外がとても寒い…

こんにちは。横浜の岩瀬です。

寒いですね…。横浜の現在の気温、11度。

風も吹いていて外に出るのがいやになります…。

 

今朝、展示場の看板を付けに行ったとき、

ふと薔薇に目が行きました。

 

こんな寒いのになぜこんな綺麗に咲くのだろう…

写真だとわかりずらいのですが、

一番高いところが今たくさん咲いています。

 

 

薔薇はもともと寒さに強いとグーグル先生が言っていました。

 

ハウジングプラザ内の木々はほぼ枯れ、

枝も切り落とされていました。(プラザの人が切ったのだと思います)

 

いかにも冬!という雰囲気の中、薔薇たちが元気に咲いていると

「まだ暖かいよ~」って言っているみたいです。

冬は虫も少なくて私は好きですが、やっぱり寒さには負けます…

 

 

今日はこんな寒い中、たくさんのお客様がご来場しました。

 

来場したお客様のお子さんが元気に走り回っているのを見て、

子供ってどこからあんな元気が湧き出てくるのだろう…としみじみします。

あれ…すごくデジャヴ…。

 

外で立ち話は寒いですよね。いつでもお立ち寄りください。

最新映画ヴェノム

こんにちは。横浜の岩瀬です。

 

横浜展示場でも虹を見つけましたよ~

やっぱり、キラキラしたものって撮ってしまいますよね。

 

お休みの日に、

新作映画の「ヴェノム」観に行きました。

さすがマーベル、最後まで楽しませてもらいました。

ポスターを見る限りなんとなくスパイダーマンを連想しますが

スパイダーマンは一切出てこない映画でした。

 

しかし、スパイダーマンの映画にはヴェノムと同じ

「地球外生命体」は出てきていて…。

ややこしい話ですが、

とにかくヴェノムは1本の映画として満足できるものでした。

 

観る前は、ホラーか何か?、敵がメインの話か?と

色々と考えさせられましたが

結局はヒーローのお話です。

バッドエンドではなく、ハッピーエンド(?)でストーリーは終わりました。

 

 

私はこの映画を見て

来年3月公開の「キャプテンマーベル」を早く観たい…

と思いました。

(ヴェノムもマーベル作品の一つなので)

今年の4月にアベンジャーズ インフィニティウォーを見ましたが

やはりこの話の続きの鍵を握るのはキャプテンマーベルでなので

今からワクワクが止まりません。

 

それまでに今までの映画をもう一度Huluで見返したいと思います。

原宿のカフェ巡り

高橋です。

 

 

先月末に、原宿へ行ってきました!

若者の町、原宿には久しぶりに訪れましたが、わりとお店が変わっていなくて驚きました。

 

 

原宿へ行った理由はこちらのカフェが目当てでした。

 

 

「 鼻セレブカフェ 」

 

 

みなさん鼻セレブはご存知でしょうか?

手触りが優しい、花粉症の皆さんの味方!

うさぎやあざらしのパッケージが特徴的なあのティッシュ。

 

その期間限定出店カフェです。

 

 

この存在を聞いたときには耳を疑いましたが、店内の写真を見た瞬間「行ってみたい」と心に決め、その次のお休みに行ってきました。

 

ここで食べることが出来る物はLAで今、流行っているらしいです。(初耳でした)

多分鼻セレブのテーマカラーの青に合わせたのだろうなあと考えていますが、青いんです・・・・。

 

 

 

その正体は「アイスのわたあめ包み」でした。

コットンキャンディーブリトーというらしいです

注文をレジで行ったあと、作っていく工程を間近で見ることが出来ました。

 

青いわたあめを作り、それを天板の上に敷き、その中に俵状に成型した硬いアイス(コー〇ドストーンのような硬さ)を置き、巻き寿司のようにくるくる包んでいき、最後にトッピングを添えて完成です。

 

わたあめにアイスという組み合わせに驚きつつ、食べましたが、

わたあめが口の中でアイスより先に溶けて、甘さで満たされた後、冷たいアイスが溶け出してとても美味しかったです。

新しい体験は何でも楽しいですね!

