【バラ部】夏の元肥

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

暑くなってきましたね。
しばらく暑い日が続くようです。梅雨は何処へ~?

 

さて、今年は一つ初めての試みをしようと思います。

 

毎年、どうも元気が無いバラ、皆様のお宅にもありませんか?

 

そんな弱いバラを元気づけるべく、
夏なのに元肥をあげてみたいと思います。

 

立川展示場で元気が無いバラといえば、
こちらの「ブルー・ムーン」です。

ちょっと分かりずらいですが、
木立性のものとツル性のものと2株植わっています。

 

6月なのに葉が無い・・。

実は黒星病にやられた為、葉はとってしまいました。

 

花後の新芽が出ず、ましてやシュートも出ていません。

まったく成長が止まっているかのようです。

 

花後にはちゃんとお礼肥もあげましたし、
消毒などの手入れもしてきましたが、
ここだけ秋になったような感じです。

アイアンアーチの手前側がブルームーン。

反対側のゴールデン・セレブレーションや、
レンガの壁に誘引してあるテス・オブ・ザ・ダーバーベルズとは季節感がまったく違うようですね。

 

さて、元肥は冬のものと同じものを使います。
但し量は冬にあげる場合の2/3を目安にします。

 

使うものは牛糞、油かす、バラ用の化成肥料。

牛糞:油かす:肥料=3:3:1の割合で混ぜて混合肥料を作ります。

 

次に、バラの周囲に直径10センチ深さ20センチくらいの穴を
1株あたり2箇所掘ります。

2株あるので、4箇所穴を掘りました。
ここでの注意点は肥料をバラの根に直接当てないこと。
なので、株の大きさに応じて、やや離れた場所に穴を掘りましょう!

 

その穴に混合肥料を入れます。

あとは元の土をかぶせて、水をまいて一丁上がりです!!

 

今後、このバラ達の成長度合いをよく観察していきたいと思います。

効果が出るといいのですが・・。

 

その他のバラ達は概ね元気です。
ツルバラのシュート達のその後も気になります!!

 

またレポートいたしますね。

 

 

バラ部でした。

 

【バラ部】フロリバンダの摘蕾

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

今回はフロリバンダ系のバラの摘蕾についてご紹介します。

 

が、その前にツルバラのシュートの途中経過のご報告です。

001

まず、ガートルードジェキルは順調に成長しています。
今のところは消毒をしてアブラムシから守っている状況です。

 

009

バレリーナのシュートは大分伸びてきましたので、
支柱を立てて結えつけました。
決してきつくしてはダメですよ!!
シュートはやわらかいので、きつくするとかえって折れやすくなったり、
どんどん太くなりますので、紐などがめり込んで成長を妨げてしまいます。

 

002

今朝発見した、ポールネイロンのベイサル・シュート。
右側に緑色の新芽が出てきています!
この株はご覧の通り、過去数年はベイサルシュートを出してこなかったようです。
どれも木質化した古い枝ばかりですよね。期待大です!

 

003

こちらも今朝発見しました。
というより、今まで気がつきませんでした・・という方が正しいです。
ゴールデン・セレブレーションが3本のサイド・シュートを出していました!!
しかもすでに結構伸びています。
昨日の風でよく折れなかったなと感心しながら
それぞれ安全に結えておきました。
ベイサル・シュートではないのですが、大切にしたいと思います。

 

シュートを出したものは順調ですが、
まだシュートを出していないバラも多くありますので、
引き続き注意深く観察していきたいと思います。

 

 

さていよいよ本題です。

フロリバンダ系のバラといえば、一つの枝の先に房状に花をつけるので、
見栄えがとてもしますよね。

ブリリアントピンク・アイスバーグ

ブリリアントピンク・アイスバーグ

 

