【バラ部】フロリバンダの花ガラ摘み

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

毎日暑いですね~。

こんな日は人も体力を奪われるような感じがしますが、
バラも同じく体力を消耗する季節です。

毎日の水やりと、
場合によっては肥料をあげるなどして、
バラの健康状態に特に注意しましょう!

 

さて、今の時期は
四季咲きのバラの2回目の開花が終わるころかと思います。

 

今回は房咲きのフロリバンダの花ガラ摘みについてお話ししたいと思います。

 

 

まるで大輪咲きのハイブリッドティーかのようなこちらのバラは
実はフロリバンダで、最後の1輪が咲いている状態です。

ご覧のように花もしおれかけていますので摘んでしまおうと思いますが、
さて、この枝のどこを切ったらいいでしょうか?

 

枝をよ~く見ていきましょう!

 

まず花首付近。

 

フロリバンダなので、他の花がついていた細い枝が残っています。
(赤丸のところです。)

 

さらに枝の下側を見ていきます。

 

その下にも花が摘まれた後の枝が残っています。
たくさんあるので、この枝はシュートだったようですね。

 

更にその下までいきますよ!

ようやく新芽を携えた葉っぱが見つかりました。

 

このような枝の場合、
新芽がついている葉の根本より上は
残していても成長もせず、芽も出さない、
残しておいても全く意味のない部分になりますので、
新芽のある葉の根本より5ミリほど上の部分で切ってしまいます。

 

殆どのバラは、
枝の一番上の芽だけを成長させようとしますので、
秋咲きに向けてこの芽が成長をしていくことになります。

 

切り落とした枝です。60センチくらいはありますでしょうか。

 

木立性バラの場合、
シュートは花を咲かせずに
ある程度の高さになった時点でピンチして
伸びるのを止めてしまうのが正解なのですが、
そのまま花を咲かせてしまった場合は
このように思いっきり切り詰めてしまいましょう。

 

シュートでない枝も
フロリバンダの場合は
新芽のある葉の根本まで切り詰めるのは一緒です。

 

是非実践して、奇麗な樹形を作っていきましょう。

 

バラ部でした。

 

6月のバラ

こんにちは横浜展示場バラ部の坪松です。
本格的に梅雨らしい日々が続いていますね・・・

実はバラを育てる上でこの梅雨の季節は一つの大切な時期なんですよ!!
というのも・・・・・

うどんこ病や

黒点病などの

病害が増えだすうえに、雨が続くと中々消毒できるタイミングがなく、
発生した病気が一気に株全体に広がりやすくなります。

そのためにも限られた天気のいい日には、しっかりと消毒をしてあげましょう!!
夏に向けてアブラムシやカナブンなどの害虫も増えてくるので、
殺菌材だけでなく殺虫剤も組み合わせて散布しましょう!!!
そして見つけたらしっかりと補殺しましょう。

この時期をしっかりと乗り切れば、秋口まできれいに花を咲かせてくれますよ。

ジュビリーセレブレーション 一期目より花が小さいのでお辞儀せずに綺麗に咲いています。

シンボルのクウィーンオブスウェーデン つぼみが沢山あるので、来週位が見頃になりそうです

ウィズレー

横浜展示場のバラも続々返り咲いています。
雨の滴るバラもいいものです。

 

横浜展示場はシュートはまで出ていませんが、立川展示場ではシュートが
出始めています。立川展示場ブログ

来年以降のエースに育てられるように、シュートを見かけたら
大切に育ててあげてくださいね!
特に若い枝は害虫に狙われやすいので注意が必要ですよ!!