ペロリと食べ終わってしまいました。

 

そして店内がとても可愛い!

白いケーシングが上品で、パステル調の青い壁とのバランスがとてもきれいでした。

食卓

 

鼻セレブのあのウサギさんとグリーティングもできました^^

背が高くて足が長いスタイル抜群のウサギさんでした。

鼻セレブカフェ

 

 

そのあと、友達のリクエストで竹下通りにある

「原宿乃豆柴カフェ」にも行ってきました!

整理券を並んで買っていたのですが、列のどこを見ても外国人しかいなくてそんなにも有名なところなのか・・・と驚きました(この店の存在を知らずに来たので)

 

いざ時間になって入ってみると、小さな柴犬が4-5匹歩き回っていました。

ちゃぶ台の下で寝ている子がとても可愛かったです。

 

すや

おや

 

ぱち

 

人懐っこくて走り回ったり誰かの足の上で寝たりと自由奔放でしたがそんな姿が愛らしい。。。

 

家で動物を飼えない状況なので沢山触れ合えて幸せでした!

 

 

鼻セレブカフェは終了していますが、こちらのカフェはまだありますので気になった方はぜひ癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

鎌倉の洋館

高橋です。

 

先月、鎌倉へ行ってきました。

長らく東京に住んでいながら、実は鎌倉に踏み入れたことがありませんでした。

 

そもそも鎌倉へ行こうと決めた理由というのは「○○へ行きたい!」という理由ではなく「どこか探検しに行きたい」気持ちでした。あとは交通の便で「比較的行きやすいところ」として挙げられたのが鎌倉。

 

 

友達に「プラン立ててもらえたらどこへでもついていくから」と言ってもらったので

早速その話の成立した退勤後の夜から二日間で調べ、しおりを作成して提出。

すぐにokサインをもらいました!

自分の提案が受け入れてもらえるのがとてもうれしかったので、方向音痴ながらも頑張って案内しようと意気込んで当日を迎えました。

 

 

鎌倉と言えば「鶴岡八幡宮」や「大仏」が有名ですが

この旅は私の趣味が混じっているので「洋館」をメインに回りました!

 

「旧華頂宮邸」はみなさん見たことがあるかもしれません。

ドラマなどでロケ地にもなったこの洋館は、1929年に建てられました。

元皇族の邸宅なのでとても立派な門構えでした。

かわいいクロスの柄の外観

 

敷地内に入ると大きな和風の木がお出迎え。

でもその木がちょうど建物の目隠しになっていて、少し回り込まなければ全体が見えないように配置されており、近くまで行かないと建物がわからない「ワクワク感」が得られるアプローチがとても良かったです。

門が開いた状態でした

 

そして腰掛けやすい石が配置してあったりと、木洩れ日が気持ちよいお庭でした。

青い屋根は銅板であるため、年季の入ったさびのある青と、植栽の緑の青がとてもきれいでした!

 

実は普段は外観のみの公開になっています。10月の土曜日に二回内覧会が開催されるとのことでしたが、私が訪れたのは平日でしたので残念ながら中に入る事ができませんでしたが。が、窓から中をのぞくことはできました。

 

落ち着いた色の机といすや、

黒いアンティークなイス

 

 

玄関から見たリビングに差し込む日差しとカーテンがとてもキラキラしていました。

 

硝子に映り込むキラキラな世界

 

 

ここの魅力はもうひとつ。

広いフランス式庭園です。

 

シンメトリーに配置された道と草花をテラスのセンターから眺めつつ近くを流れる小川の音を聞くことが出来るのは最高な気分でした。少しですが、バラもありました。(写真がなくてすみません)

ハーフティンバーの外観がとても好みだったので見ることが出来てとてもうれしかったです。

 

旧華頂宮邸

 

ちょっと長くなってしまったのでもう一つは次に回します。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

薔薇に潜む害虫

こんにちは。横浜展示場の岩瀬です。

 

毎朝、落ち葉を箒で掃いたりするのですが、

ふとガーデニングに目をやると、

綺麗に薔薇が咲いていました。

 

 

 

しかし周りの蕾をよく見ると、

まんまるにくり抜かれたかのような跡が。

誰がこんなことを!と思いますが害虫以外考えられません

 

 

こんなに綺麗に食べるんですね。

 

薔薇の害虫についてgoogleで検索したのですが

犯人はコガネムシorイモムシらしいのです。

 

私はてっきり、上の写真に写りこむ小さい黒い虫(バラゾウムシ)の

仕業だと思っていました。

バラゾウムシは蕾に噛みつくので、あのような食べ方にはならないです。

また、振動が伝わるとコロッと落ちてしまうらしいのです。

 

あのバラゾウムシ、実は死んだふりをしているのでしょうか。

何はともあれ、折角の蕾を食べられてしまうと悲しいですよね。

見つけ次第、駆除をしたいです。

 

では

東京世田谷 ミニ見学会

こんにちは。横浜展示場の岩瀬です。

 

段々秋が終わり、冬が近づいてきましたね。

11月に入る前、営業と一緒に世田谷区にある物件を見て回りました。

世田谷区と言えば高級住宅街。

そんな高級住宅街に天草のお家が並んでいるとなると、とても鼻が高いです。

 

見て回った物件は3つの物件です。

そのうち2つはレンガの家、1つは塗り壁の家でした。

天草が作る住宅の特徴の一つはレンガです。

 

一つ一つ積むので、実際に目で見てみると、とても重厚感があります。

また、塗り壁やサイディングの家も作っていますので興味のある方はぜひ

天草ハウジングにいらしてください。

 

外構も家と同じの外壁の煉瓦を積み、全体的にまとまりのある

お家に仕上がっています。黒の門扉がお家をさらに引きたてていると思いませんか?

 

 

 

白いレンガのお家は目地も白になっているので全体的に明るく、

上品な形に仕上がっています。

 

 

塗り壁のお家は装飾品が黒いアイアンが全体的に引き締め、

ヨーロッパの雰囲気が漂うお家に仕上がっています。

 

 

内装なども気になる所ですが、オーナー様のご都合もございますので、

営業とオーナー様と要相談、です。

 

また、私は初めて田園調布駅を見たのですが、

とても可愛いらしい駅で驚きました。

花がたくさん植えられていて、さらに近くには高級住宅。

街並みも最高でした。

犬を散歩しながら歩いてみたいですね。

 

では。

 

横須賀市の現場はすでにど迫力!

 

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング・横浜展示場

今日も秋空の下にお客様と、

街中の天草ハウジングのお家の

見学をしました。

いつ見ても、天草ハウジングのお家は

どれも個性的で素敵だなと思いました。

 

 

さてこちらは只今、

神奈川県 横須賀市で建方工事の真っ最中。

延べ床面積が100坪以上の大邸宅のM様邸。

M様邸も天草ハウジングを代表するお家になりそう!

 

先日、現在の様子を見てきました!

こちら!

神奈川県横須賀市M様邸

おお大きい!

二階の一部まで

壁が立ち上がり始めました。

ど迫力!

 

目下、ベテランの職人さんが一丸となり取り組んでくれています。

 

これがレンガ積みの洋館になって完成した時には、

どんでもなく素晴らしい雰囲気となるでしょう。

 

ワクワクが止まりませんね。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

足立区の「西新井大師」を訪れました

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング横浜展示場

気温が20℃前後の

過ごしやすい日々が続いています。

 

昨日はお仕事がお休み。

東京都足立区に行きました。

 

秋を感じながら、

関東三大厄除け大師の

西新井大師を訪れました。

真言宗豊山派のお寺です。

 

西新井大師 大本堂

大本堂はとても立派な建物でした。

十一面観音と弘法大師をまつっているのだとか。

 

中では数名のお坊さんが、

お護摩奉修という厄除け祈願などの

儀式をおこなっていました。

厳かな雰囲気でした。

 

水屋かわいい

参拝者を清める水屋の

デザインが素敵ー。

 

足立区にてリラックスしたひとときを

過ごせました。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ映画No.65

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

今回第65弾!