ただ、これからの季節は春ほどは花をつけなくなりますので、
花数を多くするよりは一つ一つの花を立派に咲かせるという選択肢も出てきます。

花をより大きく綺麗に咲かせる為には、ツボミの数を減らさないとなりません。

そこで必要となってくる作業が摘蕾という作業です。

006

こちらはフロリバンダ系のバラ「マ・パーキンス」のツボミです。
鈴なりにツボミがついていますね。

全部咲かせるのでしたらこのまま何もしませんが、
摘蕾して花を大きくしたい場合は中央の大きなツボミだけ残して他は摘んでしまいます。

007

かわいそうな気もするけど・・・

008

 

どちらかというと、ツボミ全部残すよりは
数を減らした方が結果的に樹形が綺麗になりますのでおススメです。

多少手間ですが、是非やってみてください。

005

ハイブリッド・ティー系のプリンセス・ドゥ・モナコ

ハイブリット・ティーにも負けないくらいの大輪の花に育て上げましょう!!

 

バラ部でした。

【バラ部】ツルバラのシュート~その2の続編

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

昨日、地植えしたばかりのツルバラ「ガートルード・ジェキル」のシュートが4本に増えたとご報告しましたが、
何と、今朝さらに2本増えていました。

003

この写真の右端のものが昨日発見したシュート。
1日ではっきりと新芽だと分かるまで成長しましたね。

中央の太い枝の根元にある赤い点みたいなのが、
今日発見したものの一つ目です。
まだホントに“点”でしかないので、見落としそうですね。

 

004

もう一つは別の枝の根元にありました。
写真の右側の赤い芽は昨日発見したシュートですが、
太い枝の根元に新芽が出ているのが分かりますでしょうか?

 

これで6本のベイサルシュートが発生したことになりました。
行け行けドンドンな感じです!!

 

005

更に、太い枝の地面よりは少し高い位置にも新芽が2つ出ていました。

これがシュートなのかどうかは観察しないと判断できませんが、
もしシュートだとすると、ベイサルシュートなのかサイドシュートなのか
どっちなんでしょうね?

 

とにかく今一番の成長株であることは間違いなさそうです。

来春が楽しみですね!!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】ツルバラのシュート~その2

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

先週、地植えしたばかりのツルバラ「ガートルード・ジェキル」から
2本のベイサルシュートが出たことをご報告しましたが、
今朝、新たに2本のベイサルシュートを発見しましたよ!!!

002

1週間で右側のものは3センチほどまで伸び、
左側の方も1.5センチほど伸びています。

注目は外側に赤い点が二つあるのが分かりますでしょうか?

003

004

 

どちらも水やりをしてる時に発見しました。
ごみだと水に流れるはずですが、全く動かない赤いものがあったので、
よくよく見たらシュートでした!

これで4本のベイサルシュートが発生したことになります。
アーチを彩るには十分ですね!
大事に育てたいと思います。

 

一方でやはり地植えしたばかりのツルバラ「リバプール・エコー」は
いまだシュートを出していません。

007

右側がガートルード・ジェキル、左側がリバプール・エコー。

 

ガートルード・ジェキルは2年間鉢植えとして育ててから地植えしましたが、
リバプール・エコーは苗木を直接地植えしました。

根のボリュームの差なんでしょうか?
リバプール・エコーも鉢で1年くらい育ててからの方が
良かったかもしれません・・。

005

健康状態は良好ですが、何ともまだ弱弱しい株ですね。
ま、夏の間にはシュートを出してくれるでしょう。

 

さて、シュートはどんどん大きくなっていきます。
ある程度大きくなってきたら支柱を立てて真っ直ぐ伸ばして上げましょう。
風で折れてしまったりしたら大変ですからね!

 

楽しみになってきました!!

