鎌倉の洋館2

高橋です。

 

このブログの続きです。

 

帰り道に竹林を歩いて

 

報国寺の竹林

 

 

「もみじ茶屋」へ向かいました。

 

食べ歩きで有名な小町通りの鶴岡八幡宮近くにあります。

お昼ご飯の前にデザートをいただいてしまいました。

もみじ茶屋の抹茶ティラミス

私は抹茶ティラミスを注文。

 

桝に入ったそれを見た瞬間、

「 芝生だ 」

と感想を漏らしてしまったくらい、芝生のリアリティがあふれていました。

細かく言うと、建築模型や鉄道ジオラマでよく使われるあの芝生に酷似していました(笑)

 

 

ティラミスの味はもう美味しいの一言。

調べてみると結構有名なお店らしいですね!京都にもあるとか。

平日でも小町通りは人通りが多く、遠足の小学生や観光客で賑わってました。

それでも10分以内に席に座れたのでスムーズにいけて満足度も高かったです!

 

 

その後に鎌倉駅から江ノ電で由比ヶ浜駅へ向かいました。

人生初の江ノ電に乗車。こじんまりとしている車両の窓から見える景色が近かったです。

 

 

次に向かったのは「鎌倉文学館」。

こちらの洋館は、以前私がブログに載せたことのある「旧前田伯爵邸」の「別邸」になります。

 

そのブログはこちら

 

この建築もハーフティンバーがあり、スパニッシュ瓦を用いた青と茶の色合いが素敵な外観です。

鎌倉文学館

こちらの建物の中には入ることが出来ます。(撮影は禁止されています)

折り上げ天井の形が曲線になっていて特徴的だったのがとても印象に残っています。

 

こちらのお庭にもバラが植わっていました。丁度、秋薔薇の時期だったので知っている薔薇の花がないかな~と探していたところ、

天草ハウジングの横浜展示場にある「プリンセス・ドゥ・モナコ」を見つけることが出来ました!

 

他には鎌倉の地元の薔薇、フランス、ドイツなどの様々な国の原産の薔薇がありました。

名前を失念しました

紫色が綺麗

 

この日最後に向かったのはこの高台にある「長谷寺」

少し石段を上った先の景色は、鎌倉市内と海を一望出来て最高でした。

 

長谷寺の上からの景色

 

帰り道に「鎌倉高校前」に寄って海に一番近い場所でちょっと沈んだ夕日を眺めて帰りました。

 

 

一度も道に迷わず、一日で全部予定の場所を回ることが出来て大満足な旅でした。

友達も満足してもらえたみたいで、そちらとしてもとても嬉しかったです!

 

 

 

 

新宿がかわる?

ICの高橋です。

 

先週のお休みの日に、友達と新宿で遊んできました。

新宿は大学の時に通っていた駅なので、

私にとって授業後に街歩きをしたりして探索を楽しんでいた駅です。

久しぶりに歩くとやはりいろいろなお店が変わっていました。

 

毎日通っていた駅は、結構お店の移り変わりが激しいです。

半年に一回くらいの周期で変わるテナントがあり、そこは魔の空間なのでは・・・!?と思わせる場所もあるので

本当に都心って成功者と敗者が分かりやすくて目まぐるしく変わるな~と

しばしば考えてしまいます。

 

道路をまたいで横に広い公園です

 

変わるのは、建物だけではありません。

新宿西口の都庁横にある、「新宿中央公園」をご存じですか?

その公園は広いのですが、なかなか平日に人が集まっている姿を見ることがありませんでした。

私個人としての印象は、夕方から夜までダンスを練習している人が多いイメージですね。

あと、近くの高架下にホームレスの方が多いのでちょっと怖いイメージを持っている人が多いかも・・しれません。

左が中央公園、右が御苑

「新宿御苑には行くけど新宿中央公園にはいかない」

という人が多くいると思います。

体感するその公園までの体感する距離は中央公園のほうが近いイメージです。

(御苑は地上を歩いて行ったからかもですが)

 

そこが近い未来、変わるそうです。

公園としての形態は同じものですが、園内のゾーニングを変えていくらしいです。

せっかく大都市の中にある、広くて綺麗な屋外無料休憩所なのに、

あまり利用されていないのは残念だなと思っていたので、私も楽しみにしています。

 

 

 

天草ハウジング 内観 施工例

天草ハウジング 施工例

築地探索③

ICの高橋です。

 

間が空いてしまいましたが、築地に行ったときの話の続きを・・。

 

築地は

「市場の賑わい」

「新鮮な海産物」

「卵焼き」

などの印象のある街だなあと思っていました。

 