「ソウルガールズ」

です。

 

こちら1時間30分程度のノンフィクション映画となっております。

「ドリームガールズ」と非常によく似ているので好きな方はドハマりな作品だと思います!

ちなみに”ドリームガールズ”はアメリカ、”ソウルガールズ”はオーストラリアのお話です。

 

 

歌うことが大好きな3姉妹が主軸の映画となっております。

ある日長女と次女は白人の町の歌のコンテストに出場しますが、誰よりも歌がうまいのに黒人というだけで誰からも相手にされませんでした。

しかし、そのコンテストで進行役を務めていた白人男性は彼女たちの歌を認め、白人ながらも白人オーナーと衝突し、クビになります。

 

 

紆余曲折ありながらも従妹と三女を加え、彼は彼女たちを育て上げ歌で軍の慰問をする仕事につきます。ですが、戦争は悪化していき、、

 

というお話です。

舞台は戦争まっただ中のお話ですが、映画では彼女たちを主とするお話なので戦争のシーンはありません。嫌いな方でも見ることができます。

 

 

声がきれいな方の歌声は、やはりいつまででも聞いていたくなる様な映画です。

 

現在「Hulu」や「Amazonプライム」でも観ることが可能だった気がします。

ドリームガールズはビヨンセやジェイミーフォックス、エディーマーフィが出ていて有名となりました。

 

ビヨンセは格違いの歌声ですが、ソウルガールズも負けてませんよ。

 

ご興味が湧かれた方は是非ご鑑賞下さいませ。

おすすめ映画No.63

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

書いているうちに何を書いていて、何を書いていないのかが分からなくなっている昨今です。

今回第63段は!

「宇宙兄弟」

です。

 

2時間程度の名前の通り宇宙関係の映画です。

小栗旬さん、岡田将生さんが主としてストーリー展開が行われております。

高校時代、授業中に同級生と読みまわしておりました、、

決して授業が面白くない訳ではないんです。漫画が面白すぎるから悪いんです。

 

私がおすすめしたいのは映画ではなく漫画ですが、興味を持っていただけるのならば俳優さんからでもよいのでみてください。アニメもありますよ!

JAXAが協力しているとあってとても内容がとても濃い漫画です。

 

結果から申しますと2人とも宇宙飛行士にはなれるのですが、幼少期からの長い長い道のりの物語です。

簡単に冒頭部分を勝手にご説明させて頂きますと、、

弟のヒビト(岡田将生)が先に宇宙飛行士となり兄のムッタ(小栗旬)に「むっちゃん(宇宙)いかないの?」と声を掛けた所から物語が始まります。

ムッタは宇宙飛行士になるまでの間の宇宙飛行士試験でであう人々とのかかわり合い、ヒビトは宇宙飛行士になってからの困難がストーリーの大きな要点となっております。

 

個人的になのですが、天文学者のシャロン博士の言葉がとても良いんです!!

 

「迷ったときはね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。どっちが楽しいかで決めなさい」

「悩むなら なってから悩みなさい」

「It’s a piece of cake!(楽勝さ)」

「最初の動機なんてみんな大差ないわよ。好奇心だったり、憧れだったり、
入口は夢みる少年少女よ」

漫画を読んでいるとぐさぐさ来る言葉ばかりです。

 

住宅の特にお勧めできる内容はないのですが、本当に面白いのでご興味が分かれましたら是非ご鑑賞してみてください!