 

バラ部でした。

 

 

【バラ部】ツルバラのベイサル・シュート

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

暑くなってきたこの季節、そろそろバラがシュートを出し始める季節です。

 

シュートとはとても勢いのある新枝のことで、
株元から発生するものを特に「ベイサル・シュート」と呼びます。

ベーサルシュート

 

花が咲き終わり、
地中に大きく根を張っているバラとしては、
根から来るエネルギーを伝える先が減り、
余ったエネルギーが新枝を出させるのだそうです。

 

木立性のバラの場合のシュートはある程度伸ばしたら先をピンチすると
以前のブログでご紹介しましたが、
ツルバラの場合はピンチせずにどんどん伸ばしてあげましょう。

ひと夏過ぎるころには2mくらいまで伸びますよ!

 

立川展示場では今朝、
冬に鉢植えから地植えに変更したガートルード・ジェキルという品種のシュートが確認されました。

001

去年まで鉢植えだった為に、全ての枝がまだ細く、
最も伸びている枝でさえ1mちょっとという株です。

 

019

花が咲いていた時の画像。
この花は香水の材料にされるくらい、香りが良いです。

 

花が終わり結構経ちますが、新芽が延びる気配が無く心配していました。

004

005

 

他の新種はみな、新芽を伸ばし始めているのに、なんでかなぁ~と思っていましたが、
根元を見てみたら・・・

002

赤い小さな芽が出ていました!!

 

更によく見ると・・・

003

もう一つ出ていました!!!!

 

まだ6月上旬ですから、秋までに2m超えまで伸びるのではないかと期待しています。

そしたら、アイアンのアーチに誘引して、
反対側から伸びてきているピエール・ドゥ・ロンサールとの共演が見られそうです!
来年になりますが(笑)・・。

 

このシュートの育て方について、順次ブログにアップしていきますので、
ツルバラを育てたい方、上手くいかない方などいらっしゃいましたら
ぜひご参考にしてください。

 

バラ部でした。

【バラ部】花ガラ摘みと新芽

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

梅雨に入り、バラ達も一休みしている時期ですね。

と言いましても、この時期は夏咲きに向かって大切な時期でもあります。

皆様、お礼肥はあげましたか?

 

さて、咲き終わった花を摘む「花ガラ摘み」という作業ですが、
何気なしに花首だけを切っていませんか?

 

バラという植物は、枝の先端にエネルギーを集中しようとしますので、
切ったあたりから新芽が出てきます。

002

 

ここでポイントになりますのが、この新芽をどの高さに出させるか?です!

 

 

バラは種類によって花枝をどれ位伸ばすのかが違いますが、
木立性のバラの場合、花はやはり目線より下に咲かせたいですよね。

007

 

 

これが、見上げるような位置に咲かせてしまいますと魅力も半減・・・。

006

これではせっかく綺麗に咲いても良く見えませんね・・。

 

そこで、花ガラ摘みをする時の枝を切る位置が重要になってきます!!

001

切る高さを決めるのは、

・全体の樹形
・その品種の枝を伸ばす長さ

です。

 

例えば写真の「クイーン・エリザベス」は、
春に伸びた花枝が約60センチほどでした。
つまり、次も60センチ伸びた位置に花を咲かせるということです!

003

全体的に大きめの株なので花を目線の高さで咲かせたいと思います。
よって、目線より60センチ下、お腹の高さくらいで枝を切り揃えます。
それくらいの高さにある五枚葉の上1センチのところで切りましょう!

 

このように花をつける位置をコントロールして、
より綺麗な花を咲かせてあげましょう。

 

立川展示場でも2年計画で数種のバラの花の高さを揃えようとしています。
来年が計画してから2年目になります。

今年の目標は枝の新旧交代。

その為には夏以降も肥料やりをせっせと行って
若くて強い枝をたくさん出してもらわないとならないです。

 

これから暑さと湿気の季節です。
病気や害虫が猛威をふるう季節の到来です。

でも負けずにバラ達を育てて、
皆様に少しでも喜んでいただけるように
花を綺麗にたくさんつけられるように頑張っていきたいと思います。

 

バラ部でした。