【バラ部】ブルー・ムーンの復活

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

6月29日のオーナーズ倶楽部レポートで、
夏の元肥のお話しをいたしましたが、
その際に、まったく元気が無いバラとしてブルー・ムーンをご紹介しました。 ⇒こちら

 

そのブルー・ムーンですが、
努力の甲斐あって元気な芽が出てきましたよ!!

 

ここだけ季節感が違うのは相変わらずですが、
病気に比較的掛かり易い品種なので、
消毒をしながら育てて、
秋咲きに間に合わせたいと思います。

 

バラ部でした。

 

【バラ部】ツルバラのシュート~その4

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ツルバラの「ガートルード・ジェキル」のベイサルシュートは162cmまで成長しました。
前回(7月2日)のブログの時点では80cmだったので、
18日間で倍以上に成長したことになりますね!

 

鉢植えから地植えして半年ほど、
ようやくツルバラらしい雰囲気が出てきましたよ~!!

 

ただ、さすがにここまで伸びてくると、
強風で折れたりし易くなってきましたので、
支柱を立てて固定してあげました。

 

安定感は出てきましたが、支柱がちょっと短かったですね・・。
すでに枝の方が背が高いです。
これでは1ヶ月も持ちませんから、
もっと長い支柱を買ってきてつけ替えてあげようと思います。

 

 

さて、今の季節はシューが発生する時期ですね。

夏の2番花が終わり、お礼肥や元肥をあげたことで、
バラは栄養たっぷり。

でもその栄養を送るツボミや花は摘み取られてしまっています。

そこで、新しい栄養の送り先としてシュートを出すんですね。

 

ツルバラのシュートは大切に育てましょうね。

今から冬の誘引が楽しみです!!

 

但し、木立性のシュートはピンチして成長させないようにしてくださいよ!

木立性バラの「ブルー・バユー」

先端を折り曲げることを「ピンチする」と言います

木立性のシュートの枝は花をたくさんつけますが、
その後、良い枝を伸ばしていくことが無く、
他の枝の生育を邪魔するだけなので、
伸ばしても良いことないですよ。

 

バラ部でした。

【バラ部】ツルバラのシュート~その3

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

ツルバラの「ガートルード・ジェキル」は
6月10日にベイサルシュートが発生したのを発見しましたが、
それから1ヶ月足らずで、大きいもので背丈が80cmまで伸びてきました。

シュートはやわらかいで、支柱を立てて支えた方が良いのですが、
今回は場所が良かったのか、
今のところ他の枝が支えてくれていて、
支柱なしでもまっすぐ伸びてくれています。

なので、支柱を立てるのはもう少し様子を見てからにします。

 

 

一方、ベイサルシュート以外にも古枝の途中から発生するサイドシュートが
何本かあります。

 

サイドシュートはベイサルシュートほど良い枝ではありませんし、
ベイサルシュート自体5本も発生しているので、
エネルギーをベイサルシュートに集中させる為に
サイドシュートは切り落としてしまいます。

 

サイドシュートは4本ありました。切り落とし後はスッキリしましたね。

 

順調に育てば来年の春にアーチを覆うように花をつけて、
反対側から来ているピエール・ドゥ・ロンサールとの共演が楽しめそうです。

手前側がガートルード・ジェキル

 

来春まではツルバラのシュートの枝は花をつけません。
今年はとにかくひたすら真っ直ぐ伸ばして上げることが大切です。
誘引させるのは冬まで待ちましょう。

 

 

成長が早いシュートは、害虫たちにとっても良い餌食になり易いので、
秋まで害虫予防には特に気をつけてくださいね。

 

バラ部でした。