地下室付き三階建てのレンガ積み輸入住宅施工中

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

世田谷区で施工中の地下室付き三階建ての現場が断熱工事に入りました。

 

断熱工事

 

断熱材は高性能グラスウールで
密度は16Kですが、
一般的なグラスウールに換算すると24K相当の性能がございます。

 

ツーバイフォーのスタッドの間に隙間なく充填していきますが、
高密度のグラスウールは時間がたってもヘタリがほとんどなく、
収縮して下に落ちてくるようなことは殆どありません。

 

 

塔屋の天井部分のような複雑な木組みの中にも
しっかりと充填していきます。

 

断熱材の充填が終わると、
今度は気密シートを貼る気密工事なります。

気密性能が特に高い天草ハウジングの家は
気密工事をとても重視しています。

 

気密工事

 

隙間なく気密シートを貼っていくことで、
高い気密性能を発揮する家になります。

しかし平面的に貼るのは簡単でも
立体的に貼っていくのは結構難しいものです。

密閉具合が確保しずらい部屋の角や天井・床との取り合いの部分は
予め仕込んであった気密シートに重ね貼りしていくことで
高い密閉度を確保できるよう、工夫をしています。

 

 

熱交換型換気システム

 

常に新鮮な空気を室温をあまり変化させずに送り込む
熱交換型換気システムも取り付けられ、
機械の周りには気密シートがまかれています。

ここもこのあと天井面に気密シートが貼られますので、
気密の抜けがないように施工できるんですね。

 

家が完成した後には全く見えなくなる部分ではありますが、
この気密・断熱工事が中途半端だと
家の快適性能が損なわれるだけでなく、
壁内結露の誘発、カビの発生、そして家の寿命を短くするという
負のスパイラルに陥ってしまいます。

気密性能の全棟平均がC値=0.54c㎡/㎡という数字は伊達ではなく、
天草ハウジングが求める快適性能を実現するために必要不可欠な性能なんですね。

 

 

ご興味ある方は施工中の現場をご案内いたしますので、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

都心に佇む3階建てのお家

こんにちは

横浜展示場の坪松です。

 

先日竣工した新宿区のY様邸をご紹介します。

都心のど真ん中に佇むY様邸は3階建ての物件です。

img_7382

塗り壁をベースにした外観にアクセントでタイルを張っています。

モダンテイストなシックなお家です。

img_7624

天草オリジナルのキッチンはメラミン仕様の扉を採用。

オープンキッチンなので料理をしながらリビングを見渡せる開放的な

間取りになっています。

img_7345

リビングの壁にタイルを張ることで高級感UP!

壁掛けテレビを掛けたときに配線が隠せるようにあらかじめ

壁の裏側に配線の通り道を作りました。

img_7633

トイレはコンクリート打ちっぱなしのような壁紙を採用。

おしゃれです!!

 

そして

極めつけは

img_7636

見晴らし抜群の屋上!!!

ここで花火を見ながら一杯なんて夢ですね…

 

お客様の超ハイクオリティーDIY紹介

こんにちは!横浜展示場の坪松です。

今回は弊社情報誌AmaCanでもご紹介させて頂きました、

お施主様K様の超ハイクオリティーなDIY屋上露天風呂をご紹介します。

 

K様は2015年にお引渡しをさせて頂いたお客様で、幅広い技術をお持ちで

商談中から色々なお話を教えて頂き、私の中でも大変勉強になりました。

お家のデザイン・インテリアの細部までこだわり抜いたお家はどこをみてもとても素敵です。

IMG_6695IMG_6697いつも見ても圧巻の外観です!!!!

 

DIYの得意なお施主様の手でアレンジされることで、

お引渡し時より、より素敵なお家になっています!

お家を大切にして下さっていて、私もとても嬉しい限りです。

 

ー下記K様メールよりー

さて、新居完成後にご自分で大なり小なりDIYでカスタマイズされる方は多いと思います。
私の場合、趣味であるDIYの作業箇所をわざと新築の際に残してもらいました。
イレギュラーなリクエストを受けてくださり、天草さんには感謝しております。

偶然出会った天草ハウジングさんでしたが、良いメーカーと巡りあわせたと、今では知人に推薦しています。

今回は私が「このために、新居を建てた」と言っても過言ではない屋上露天風呂のDIYレポートをします。

初めて横浜展示場で坪松さんにお会いした時から、「バスタブにつかり赤ワインを飲みながら富士山のサンセットを見たい。」というドリームプロジェクトでしたが、このGW中に挑戦し、ついに実現しました。

まだ、屋上フェンスにつたの葉を茂らせる作業が残っていますが、それはまた1ヵ月後に画像を送ります。

<プロセス>以下、自分の記録メモより
2014年5月
旧家屋2階の屋根に自分でのぼり、3.6mの金属棒の先端にビデオカメラをガムテープで巻きつけ、実際にどれくらい富士山が見えるか録画調査。
何とか見えそうだが、電柱や電線がどう見えるかは不明。(電線の上なら、遮る物は一切無いはずだが、そんなにうまく行くのだろうかと疑問は残った。

2014年6月 天草さんと出会う

2014年8月 ラフ設計図面作成(4階屋上部分に露天風呂スペースを盛り込む。と言ってもバスタブと配管のみ)

2015年8月 新居へ引越し

2015年12月 露天風呂の構想を練る
この時期に、GoogleMapの航空写真で新居を拡大すると屋上にバスタブが一個さびしく見えることが判明。

2016年1月
我が家は近隣の地上から屋上を見ることは全く出来ない。グーグルで見た人だけが天空から露天風呂を発見できるという遊び心満載の形をした露天風呂づくりを思い立った。

2016年2月
露天風呂の形は当初、単なる直線的なものにする予定だったが、味気ないので全て曲線で作ろうと思い立つ。木工作業として難易度が高くなるが、敢えて挑戦。
そしてグーグルマップやグーグルアースを意識して、発見した人が驚くような、笑うような形=「巨大なベースギター」のボディを作ることに決定した。

2016年3月
曲面と曲線だけで校正する露天風呂とウッドデッキの図面を書くが、手書きやMSオフィスでは限界を感じ、JWWというCADソフトに初挑戦。
想像以上に簡単で、便利な無料ソフトなので、DIYにもお勧めです。

2016年4月
曲面DIYは初めてゆえ、作り方をICSというインテリア学校のテキスト(曲げ木加工編)で学習する。

2016年4月30日
やっと工事がスタート。まずは材料切り出しと基礎フレーム作成。
IMG_6576
2016年5月1-2日 雨天を利用し、曲げ加工をすすめる
IMG_6578IMG_6582
2016年5月5日 塗装を終え、完成。
考えている時間も楽しく構想は5ヶ月と長かったが、実際のDIY期間はGWを利用して5日間。
天空から見るとエレクトリックベースギターのボディに見えるお風呂が出現しました。
IMG_6580

IMG_6577IMG_1391

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな素敵な景色を見ながらお風呂に入れるなんて、とても贅沢ですね!

木を曲線に加工するのはとても難しいのですが、完成度の高さに驚きました。

K様この度は、貴重なお話しをお教え頂き有難うございました。

これからも末永く宜しくお願い致します。