イヴの夜とブルゴーニュの赤

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

クリスマスが終わり、
いよいよ年末モード全開になってきました。

これほど街の雰囲気や人の意識がガラッと変わる時期って
なかなかないですよね!

 

さて、今年のクリスマスはいかがでしたでしょうか?

 

我が家はイヴの夜に家族そろって家で食事をしました。

 

 

お供のワインはボルドーではなくブルゴーニュの赤ワイン!

ドメーヌ・ジャン・グリヴォのヴォーヌ・ロマネ ボシエール 2014年ものです。

 

ヴォーヌ・ロマネとは、
あの有名なロマネ・コンティを産出する村の名前でして、
世界でも有数の高級赤ワインの産地なのです。

ボシエールとはヴォーヌ・ロマネ村にある格付けされていない畑の名前で、
その為、このワインの格付けとしましては畑名というよりは村名ワインとなるようです。

・・・でなければ、手に入りません・・。
(畑名のワインの方が高額なんです!)

 

それでもボシエールの畑のすぐ近くに特級畑ロマネ・サン・ヴィヴァンがあるそうなので、
期待が膨らみます!!
(ロマネ・サン・ヴィヴァンは1本10万円くらいはします・・・。)

 

 

ブルゴーニュの赤ワインはピノ・ノワール100%ということで
ボディーが強すぎず、
相性の良い食事の幅が広いような気がします。

今回もキノコのキッシュや
エビの生春巻きにも相性は良かったですよ!

 

このボシエール2014年ものは
とてもまとまったバランスの良いワインでした。

間違いなく美味しいワインではあるのですが、
際立った特徴みたいなものがなかったのは少々物足りなかった気がします。

3週間前にいただいたボーヌの1級畑2006年ものが
あまりに強烈に印象に残っていたからかもしれませんが・・。

 

でも楽しいひと時のお供として良いワインをいただけて幸せでした。

 

 

デザートに移ってもワインを飲み続けていましたよ・・・。

 

今年も多くの素晴らしいワインに出会いました。

来年もこのような出会いがあることを願っております。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

レンガの洋館とバラ、そしてワイン

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

例年よりも暖かいとはいえ
着実に季節は冬本番に近づいてきています。

 

今朝、久しぶりに立川モデルハウスのバラのチェックをしましたが、
ん~、まだまだ咲きそうですね・・・。

 

今日、私が大好きなバラのストロベリー・アイスが咲いていました。

 

レンガの洋館と奇麗なバラ

 

フロリバンダなので
咲いている花の横にもう二つツボミがありました。

 

レンガの洋館と奇麗なバラ

 

レンガと格子窓がある洋館とバラは本当に素晴らしい相性ですね!

 

ストロベリー・アイスはその名前も可愛いですが、
本当にアイスクリームのように可愛らしいお花が咲きます。

濃い目のピンク色で、
花びらはグラデーションで内側に行くほど薄い色になります。

中輪で樹勢も強すぎず、
本来だったら花壇の手前側とかに植えたいバラですが、
立川モデルハウスでは何故か奥のさらに奥といった場所にあり、
咲いていてもまず目立ちません・・・。

かわいそ過ぎる・・・!

 

バラは根を深くまで入れるため、
地植えのバラの移植は難しいです。

 

せめて、表側の花壇に新しく苗を買ってきて植えようかな・・、
なんてことも思ったりしております。

 

 

話しは変わって先日のお休みの日に、
ちょっと良い白ワインをいただきました。

 

 

シャブリ 1er クリュ レ・ヴァイヨン、2015年ものです。

 

シャブリとは、
フランスのブルゴーニュ地方のもっとも北に位置する白ワインの名産地で、
冷涼な気候で育てられるシャルドネ種から
クリアで美味しいワインが造られています。

しかも今回は1er クリュということで、1級畑モノです。

 

とはいえ、あまり期待していなかったのですが、
その浅い期待はあっさりと覆され、
何とも幸せな感じになってしまいました~、ウレシイ!!

 

香りは青リンゴに少し柑橘系が重なってくる感じ、
色はシャルドネらしい緑色がかった黄色、
口に含むと柑橘系のニュアンスと共にわずかにアーモンドの香り。

木樽は使っていないということなので、
樽由来のものではなく
果汁からくる味わいですね。

2015年ものだからか、
思ったよりも濃厚で美味しかったです。

2015年のフランスはブルゴーニュもボルドーも当たり年で、
今後、グレートヴィンテージになっていく可能性が高いですよ!!

 

気分が良くなり、赤ワインも飲みたいと、
こちらも負けずに良いワインを開けてしまいました。

 

 

ボーヌ 1er クリュ レ・トゥーロン、2006年ものです。

良く購入するENOTECAさんでセールの時に手に入れたワインです。

 

ボーヌはブルゴーニュ地方の中央あたりにあり、
赤ワインと白ワインの両方が造られているところです。

ブルゴーニュの赤ワインなので、
ブドウはピノ・ノワールです。

こちらも1級畑モノですが、
なにより2006年という当たり年のワインであることと、
12年の熟成を経ていることで、
期待が持てます。

本来ならもったいなくて開けられない・・・ワインですが、
酔った勢いで開けてしまいました!