 

「2017輸入住宅にぴったりなクリスマス飾り」オーナメント編

こんにちは。インテリアコーディネーターの霜島です。

前回に引き続き、輸入住宅にぴったりなクリスマス飾りのご紹介です。
今回は「オーナメント編」です。

クリスマスツリーに飾る、オーナメント。
これをツリー以外の場所に飾ると、手軽によりクリスマス感がUPする
プラスな飾り付けができちゃいます。

 

 

例えば、照明に。

吊るしただけですが、一気に華やかになってみえませんか?
照明自体がシンプルな場合は、より印象が変わりますよ。

★引っ掛ける場所がない場合は、針金で巻きつけたり、見えない位置にセロハンテープで固定がオススメです。

 

 

続いては、カーテンのタッセルに。

部屋にあわせてオーナメントの色を選ぶのもポイントです。
この部屋はシックな雰囲気なので、それを壊さないように、
オーナメントは「シルバー」を使いました。

ですが、お子さんのお部屋や、クリスマスツリーが飾ってあるお部屋には
定番カラーの「赤」や「緑」のオーナメントを使い
楽しいわくわくな雰囲気にすると良いかもですね。

 

あとは、いつものインテリアに加えて置いていくだけでも
こんなに季節感がでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真では、机の上や小物入れの中、お皿の上に置いていますが
他にも、透明の空き瓶や、ワイングラスを逆さにしてその中に入れるのも
おしゃれで素敵ですよ。

 

お部屋の模様替えは大がかりで大変ですが、
こういうイベントの季節は、少しインテリアに手を加えるだけで
一気に季節感が出て、お部屋の雰囲気を簡単に替えることができるので、
楽しいですね。

また、ツリーを飾ったりする時間が取れない!という方は、
空いてる数分の時間に、少しずつ分けて、
小物や今日ご紹介したオーナメントを飾るだけでも、季節感がでるので

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

「2017輸入住宅にぴったりなクリスマス飾り」ツリー編

こんにちは。インテリアコーディネーターの霜島です。

今年もクリスマスの時期がやってきました。
イルミネーションや、お店の中、飲食店では限定メニューがあったりと
街はすっかりクリスマス一色ですね。

さてそんなクリスマスの雰囲気を、お家の中でも楽しんでいますか?

今日は、輸入住宅にぴったりなクリスマスの飾り付けと、
もうひと手間加えてよりクリスマス感をUPさせる簡単な飾り付けをご紹介します。

 

 

まずは、クリスマス飾りといえば、一番の主役「クリスマスツリー」です。
立川展示場では、2か所に飾っています。

また、せっかくなので飾る場所も、
輸入住宅ならではの場所に置くのがオススメですね。

一つ目は、定番クリスマスカラーの「赤」を基調とし、
マントルピースの横に飾っています。

 

2つ目は、ホワイトクリスマスをイメージし、
「シルバーとブルー」を基調とし、シックにしあげました。
こちらは塔屋に飾っています。

 

写真ではわかりずらいですが、ツリーに電飾をまわしているので、
オーナメントが少なめですが、
電飾を付けない場合は、オーナメントをめいいっぱいつけるのがオススメです。
また、クリスマスツリーの下にプレゼントボックスをたくさん置くのも
海外のクリスマスらしさが出ますよ。

 

ちなみに、海外ドラマや映画で、クリススマスのお話しがあるものを観てみるのも
面白いですし、クリスマス飾りの参考になるのでオススメです。

個人的に好きなのは、
「ポーラーエクスプレス」「ホームアローン2」「フルハウス シーズン6 12話」です。
良かったら、ホリデー気分を映像でも楽しんでみてくださいね。

 

続いては、簡単にクリスマス感UPできる、プラスひと手間の飾り付け
「オーナメント編」です。

 

【バラ部】秋咲きのバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

気がつけば11月。今年も残すところ2ヶ月ですね。
時が経つのは早いものです。

 

今年はバラ達にとって難しい年でしたね。
8月と10月の記録的な長雨で、
ダメージを受けたところも多いのではないでしょうか。

 

さて、そうは言いましても今シーズン最後の花盛りの今、
立川展示場でも秋咲きのバラが健気に?咲いていますよ。

 

ツルバラのゴールデン・セレブレーション。
ツルバラの中では春以降の花つきが良い品種です。

 

こちらもツルバラのポールネイロン。
今年はこの株は頑張りましたね。
昨年はかなり弱った感じがしていましたが、
今年はシュートもしっかり出し、花つきも良く、
しかも花がしっかりとしていた印象があります。

 