 

人の層は、

築地は新鮮な仕入れものを手に入れるために集まる業者さんや、

一般の買い出しにきた人、近くにいたから腹ごしらえに来た人、

そして観光客。

そういえば築地って日本の観光名所でもありました。

人が沢山いて立ち止まって写真を撮るには難しい場所でもあるので、

人があまり映らない街並みを撮ることが難しいのですが、

それを利用させてもらった写真を撮ってみることにしました。

 

邪魔にならないところに立っていると

ちょうど同じポーズをした方がいらっしゃったので、

面白いなと思って後ろ姿をお借りしました。

 

 

風景を撮っている人

 

風景を撮っている人

 

 

その人が撮っている風景

その人の撮ろうとしている風景

 

 

 

裏手に回ってみると、朝の仕分けや競りで忙しかったであろう

裏側もちょっと見たりして、満足して帰りました。

 

私的に車の中にあるクッションが気になる

 

築地の裏側はさすがに関係者でないと入れないな~と思っていたのですが、

わりと普通に歩いている外国人観光客とかいらっしゃったので、

あ、いいのかな・・と思ってしまいました(笑)

人物がシルエットになっていたらかっこよかったかも

 

今度行くときはササッと見て来たいものです。

 

では。

 

 

 

 

羽の伸ばし方

ICの高橋です。

 

 

四月が始まって半月経ちましたね。

新年度。新しい環境に入った方もたくさんいらっしゃると思います。

慣れない毎日で心身ともに不安定な人も多いはず。

 

周りでも、そういった環境が変わり、新しい生活を始めている人たちがたくさん。

私自身も仕事のメンバーが変わり、新鮮な日々を送っています。

 

 

ちょっと羽を伸ばしたいなと思っちゃいますよね。

そんなときは温泉など行くと癒されると聞きます。

 

蛇口

 

親が2,3カ月に一回は温泉へ行こうと言ってきますが、みなさんもよくいかれますか?

私は家の湯舟で満足してしまうのですが、天草の社員でも日常的に温泉に行く人がいて驚きました。

 

 

 

大きなお風呂という点で類似したものに銭湯が挙げられます。

いつか富士山の絵のかいてある銭湯へ行ってみたいなと思っていたのですが、

そういえば夏に行っていました。

 

ただ、そこはお湯がない、空の温泉です。

 

なぜでしょう?

正解は、江戸東京たてもの園に、昭和の情緒良き銭湯の再築された建築があり、そこを訪れたからです。(一枚目の写真がその一部です。)

 

入口
屋根の装飾や照明がかわいい

 

映画でしか見たことがない世界にトリップしたような感覚でした。

 

 

そこはとても静かで、本来ならば人でにぎわっているはずの空間。不思議な気分でした。

 

湯船につかっていないのに、とても癒されました。

 

体重計の針に注目

 

この体重計、もともと針が数キロ増えた位置からスタートになっていて笑ってしまいました。いじわるですね。

 

もうちょっと続きます。

 

 

春の遊び2

業務の小山です。

子供たちとお散歩で集めた花を押し花にしたのですが、3日たって開けてみました。

タンポポはまだ湿った感じで、しかもくっついてしまいましたが、
なんとなく押し花になりました!
子供たちもどうやって飾ろうか?と思案してましたが
途中で飽きてしまったようで、結局飾りを作るには至りませんでした。。

集めるのは楽しかったようでまたお散歩のとき持って行こう!と
言っていたのでまあ、よしとします

ためしにスキャンしてみました。カラフルで、春が来たんだな~と明るい気分になりますね!

 

春の遊び

業務の小山です。

休みのたびに近所のお散歩に出かけています。
しばらく夫も仕事が忙しかったので、先週の休みはゆっくりしようと決めてのんびり、ぼんやりと散歩を楽しみました。

去年、母にもらってずっと使っていなかった押し花キットを持っていくことにしました。
道々見つけた花を挟んでいきます。

子供たちも喜んで公園の花を見つけては斜面を登り、
「花壇の花はとっちゃだめだよね?」
と、きれいな花を見つけては採っていいものか?と自分たちで話し合いながら、野の花を集めました。

娘はタンポポばかり大量に挟んでいましたが、散歩が終わるころには
いろいろな種類の花が集まりました!

