょうか。

 

さて、そうは言いましても今シーズン最後の花盛りの今、
立川展示場でも秋咲きのバラが健気に?咲いていますよ。

 

ツルバラのゴールデン・セレブレーション。
ツルバラの中では春以降の花つきが良い品種です。

 

こちらもツルバラのポールネイロン。
今年はこの株は頑張りましたね。
昨年はかなり弱った感じがしていましたが、
今年はシュートもしっかり出し、花つきも良く、
しかも花がしっかりとしていた印象があります。

 

こちらは木立性のクィーン・エリザベスです。
とにかく元気が良く、大きくなりすぎて
花を見上げる感じになってしまっています。
来年はもっと低い位置で咲くようにさせたいですが・・。

 

ブラスバンド。
オレンジ色の花がチャーミングです。

 

わたし一押しのストロベリー・アイスです。
中輪でグラデーションのある花びらがエレガントです。
目立たない場所に植えられているのが残念・・・。

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ。
花つきの良さは群を抜いていますが、樹形を保つのが難しいなぁ~。

 

房咲きフロリバンダ系統の元祖、グルース・アン・アーヘン。
上品なピンク色の花です。多弁の花なので散らしてしまうとお掃除が大変です。

 

みんな大好き、アイスバーグです。
この純白のお花は清廉、潔白な印象を受けますね。
春よりも今の時期の方が花数が少ない分、お花が大きいです。

 

今年もわたしと共に活躍してくれた相棒です。

とにかく切れ味が良く使いやすい剪定ばさみです。
使いすぎてグリップが親指側しか残っていません(笑)。

11月も下旬になると、気温の低下とともにバラの活動も弱くなってきます。
ツボミがついても咲かずに終わることが多くなりますので、
今のうちにお花を楽しんでおきましょうね!

 

バラ部でした。