こちらは木立性のクィーン・エリザベスです。
とにかく元気が良く、大きくなりすぎて
花を見上げる感じになってしまっています。
来年はもっと低い位置で咲くようにさせたいですが・・。

 

ブラスバンド。
オレンジ色の花がチャーミングです。

 

わたし一押しのストロベリー・アイスです。
中輪でグラデーションのある花びらがエレガントです。
目立たない場所に植えられているのが残念・・・。

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ。
花つきの良さは群を抜いていますが、樹形を保つのが難しいなぁ~。

 

房咲きフロリバンダ系統の元祖、グルース・アン・アーヘン。
上品なピンク色の花です。多弁の花なので散らしてしまうとお掃除が大変です。

 

みんな大好き、アイスバーグです。
この純白のお花は清廉、潔白な印象を受けますね。
春よりも今の時期の方が花数が少ない分、お花が大きいです。

 

今年もわたしと共に活躍してくれた相棒です。

とにかく切れ味が良く使いやすい剪定ばさみです。
使いすぎてグリップが親指側しか残っていません(笑)。

11月も下旬になると、気温の低下とともにバラの活動も弱くなってきます。
ツボミがついても咲かずに終わることが多くなりますので、
今のうちにお花を楽しんでおきましょうね!

 

バラ部でした。

 

【バラ部】夏剪定に向けて・・

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

8月は雨の日が続き、バラのお手入れも行き届かず、
病気や害虫の被害に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

実は、立川展示場のバラもまったく同様でして、
雑草もあいまって、
バラのお庭がジャングルのようになってきてしまいました。

 

この時期は蚊もどんどん寄ってきますので、
汗かきの私にとってはストレスが溜まる一方です・・(笑)。

 

今は四季咲きのバラの3番花が咲いている時期ですね。
この花が終わったら、いよいよ夏剪定の時期です。

秋のバラは春の花と違って色が深まって、また別の綺麗さが楽しめます!

 

その前に雑草や芝刈りもして、お庭を綺麗にしとかないと・・ですが、
ん~ん、何時やろうか、悩ましい・・です。

 

さて、シュートをグングン伸ばしているツルバラのガートルード・ジェキルですが、
もう2mはゆうに超えましたね!

 

支柱からは外せば、もう楽々アーチに届きそうです。

しかし、シュートを伸ばすのにバラ自身が全精力を傾けてるからだと思いますが、
この株はツボミをまったくつけようとしません。
咲いているピンク色のバラは、隣に植わっているブリリアントピンク・アイスバーグです。

ガートルード・ジェキルは来春まで楽しみはお預けですね!

 

バラ部でした。

【バラ部】見どころをご紹介

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

昨日予定していた「バラを楽しむ会」は中止となってしまいましたので、
天気が回復した本日の立川展示場のバラをいくつかご紹介します。

 

007

裏庭の一角。この写真の範囲だけでも8種類のバラがありますよ。

今年は例年に比べて開花が遅く、全体としても5分咲きくらいです。

この角度からは陰に隠れてほとんど見えないのですが、
ストロベリー・アイスという品種のバラがとても愛くるしい花を咲かせていますよ。

005

グラデーションのある濃いピンクの中輪の花です。かわいくないですか?

 

009

こちらも裏庭の一角。
手前のアーチにある黄色のゴールデン・セレブレーションと、
レンガの壁に誘引してある赤いポール・ネイロン。
ゴージャスなコンビネーションです。

 

011

表の花壇にあるマ・パーキンスです。
毎年綺麗に咲いてくれるバラで、育てやすくおすすめの品種ですよ。
来週あたりには上段のツボミが咲いているでしょうね。

 

013

こちらも花壇にあるラ・フランスです。
こちらは見ごろを迎えています。
香りがとても良いのですが、
肥料をたっぷりあげないと、
返り咲き以降の花つきが悪くなります。

 

014

表側のアーチです。
淡い紫色のラベンダー・ラッシーはまだ2分咲き程度ですね。
手前の白いバラはアイスバーグです。安定な存在感です。

 

008

品種によって花つきがまちまちですが、
さ来週くらいまでは見どころ満載なお庭になっていると思いますので、
是非、遊びにいらしてください。

 

バラ部でした。

 

【薪ストー部】ご紹介

開けましておめでとうございます。
薪ストー部の長浜です。

皆様は寒い年末年始をどうお過ごしたでしょうか?
私は埼玉の実家でコタツに入りながらお酒を飲んで箱根駅伝を観ていました。
ただ、コタツだけでは寒かったです。。。
『やはり、薪ストーブがあったらな~』としみじみ思いました!