Open the mirror

なんとなく気ぜわしく過ぎて行った1月ももうすでに21日。

おやつ奉行としての本懐を遂げるべく、本日決行いたしました。

 

鏡開き(笑)

 

まあほんとは1月11日が正しいんですけどねっ♪

なかなか全員揃って、しかも或る程度時間があってという条件がなかなか整わず、10日すぎの今日になってしまいましたとさ。

 

あらかじめ用意したあんこ、そして自宅から持ち込んだレンジ用餅屋き網を駆使し、お世辞にも調理に向いているとは言えない環境ですが作りましたよ、甘いおしるこ♡

ほ~らあヾ(*^Д^)ノ”

パッと見コーヒーかココアのような見た目ですが、ちゃんとおしるこですよ~^^

脳みそを活性化させるためには糖分は欠かせませんからね。

おしるこで一息ついたら、さあまた頑張りましょう^^

さてと、ではいただきま~~す♪(*^Θ^)♡

我が家のクリスマスイブ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日はクリスマスイブでしたね。皆さんはどんなイブを過ごされたんでしょう?

 

私は家族と一緒にやや豪華めの食事をいただきました。

 

 

準備は家内が全て段取りしてくれました!ありがとう、ママ!!

 

 

ローストビーフのサラダ、カニ風味のキッシュ、ローストチキンなどなど。

 

合わせたワインは、先日のテイスティングの時に買ったイタリア産の白で、
カ・マイオルのモラン2016年。

 

 

ブドウの種類は・・・、覚えていないので調べてみたら、
ルガーナ地方で作られていることから、
トレッビアーノ・ディ・ルガーナ種であるらしいです。

シャルドネやソーヴィニヨン・ブランのような独特なクセがなく、
スッキリとしながらも、やや甘口なのかな?
とても綺麗で飲みやすいワインでした。

なので、気がつけば、一本空けてしまっていました・・。

 

肝臓のコンディションが乱れやすいこの時期、
無理は禁物と知りながら、
ついつい飲み過ぎてしまいます。

 

ほどほどにしないと、ですね。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

Bingoゲーム

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

先日、天草産業協力会、通称「天草会」の忘年会がありました。

多くの協力会社さん達に支えられながら、
家造りという事業が成り立っているんだと思います。

 

メインのイベントとしてビンゴゲームがありました。

あまりくじ運が強くない私ですが、
な、なんと、4番目にBingoを当ててしまいました!!

 

景品はこの季節に重宝する加湿器でした。

 

有難く使わせていただきたいと思います。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

コーヒー派

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

ホッと一息、お茶したくなる時に何を飲みますか?

私は紅茶や中国茶なども好きなのですが、
普段はコーヒーをいただくことが圧倒的に多いです。
脱水症状寸前でも無ければ、夏でもホットコーヒーです!

 

コーヒーが好きと言いましても
酸味が強いコーヒーはあまり好みではなく、
酸味が少なく苦みが強いタイプが好みです。

 

なので、家で淹れるコーヒーは決まってフレンチローストという
かなり深煎りしたブレンドコーヒー豆を買っています。

成城石井さんのフレンチローストはお値段も手頃で美味しいので、
特にお気に入りです。

 

深煎りコーヒーはレギュラーコーヒーに比べて酸味が少ない、というか
ほとんど感じないくらいで、
その半面、苦みとコク、アロマが強いのが特徴です。

深煎りコーヒー豆は真っ黒で光沢がありますよ。

 

一方、レギュラーコーヒー豆は薄い赤茶色で光沢はほとんどありません。

 

深煎りコーヒーは豆の色がこれだけ濃いので
淹れた時のコーヒーの色も濃くなります。

ふくよかなアロマを感じながらいただく苦いコーヒーは、
心を落ち着かせ、穏やかにしてくれているように感じます。

 

コクが強く色も濃いフレンチローストのコーヒーは
カフェオレやカプチーノなどにするのに適していて、
濃厚なカフェを楽しむことができますよ!!

 

もっとも私はフレンチローストをブラックのままマグカップで飲んでますが・・。

 

苦いコーヒーというとエスプレッソがありますよね。

私はエスプレッソでさえブラックでいただきます。

 

イタリア人はエスプレッソをブラックでは飲まない・・なんてことも
もちろん知っておりますし、
砂糖やミルクを入れれば、これまた美味しくなることも知っておりますが、
私はブラックが好きなんですね!!!

 

酸味の少ない深煎りコーヒーは、
冷めても酸っぱくならず、美味しくいただけますよ!

 

ご存知なかった方がいらっしゃったら、是非お試しください。
深煎りコーヒーを飲む時は、お砂糖とミルクを入れて飲んでくださいね!
コーヒーキャンディーのように濃厚で美味しいですよ。

 

苦いコーヒーをがぶ飲みしてもお腹を壊さない、竹内でした。
いつもありがとうございます。