【バラ部】バラ剪定ブッシュ編

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

バラの冬剪定の時期になりました。
暖かくなる前に、この寒い寒いあいだに
剪定をやってしまいましょう!!

 

バラを剪定する目的は・・、
●バラの樹形を保つ
●バラの花付きをよくする
●病気に掛かりにくくする

が挙げられますでしょうかね。

 

ということで、さっそくブッシュタイプ(木立性)からポイントをご紹介します。

 

こちらはハイブリットティーの「ティファニー」です。

12月のうちに葉はすべて摘んでしまっていますので、
枝だけの状態になっています。

この状態で、背丈は180センチほどあります。

 

◎細い枝から切っていきましょう!

バラにはたくさん枝がありますが、
まず最初に「鉛筆よりも細い枝」は場所にかかわらず切り落としてしまいましょう。
この時期に鉛筆より細い枝は、春になっても花はほとんどつけません。

 

◎全体の樹形を確認し、高さが半分になるまで切り詰めます。

鉛筆より細い枝を除くと、樹形がわかりやすくなります。
この状態からさらに太い枝を切り詰めていきます。

切り詰める目安は元の樹高の半分の高さ。

場合によっては3分の1の高さまで詰めても良いですよ!

この時に、ただ高さを切り詰めるのではなく、
まず古くなった枝は根元から切り落とし、
株全体を若返りさせましょう。
こうすることで花付きをよくさせます。
枝の新旧の境目は3年です。
若い枝が十分あれば、3年以上経っている枝はごっそり切り除きましょう。

その上で若い枝を切り詰めていきます。

若枝を切り詰める時は芽の位置に注意しましょうね!
基本的には残った枝の一番高い場所の芽が今後伸びてきますから、
左右、前後の位置や高さを、枝が伸びてきた時のことをイメージしながら詰めましょう。

 

最後に樹形を確認して終了です!

あとは消毒と寒肥をあげたら冬剪定は終了です!!
仕上がりの樹高は80センチでした。1メートル詰めたことになりますね。

 

※房咲きのフロリバンダ系の場合はハイブリットティーよりも枝が細い場合が多いので、
「鉛筆・・」ではなく「割り箸より細い枝」に変えてくださいね。
後の作業は同じです。

 

次回はツルバラ編を書きますね。そちらもぜひご覧ください。

 

バラ部でした。

 

1月のお手入れ【冬剪定】

こんにちは。バラ部の霜島です。

 

今年始めの1月のお手入れは【冬剪定】です。

まず、先月の12月のお手入れでご紹介した【剪定前の準備】の
葉を全て取る作業は終わっていますでしょうか?

12月のお手入れ【剪定前の準備】の写真

まだされていない方は、こちらのブログ→「12月のお手入れ」を確認して、
葉を取る作業を先にしてくださいね。

また、葉を取る作業から大体2週間程度あとに、冬剪定をするのがお勧めですので、
葉を取った後はすこし時間をおいて、バラを休眠状態にさせてあげてください。

 

 

さて、いよいよ本題の今月のお手入れ【冬剪定】にうつります。

まず、バラの種類によって選定の仕方が変わってきますが、
どのバラも、この5つのポイントを意識して剪定していきます。

☆冬剪定ポイント☆

●枯れ枝は全部切る

●弱々しい小枝は思い切って切り落とす
→目安としては、鉛筆よりも細い枝や柔らかい枝は切ってしまいます。

●古い枝も根元から切り落とす

●全体の高さを、1/2~1/3の位置までバッサリ切る
→育ちが早い種類や、赤色の枝は、元気でこれからグングン伸びてくれるので
思いきって切ってしまってもいいかもですね。

●病気の予防の為にも、風通し良く適度に間引きする

昨年の剪定の様子(立木性のバラ)

昨年の剪定の様子(ツルバラ)

剪定が終わったら、根っこの近くを掘って肥料を入れてあげれば、終了です。

バラが休眠している今のうちに、春の満開の時期を目指して
準備をしておきたいですね。

今年の立川展示場の冬剪定は、
今度、横浜展示場のメンバーと一緒に「冬の大剪定会」を行います。

※勝手に命名してしまいました(笑)

その模様をブログでお伝え出来ればなと思います。

 

段々と日が出てくる日が増え、以前よりは暖かくなってきましたが、
まだまだ寒いですので、防寒をしっかりして剪定なさってくださいね。
皆様が風邪をひかれないことを願っております。

 

 

【アウトドア部】デュアルスノーボード!

こんにちはアウトドア部の小林です!

今年最後の月に入りましたね。一年早いものです・・・

寒さもいよいよ本格的になって来ましたが、この時期はウィンタースポーツが盛り上がってくる季節ですね♪

ウィンタースポーツといえば、スキーやスノーボードが定番ですよね♪

スキーは大スキーな私ですが、スノーボードは大の苦手です(笑)

今回は2017年人気急上昇中の「デュアルスノーボード」というスポーツをご紹介致します!

「デュアルスノーボード」とは簡単に言うとスキーとスノーボードを合わせたスポーツです!

リフトを乗る際に片足を脱ぐことなくそのまま乗れて、尚且つスノーボートの靴と同じためスノーボードの方々と交換も出来るそうです!

スキーとスノーボードではなしえない技も出来るそうなので、私もチャレンジして今年はかっこいい男性になれるよう頑張ります!!(笑)

では!

「2017輸入住宅にぴったりなクリスマス飾り」オーナメント編

こんにちは。インテリアコーディネーターの霜島です。

前回に引き続き、輸入住宅にぴったりなクリスマス飾りのご紹介です。
今回は「オーナメント編」です。

クリスマスツリーに飾る、オーナメント。
これをツリー以外の場所に飾ると、手軽によりクリスマス感がUPする
プラスな飾り付けができちゃいます。

 

 

例えば、照明に。

吊るしただけですが、一気に華やかになってみえませんか?
照明自体がシンプルな場合は、より印象が変わりますよ。

★引っ掛ける場所がない場合は、針金で巻きつけたり、見えない位置にセロハンテープで固定がオススメです。

 

 

続いては、カーテンのタッセルに。

部屋にあわせてオーナメントの色を選ぶのもポイントです。
この部屋はシックな雰囲気なので、それを壊さないように、
オーナメントは「シルバー」を使いました。

ですが、お子さんのお部屋や、クリスマスツリーが飾ってあるお部屋には
定番カラーの「赤」や「緑」のオーナメントを使い
楽しいわくわくな雰囲気にすると良いかもですね。

 

あとは、いつものインテリアに加えて置いていくだけでも
こんなに季節感がでます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真では、机の上や小物入れの中、お皿の上に置いていますが
他にも、透明の空き瓶や、ワイングラスを逆さにしてその中に入れるのも
おしゃれで素敵ですよ。

 

お部屋の模様替えは大がかりで大変ですが、
こういうイベントの季節は、少しインテリアに手を加えるだけで
一気に季節感が出て、お部屋の雰囲気を簡単に替えることができるので、
楽しいですね。

また、ツリーを飾ったりする時間が取れない!という方は、
空いてる数分の時間に、少しずつ分けて、
小物や今日ご紹介したオーナメントを飾るだけでも、季節感がでるので

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

「2017輸入住宅にぴったりなクリスマス飾り」ツリー編

こんにちは。インテリアコーディネーターの霜島です。

今年もクリスマスの時期がやってきました。
イルミネーションや、お店の中、飲食店では限定メニューがあったりと
街はすっかりクリスマス一色ですね。

さてそんなクリスマスの雰囲気を、お家の中でも楽しんでいますか?

今日は、輸入住宅にぴったりなクリスマスの飾り付けと、
もうひと手間加えてよりクリスマス感をUPさせる簡単な飾り付けをご紹介します。

 

 

まずは、クリスマス飾りといえば、一番の主役「クリスマスツリー」です。
立川展示場では、2か所に飾っています。

また、せっかくなので飾る場所も、
輸入住宅ならではの場所に置くのがオススメですね。

一つ目は、定番クリスマスカラーの「赤」を基調とし、
マントルピースの横に飾っています。

 

2つ目は、ホワイトクリスマスをイメージし、
「シルバーとブルー」を基調とし、シックにしあげました。
こちらは塔屋に飾っています。

 

写真ではわかりずらいですが、ツリーに電飾をまわしているので、
オーナメントが少なめですが、
電飾を付けない場合は、オーナメントをめいいっぱいつけるのがオススメです。
また、クリスマスツリーの下にプレゼントボックスをたくさん置くのも
海外のクリスマスらしさが出ますよ。

 

ちなみに、海外ドラマや映画で、クリススマスのお話しがあるものを観てみるのも
面白いですし、クリスマス飾りの参考になるのでオススメです。

個人的に好きなのは、
「ポーラーエクスプレス」「ホームアローン2」「フルハウス シーズン6 12話」です。
良かったら、ホリデー気分を映像でも楽しんでみてくださいね。

 

続いては、簡単にクリスマス感UPできる、プラスひと手間の飾り付け
「オーナメント編」です。

 

12月のバラのお手入れ

こんにちは!バラ部の坪松です。

12月になり、本格的に寒くなってきましたね。
そんな12月はバラの手入れをする上でも大切な月です。
しっかりとお世話をしてあげて、春にきれいお花をたくさん咲かせましょう!!

 

さて、そんな12月のお手入れはズバリ【剪定前の準備】です。
バラの剪定は1月くらいに行うのが望ましいと言われていますが、
いきなり剪定をしてしまうと、せっかく蓄えた栄養素まで切り落としてしまいます。

 

そ・こ・で!!!

 

バラの葉っぱをすべてむしりとってあげてください。
こうすることで、バラは本格的な冬が来たと認識し、
冬越えの準備に入る為、散らばった栄養素を株元付近に集中させます。

before


 

 

 

 

 

 

 

 

after

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、剪定の時に栄養素まで切り落とさないで済みますね。
目安としては、剪定を行う2週間位前までに終わらせておくのがBESTです!
寒くて外で作業するのが億劫な季節ですが、春の感動の為に頑張りましょう!!

 

来月はいよいよ冬剪定!!寒さに負けずに頑張りましょう!!
12/16に開催される天草ハウジング【クリスマスパーティー】では、
天草ハウジングオリジナル バラの剪定講習会を開催します。

ご興味のある方はホームパーティー申し込みまで!!

横浜展示場 ROSE COLLECTION

 

 

 

 

 

 

【ジュビリーセレブレーション】
ピンクとオレンジのグラデーションカラーがポイント!!
花付きも良く、花びらも散りにくい品種なのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【クウィーンオブスウェーデン】
小ぶりな薄ピンクの花が可愛らしいです。
病気にも強く、ネーミングもスウェーデンスタイルの
横浜展示場にピッタリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【アンブリッジローズ】
横浜展示場で一番花付きが良い株です。
圧巻!!!
香りがとても良く、近くを歩くだけで幸せな気持ちになれます

 

 

【バラ部】12月のバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

12月になりました。

今月の16日に横浜展示場で「冬の剪定会」を行います。
寒いさなかになると思いますので、
ご参加いただく方は暖かい服装でいらしてくださいね。

お待ちしております。

 

さて、12月ともなれば、いよいよバラのシーズンの最終章になりますね。

立川展示場のバラ達も活動がかなり弱くなってきました。

 

アイスバーグ

 

ブリリアントピンク・アイスバーグ

 

咲いている品種は残りわずかとなってきました。

 

ただ、ツボミをたわわにつけている品種も幾つかあります。

レディー・ヒリンドン

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ

 

グルース・アン・アーヘン

 

今までの経験上のお話ですが、
ここ1週間の間に咲かなかったら、もう咲くことは無くなると思います。

 

特に今年の12月は低温傾向だそうなので、
私は来週までに咲かなかったら全て摘んでしまおうと思っています。

 

来週の日曜日が10日なので、
11日頃には咲いている花もツボミも全て摘み取り、
クリスマス明けくらいには冬剪定の準備段階となる葉の摘み取りをしようと思っています。

 

 

冬剪定は1月に行う予定です。

寒い季節ですが、来年に綺麗に咲いてもらえるように
愛情込めて作業をしていきたいと思います。

 

バラ部の竹内でした。

 

【バラ部】冬に向けての準備

こんにちは。バラ部の霜島です。

秋バラシーズンですね。
立川展示場では、あちらこちらにバラが咲いています。
数は少ないですが、春バラよりも色が鮮やかに出ていて、一輪一輪キレイです。

さて、そんなまだまだ秋バラを眺めていたい時ですが、
そろそろ冬に向けて準備を始めましょう。

11月下旬になると徐々に葉が落ち始め、シュートの成長もとまります。
(写真は10月中ですが、葉が既に落ち始めています。)
また、10月以降に出てきたシュートはそのまま冬を越すことができないので、
もったいないですが根元から切り取ってしまいましょう。

 

そして、11月下旬には1年間頑張ってくれたバラ達に、お礼肥えをあげましょう。
冬はバラが休眠期に入るので、じっくりきいてくれる有機質のものがおすすめです。
土も健康にしてくれる優れもですよ。

 

また、冬は病気も減ってきますので、薬剤散布の回数も徐々に減らしていきます。
そして、マルチングを敷いている方は外して、処分を。
病原菌や虫が潜んでいることがありますので、焼却処分するとよいそうですよ。

最後に水やりです。
段々と回数を減らしていきましょう。
休眠期に入ったバラは、土が乾いたら水をあげる程度で十分なんだそうです。
頻度としては、3日に1回、5日に1回、1週間に1回と、徐々に回数を減らし、
根が腐らないように注意をしてくださいね。

 

これから冬選定が待っていますが、今から来年のバラが楽しみですね。

今年のバラ↓

ポールネイロンとアンクルウォルター

ラ・フランス、ルイ14世、グルース・アン・アーヘン

 

以上。バラ部霜島でした。

 

 

 

【バラ部】秋咲きのバラ

こんにちは。バラ部の竹内です。

 

気がつけば11月。今年も残すところ2ヶ月ですね。
時が経つのは早いものです。

 

今年はバラ達にとって難しい年でしたね。
8月と10月の記録的な長雨で、
ダメージを受けたところも多いのではないでしょうか。

 

さて、そうは言いましても今シーズン最後の花盛りの今、
立川展示場でも秋咲きのバラが健気に?咲いていますよ。

 

ツルバラのゴールデン・セレブレーション。
ツルバラの中では春以降の花つきが良い品種です。

 

こちらもツルバラのポールネイロン。
今年はこの株は頑張りましたね。
昨年はかなり弱った感じがしていましたが、
今年はシュートもしっかり出し、花つきも良く、
しかも花がしっかりとしていた印象があります。

 

こちらは木立性のクィーン・エリザベスです。
とにかく元気が良く、大きくなりすぎて
花を見上げる感じになってしまっています。
来年はもっと低い位置で咲くようにさせたいですが・・。

 

ブラスバンド。
オレンジ色の花がチャーミングです。

 

わたし一押しのストロベリー・アイスです。
中輪でグラデーションのある花びらがエレガントです。
目立たない場所に植えられているのが残念・・・。

 

チャールズ・レニー・マッキントッシュ。
花つきの良さは群を抜いていますが、樹形を保つのが難しいなぁ~。

 

房咲きフロリバンダ系統の元祖、グルース・アン・アーヘン。
上品なピンク色の花です。多弁の花なので散らしてしまうとお掃除が大変です。

 

みんな大好き、アイスバーグです。
この純白のお花は清廉、潔白な印象を受けますね。
春よりも今の時期の方が花数が少ない分、お花が大きいです。

 

今年もわたしと共に活躍してくれた相棒です。

とにかく切れ味が良く使いやすい剪定ばさみです。
使いすぎてグリップが親指側しか残っていません(笑)。

11月も下旬になると、気温の低下とともにバラの活動も弱くなってきます。
ツボミがついても咲かずに終わることが多くなりますので、
今のうちにお花を楽しんでおきましょうね!

 

バラ部でした。

 

【ホームパーティー部】イベント告知

 

こんにちはホームパーティー部の小林です!

皆さん最新イベントの告知はご覧頂けましたか??

12/16(土)に横浜展示場にてクリスマスパーティーを開催致します!!!

バラ部合同で「冬のバラ剪定」やクリスマスにちなんだ「リース作り」またジャズコンサート等盛りだくさんですよ!!

バラ部の告知はこちらをご覧ください→クリック!

イベント申し込みの詳しいご案内はこちらから→クリック!

皆様のご応募お待ちしております♪

と、イベント告知はこの編にして今回は2015年に行われた「クリスマスパーティー2015」について簡単にご紹介致します!

「クリスマスパーティー2015」も今年と同じく横浜展示場にて行われました!

ー開始早々オーナー様との会話が弾みますー

沢山の方で大賑わいです!

まず初めに今回の目玉企画!立川展示場所長竹内・横浜展示場所長坪松による「ワインのテイスティング教室」を開催致しました!

ーテイスティング前の様子ー

ーテイスティング中の様子ー

しっかりと知識を付けた二人によるティスティングは、ワイン知識0な私もとても勉強になりました!

もちろんオーナー様にも喜んで頂き、大盛り上がりでしたよ♪

ー演奏中の様子ー

その後はおたしなみながら、毎年恒例のジャズコンサートをオーナー様とスタッフで鑑賞致しました!

モデルハウスでも優雅な曲が流れておりますが、生演奏は全く違いますね!!素晴らしい演奏に皆さん聞き入ってました♬

鑑賞後はジャズ演奏をBGMに皆さんで会話を楽しみました♪

ー記念写真ー

どうですか??クリスマスパーティーの雰囲気お分かり頂けましたか?

このように皆さんで楽しむイベントですので、是非ご参加ください♪

楽しいクリスマスパーティーにしましょう!

では!!