ところで、去年の話になりますが薪ストー部のイベントに参加して頂いたW様がご自宅の薪ストーブで作った料理の写真を送って頂いたので、遅くなってしまいましたがご紹介したいと思います。

今回、作って頂いた料理は↓↓↓こちら↓↓↓です。

アルミホイルの中身は・・・

image3image2

そう。W様が作った料理は薪ストー部のイベントでお出しした焼きリンゴです。
おいしそうですね~。実際、上手くいったみたいです。
ちなみに、薪ストー部でイベントの前に練習で作った焼きリンゴは焼きすぎで失敗してしまいました・・・。
なので、W様が今回成功をして良かったです!!そして、写真を送って頂きありがとうございます。

皆様も薪ストーブで料理を作られたらまずカメラを手に持ち→写真を撮り→メールを是非送って下さい!メールをお待ちしています!!

今年も薪ストー部を宜しくお願い致します。

レンガ積みの家に似合うバラ2014.6.14

みなさんこんにちは!

バラ部の榎本です。

梅雨に入ってからというもの、雹が降ったり雷が鳴ったりと変な天気が続きますね・・・

今日はかなり天気も良く、かなり暑い日となりましたが、立川展示場のバラが咲いていました!

IMG_0975

 

IMG_0976

ルイ14世。綺麗に咲いてます。

IMG_0977

プリンセスドゥモナコ。

またこれから咲くバラもありますので綺麗に咲くよう中島、中嶋としっかり手入れをしていきます!

【煉瓦積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです】

ピエールの憂鬱・・・

こんにちは。バラ部部長の竹内です。

バラ愛好家の方々、バラの成長は順調ですか?

さて、展示場のバラ達にも、例のいや~なヤツ、
アブラムシがつき始めました。

だいぶ暖かくなってきましたからね。
これからは害虫達との戦いの季節でもあります!

我が、駒沢展示場では
アブラムシ対策が功を奏しており、
いまだアブラムシの出現には至っておりません。

が、しかし、
この冬に植えたピエール ド ロンサールの苗木が
早くも黒点病にかかってしまいました。

015

014

写真は発病した葉を取り除いた後なのでわかりずらいですが、
黒いしみや横変した葉が見受けられます。

通常、黒点病は梅雨時期などのジメッとした季節に出てくるものですが、
こんなさわやかな時期に出てくるなんて予想外です。

水のあげ過ぎだったのかな~と反省しつつ、
まずは水やりを少なくし、土の表面が乾いていないうちは
水やりを控えるようにします。

そして、病気を治す為に、
症状が出ている葉を全て取り除くほか、
黒点病に良く効くと言われる殺菌剤を
4日毎に4回ほど散布してみようと思います。

これはネットで発見した方法なのですが、
功を奏すかどうか、やってみないとわかりません。。

25日に全体のバラに消毒をしました。

001

新人の浜本君がスーツのまま、消毒を行ってくれました。
散布したのはアブラムシ用のスミチオンと殺菌剤のダコニール、
それに定着剤のダインを混ぜたものです。

それに加え、ピエール ド ロンサールだけ
今日、新たに消毒をしました。
散布したのは殺菌剤のサプロールです。

次は5月3日に散布するつもりです。
その時はサプロールではなくダコニールにしようと思います。
害虫に対してもそうですが、病気に対しても
同じ薬を繰り返し使うと、敵に耐性が出来てしまうからです。

今夜から雨の予報が出ていますので、
黒点病が悪化しないと良いのですが・・・。

心配です。

012

一見、順調に生育しているかのように見えますが、
なんとか、病気が治って欲しいです。

ガンバレ!! ピエール!!!

【煉瓦積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです】