式場

高橋です。

 

先日、結婚式会場にお邪魔しました。

私情で残念ながら式典に参加したわけではないのですが、披露宴前の会場に少しお邪魔させていただきました。

 

 

実際にこういう準備をされた会場に行くのは「人生初」です。

 

飾られたお花や照明がとても綺麗で可愛らしかったです。

 

ブーケ

 

カーテン

 

テーブル

 

この式場のメインとなるのは宮殿の様な大きな太い白い柱が何本も前後にそびえ立つ柱の中に、

広く大きな階段があり、その上に真っ赤な絨毯がとても映えるロケーションが抜群にインパクトのあるところでした。

(わかりやすいので外観は控えておきます(笑))

 

 

大きいシャンデリアと右下に見えるのがドア、そして下に階段があります

 

二階からお色直しのあとに入場するための階段があったりと、テレビでしか見たことのない空間に終始見渡してばかりいました。

そのお色直し用のドレスのフィッティングルームをちらりと拝見しましたが、

もう布面積が違いますね・・・!可愛いドレスを見て私もテンションが上がってしまいました!

 

 

壁紙も照明も床のタイルもカーテンも、、、、ブラケットやシャンデリアのキラキラを目に焼き付けてきました。

天草ハウジングの施工物件でみたことのあるシャンデリアも素敵でしたが、規模が違うとこうも照明の数が多くなるのか・・とエネルギーなどの現実的なことに考えがちだったのですが、遮る努力をしながら小時間過ごしました。

 

小さなシャンデリア

 

色々と刺激になるので、またこういう場所に行ける機会があるとうれしいな~と思っています!

 

 

 

 

鎌倉のフクロウ

こんにちは。横浜の岩瀬です。

一昨日、お休みの日に友達と少しだけ鎌倉の小町通りを散策しました。

散策と言っても、時間が限られていたので滞在していたのは本当に少しだけでした。

 

友達は福島から遊びに来た子だったので、

「暖かい!いい天気!」と言ってました

 

東北の天気はどうか、聞いてみたところ

「毎日雪。みんな外では長靴だよ」

やっぱり、関東と東北では寒さが全く違うみたいです。

鎌倉も神奈川の中では南側に位置しているので、

より暖かく感じたのでしょうか…。

 

そんなたわいもない話をし、電車に揺られながら鎌倉に到着。

まず昼食を食べました。

 

そして、気軽にフクロウと触れ合える「フクロウの森」へ行ってきました。

入口にはふわっふわのメンフクロウがお出迎えをしてくれてます。

中には約20匹くらいのフクロウが木に留まっていました。

 

消毒をしてから、頭や背中を撫でられます。

中には、面白い柄のフクロウが…

全体的に黒っぽくて、ペンギンみたいでした。

 

 

また、くちばしで指をつついてくる子もいたので、

初めて行く方は気を付けた方かいいかもしれないです。

特に写真のミミズクは触ろうとすると、目をカッと見開いて警戒します…

 

 

この写真はシロフクロウです。

足の毛が一段ともふもふしていて、触りたいなぁ…とずっと思っていました。

 

ですが、鳥類にとって嘴と足は武器の一種。

懐いていない子には手を足に近づかないよう注意しましょう…

 

クロスの続き

こんにちは。横浜の岩瀬です。

 

前回…と言っても随分前の話になってしまうのですが、

クロスのお話をブログに書きました。こちら

そちらの続きで、

天草で実際に施工したクロスを再び貼っていこうと思います。

 

やはりクロスは同じ柄でも色が違ったり、

若干素材が違ったりと何千通りと種類があり、

じっくり時間をかけて選ぶお客様は沢山いらっしゃいます。

 

これからお打合せでクロスを選ぶお客様へ、

参考までにこの記事を読んでみてください。

 

まず、1面にクロスを貼る方法。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMER

 

こちらのお家は、フローリングがパイン材・サッシがや柱の装飾がホワイトである為

奥の壁紙1面がパステル調の緑で、優しい雰囲気を出しています。

また、1面だけ貼って他は無地のホワイトだと、より1面が引き立って見えます。

シンプルでかわいいクロスの貼り方です。

もし、フローリングがブラウン系であれば、

1面をダークに染めると、シックに決まりかっこよく仕上がると思います。

 

 

次に、腰パネルを入れる方法。前回は、チェアレールを入れて上下クロスの写真でしたが、

こちらは木材のパネルをいれる方法。

クロスよりお値段が張ってしまいますが、一層高級感が増します。

ゴールドのペーパーホルダーも、ホワイトの腰パネルと相性が良いですね。

 

最後に、色合について。

これは個人的に好きなのですが、

上下でクロスを分けて、同系色を選ぶ方法です。

 

写真を見てわかる通り、全体的にまとまりがあり

3つもクロスを使っていてもブルーで統一され、

グラデーション風に仕上がりとてもオシャレに決まっています。

 

また、天井を無地のブルー、

上下に花柄と無地のホワイトを使っても良いかなと私は思います。

 

クロス選びは無限に方法があってまだまだ話足りないものもありますが、

今日はここまでにさせていただきます。

長々と失礼いたしました。

クロス(壁紙)選び

こんにちは。横浜の岩瀬です。

 

ただいま打合せしているお客様が、

1階と2階で違うテイストにするよう、ご要望がありました。

 

1階の洗面台は花柄のボウルを使用した華やかな1室に。

2階は洗面台の色を黒にし、シックな雰囲気に。

住宅設備の色が決まった為、あとはクロス(壁紙)のみとなりました。

クロス次第で、部屋の雰囲気は一気に変わります。

 

花柄のボウルがある1階パウダールームは、無垢扉の洗面台なので

クロスも花柄で揃えるとエレガントなパウダールームになります。

トイレの写真ですが、参考までに

少しエレガントすぎる?と思われる方もいらっしゃると思いますが、

そんな時は上下でクロスを貼り分け、可愛らしさを残しつつ

北米風なパウダールームにしても良いと思います。

 

2階の洗面台はシックで黒い洗面台。扉が無垢扉で色はパールホワイト。

そのままモノクロを基調として

壁紙もダーク系にしてもかっこよく仕上がりそうです。

 

ですが、落ち着いた雰囲気も取り入れつつ…

 

こちらの壁紙をオススメ致しました。

また、クロスの貼り方として全面に貼らず、見せたいところの壁に

1面だけ貼り付けるという方法もあります。

 

「柄が強すぎる」「目立ち過ぎず、ワンポイントがほしい」

と思う方は1面だけ、貼ってみてください。

DIYでもこの方法はよく聞きますよね。

 

また、壁紙にはボーダー状の細いクロスもあります。

腰高に貼り、それでクロスを貼り分けても可愛らしくなります。

 

他にも、ボーダーを天井高と同じ位置に張り付けている方もいました。

 

クロス選びはとても重要に感じます。

家具の配置や色などを見越しながら選びたいですね。

横須賀の北米住宅。

こんにちは。横浜の岩瀬です。

週末は寒くなるぞ!と、月曜辺りに言われ、覚悟をしていましたが

今日は本当に寒いです…。

おまけに、神奈川で雪がちらついているそうな。

 

雪は綺麗で好きなのですが、やっぱり寒さには勝てないですよね。

真夏の時は「冬の方が我慢できる!」と言っていたのですが、

実際はどっこいどっこいの勝負です。

さて、話は変わりますが、一昨日横須賀市M邸の現調へ行ってきました。

本当は12月中に行こうと思っていたのですが、

中々行けずにいて、やっと10日に見ることができました。

 

現場へ着いた時はすでに日が落ちてしまっていたのですが、

外観はまだぎりぎり、見ることができました。

煉瓦も積み始めていたのですが、色までしっかり見れず

そこだけ残念だったな、と思いました。

 

M邸で使用する煉瓦の色はピンクで、焼きムラのある煉瓦だそうです。

よーく見てみたのですが、やはり暗かった為色の具合がわかりませんでした…

 

内部の方も見ていくことができました。

 

職人さんが玄関ホールで作業をしていましたが、

室内と言っても中の空気がひんやり。ストーブをつけながら作業をしていました。

夜遅くまでご苦労様です…。

 

中は中で、ものすごい広かったです。

動線もしっかり計算されていました。特に二階のランドリー、収納。

3方向から収納部屋へ行けるようになっているのと、

ランドリーでの洗濯物をそのまま収納することができます。

 

また、廊下の幅は大きく取り、立川展示場のようになっていました。

これだけ幅にゆとりがあると、荷物を運んだり、

誰かと入れ違いになる時、ぶつかることも少ないですよね。

 

 

大豪邸、これからどんどん出来上がっていきます。

また時間があるときに見に行きたいなと思いました。

 

鈴木大拙館

高橋です。

 

金沢旅行記最終回です。

特に面白みがなく申し訳ないのですが、良い場所なんだなあと新しい旅行の行き先のリサーチとして見てみて下さい。

 

21世紀美術館を後にして、旧中村邸の前を通ったさきにある本多の森へ行きました。

 

金沢 旧中村邸 外観

 

こちらの旧中村邸は、酒造業を営むの家を平成元年に移築し、現在では伝統文化などの展示場や貸しスペースとして運営されているそうです。

町屋ならではの道路に大きく開かれる戸の格子が綺麗な建築でした。

玄関 金沢 旧中村邸

 

金沢 旧中村邸外観

その奥に滝が流れているのを、金沢に行く前にGoogleで探検していた時に確認しておいたので、ちょっといい木漏れ日が見れるのでは・・?!と期待していました。

当日は曇り時々雨でチャンスは見込めないかな・・・と思っていたのですが、

ちょっと暗めの撮影をしていたら、

丁度晴れ間がのぞいて、すごくきれいな日差しが・・・・・・・・・・!

 

美術の小径

秋になると日差しが奥深くまで差し込むのでとても好きです。

 

 

ここの正式名称は「本多の森」だそうです。別名「美術の小径」というらしく、

インスピレーションが湧いてきそうな程よい小道と階段があり、

吹き抜ける風と流れる水の音が心地よかったです。

 

 

そのあと目的の建築を見に行きました。

それまでの道もかなり綺麗で・・・・日差しに照らされてキラキラした世界を堪能しました。

鈴木大拙館への道

 

 

 

その先に見えたのは、こちら「鈴木大拙館」です。

鈴木大拙館

谷口吉生さんという建築家が設計した美術館です。

美術館、というよりも

「鈴木大拙さんに関して自ら思考し考えるための学習空間として在る建築」

ととらえた方が正解なものかもしれません。

順回路 鈴木大拙館

順路にあるスロープがとても楽な勾配で設計されているなあ。。。と資料を見つつ歩いた先には、水が張られた庭がみえました。

 

柳のたれる姿がそのままリフレクションしていてとっても美しかったです。

 

波紋 鈴木大拙館

また、その下から定期的に水が控えめに湧き出るのでその波紋も楽しむことが出来ます!

ベンチに座って洗練された空間に座って傾く陽を見ている時間がとても贅沢に思えました。

 

 

建築を学んでいない友達も、気持ちがいいとここを気に入ってくれてプログラムの最終地点にもってきてよかった~!と嬉しかったです。

 

 

谷川さんの建築はまだ金沢にたくさんあるのでもしまた来る機会があればめぐってみたいなと思います。

 

 

 

 

最後におもてなしドームとその中の屋根の構造を撮って新幹線で東京へ。

行きとは打って変わってぐっすり寝て帰りました(笑)

 

 

長々とここまでお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薔薇の実が展示場に実りました

こんにちは。岩瀬です。

 

今朝、草むしりをしていた所、見かけないものを発見しました。

 

実のようなものを発見しました。

明らかに蕾ではないです。まん丸に実ってます。

 

よく見てみると、喰われたような跡があります…

他に実ってる部分はないか探してみたのですが

残念ながら1つしかありませんでした。

 

実の周りには、他の実があった痕跡があるように見えます。

もしかしたらこの実以外にあったのかもしれないです。

 

実を言うと私、薔薇の実を見たのが初めてだったので

これが本当に薔薇の実かどうか確信が持てません。

しかし薔薇が咲いている枝から実はなっていた為、間違いはなさそうです。

 

薔薇の実は「ローズヒップ」と呼ばれていますが

そこで連想するのがローズヒップティー。

 

食用のローズヒップを使えば、ご家庭でも簡単に

ローズヒップティーを楽しむ事ができます。

(残念ながら横浜に咲いている実は食用ではないで作ることはできませんが…)

 

ローズヒップをカットし、種を取りオーブンで乾燥させ、

茶こしに乾燥させたローズヒップを入れ熱湯を注ぐ。

2~3分置いておくと出来上がるそうです。

 

ビタミンCが豊富で美肌効果があるそうです。

酸味が強いためハチミツを入れて甘さを足してもいいかもしれません。

 

家で今度チャレンジしてみたいと思います。

今日の横浜展示場

 

富士河口湖紅葉まつり

高橋です。

 

今月頭に、山梨県の河口湖付近へ紅葉狩りをしに行ってきました。

 

両親揃ってどこかへ行くのは久しぶりでした。

 

まずはじめに向かったのが、「オルゴール美術館」・・・・の近くです。

 

ここに被写体が欲しい

 

 

中には入らず、河口湖の周辺の落ち葉が綺麗だったので少し散歩をしていました。

 

その後目当ての「紅葉トンネル」へ行ってきました。

山梨県河口湖 紅葉トンネル きれいに撮れました!

 

私が行った頃はまだ色づき始めだったので青と赤が混ざっている状態でした。

 

今行くと、紅葉したもみじの葉が川に落ちて紅葉絨毯となっていて、とても綺麗なんだろうと想像しています!

 

 

紅葉が綺麗

 

日が暮れる前に一度通り、親は疲れたそうなのですが、

私としてはちょっと滞在時間的に物足りなかったので、歩こうと誘って当てもなく歩いていると、何やら面白い門がありました。

その周りにある海藻みたいなのがインパクト大でした。

覗いてみた 久保田一竹美術館というらしいです

 

ここは美術館らしいです。

美術館に入るまでのアプローチ、ここが無料ゾーンとは思えないほどの空間でした。

 

 

その抜けた先にある美術館の入り口まで行って満足してしまったのと小雨が降り始めてしまったので帰路につきました。

 

 

久保田一竹美術館

 

久保田一竹美術館

 

帰り道にもう一度紅葉トンネルを抜けようと思い、近くまで行ったら少し薄暗かったのでライトアップされていました!

 

今年の紅葉のライトアップを見るのははこれが最初で最後でしたね・・;

 

ぶれてしまった;;

もう少しじっくり見ておきたかったなあ~と思っています。

 

まだきれいに紅葉が残っていると思うので是非気になった方は見に行ってください!

 

 

最新映画ヴェノム

こんにちは。横浜の岩瀬です。

 

横浜展示場でも虹を見つけましたよ~

やっぱり、キラキラしたものって撮ってしまいますよね。

 

お休みの日に、

新作映画の「ヴェノム」観に行きました。

さすがマーベル、最後まで楽しませてもらいました。

ポスターを見る限りなんとなくスパイダーマンを連想しますが

スパイダーマンは一切出てこない映画でした。

 

しかし、スパイダーマンの映画にはヴェノムと同じ

「地球外生命体」は出てきていて…。

ややこしい話ですが、

とにかくヴェノムは1本の映画として満足できるものでした。

 

観る前は、ホラーか何か?、敵がメインの話か?と

色々と考えさせられましたが

結局はヒーローのお話です。

バッドエンドではなく、ハッピーエンド(?)でストーリーは終わりました。

 

 

私はこの映画を見て

来年3月公開の「キャプテンマーベル」を早く観たい…

と思いました。

(ヴェノムもマーベル作品の一つなので)

今年の4月にアベンジャーズ インフィニティウォーを見ましたが

やはりこの話の続きの鍵を握るのはキャプテンマーベルでなので

今からワクワクが止まりません。

 

それまでに今までの映画をもう一度Huluで見返したいと思います。

小田原の煉瓦の家 着工しました!

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

天草ハウジング 横浜展示場

打合せ進行中の 神奈川県 小田原市のW様邸新築工事。

現場はどうなっているでしょうか!?

チェックをしに行きました。

 

神奈川県 小田原市 W様邸

先日までは地縄の状態

いよいよ基礎工事が始まりました!

W様邸の建築スタートです。

 

来年の春のお引渡しまで、

工程は進んでいきます。

 

いよいよ神奈川県 小田原市に、

天草ハウジングのレンガ積みのお家が建ちます。

 

完成イメージ

職人さんと協力しながら、

素敵な洋館を造っていきます。

 

がんばるぞ!