 

色は熟成が長めということもあるのか、
濃い目のガーネット色です。

香りは・・・、
お花畑にでも来たかのような華やかな香り・・・、
これはスゴイ!!!

スミレのようなお花の香りと
ラズベリーのような赤系の果実の香りが
抜栓直後からふわーっと広がってきました。

口に含むと、
十分にしっかりしたタンニンと、
角がとれて優しくなった酸味、
まだまだパワフルな果実味・・。

スバラシイ!!の一言です!

ひと口ごとに残る余韻も長く豊かで、
あ~、なんて美味しいんだろう、と幸せ気分満開でした!

 

次の日に、
何でもない普通の日に
なんでこんなに良いワインを二本も開けちゃったんだろうと、
ちょっとやり過ぎ感に後悔をしてしまいました・・。

 

しばらく節約をしなければ!

そう反省をした竹内でした。

 

いつもありがとうございます。

 

休日と2015年もののワイン

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

良い天気になりました。

 

レンガ外壁 輸入住宅 立川モデルハウス

レンガ外壁の輸入住宅 立川モデルハウス

 

秋晴れというか、小春日和というか、
とにかく気持ちいい気候です。

 

昨日はお休みをいただいていましたが、
ランニングで20キロ走の自己ベストを出し
気分良くなっていたこともあり、
夕食時に久しぶりにワインをいただきました。

 

 

大好きなマルサネ・レ・ゼセジョ、
フィリップ・シャルロパン作のブルゴーニュの赤ワインです。

しかも今回は2015年ヴィンテージ!!

 

ワイン通ならご存知の通り、
2015年のフランスは天候に恵まれ、
ボルドーもブルゴーニュもワインは軒並み出来が良く、
グレートヴィンテージになるのではないかと言われています。

いわゆる『当たり年』ですね!!!

 

2012、2013、2014とこの銘柄を飲んできましたが、
間違いなくこの中では一番の出来!!のはず。

 

 

さぁ、どんな感じでしょうか?

 

シャルロパンの赤ワインは全体的に色が濃い目ですが、
このワインもやはり濃い目のガーネット色です。

香りは抜栓直後は期待したよりは・・、な感じでしたが、
時間の経過とともに徐々に開いてきます。

初めて2013年ものを飲んだ時ほどの衝撃は無いですが、
ブルーベリーのようなフルーティーな香りがします。

 

酸が奇麗で、果実味が豊かですね!!
葡萄の果汁を飲んでいるんだとはっきりわかるほどです。

一言で言いますと、
他の年のヴィンテージに比べて確実に濃厚です!

ジュヴレ・シャンベルタンあたりのような雰囲気すらして
非常に美味しいです!!!

やっぱり2015年ものは良いんですね!

 

 

美味しいワインを飲むときは料理にも気合を入れます。

走った後で足がガクガクしてましたが、
材料を買い込んでローストビーフとつくねのチーズのせを作りました。

 

ローストビーフは今までで一番の出来!で、
赤味が奇麗に残ってくれました。

家族にも好評で良かったです。

 

さて、今日からまたお仕事頑張らないと!ですね。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

久しぶりの赤

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日はお休みをいただいておりました。

数日前に比べると蒸し暑さがありましたが、
でも例年に比べると涼しい一日ではありました。

 

昨日はかねてから注文していた赤ワインが届きました。

 

ブルゴーニュの赤ワイン、
シャルロパン・パリゾのマルサネ・レ・ゼセジョ、2013年です。
(私がこのワインの名前を口で話すと、レ・ジェシェジョと言ってしまいますが。)

もともとこの生産者のワインの中では求め安い価格のモノではあるのですが、
更に割引になっていたので2本まとめ買いしました。

 

せっかくなので、じゃあ開けますか!

といきたいところですが、
「良いワインは旅をさせたら休ませろ」と言うことらしいので、
いただいたのは別のワインです。

ルロワのブルゴーニュ・ルージュ 2003年モノです。

 

1ヶ月ぶりの赤ワインは本当に美味しく感じました。

白も美味しいですが、
やはり赤ワインは香りの重なり方や味の複雑さが白の比ではないですね!

ついつい、飲み過ぎてしまいます。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

 

 

 

久しぶりに一杯

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨夜、久しぶりにワインを飲みました。
実に3週間ぶりです。

 

 

今回も成城石井で買ってきました。
ジャン・ブシャールのシャルドネ、プイィ・フュイッセです。

プイィ・フュイッセとはブルゴーニュ中部の一部地域で生産される辛口ワインです。

ブルゴーニュの辛口白ワインと言えばシャブリの方が有名ですが。。

 

このワインはかなりの辛口で、
スッキリとした酸とレモンのような風味が特徴でしょうか。

別のドメーヌのプイィ・フイュッセを以前飲んだことがあるのですが、
そちらに比べてもかなりの辛口・スッキリワインでした。

夏にはこちらの方が良いかもですね!

 

今、楽しみにしているのは
私が大好きな赤ワイン、フリップ・シャルロパン・パリゾのマルサネ2013年ものが、
今度の木曜日に届くことです。

写真は2012年ものですが、
2013年モノは香りがとにかくすごく良かったんですね。

一時、売り切れてしまってどこを探しても2012年か2014年しか売ってなかったのですが、
先日2013年モノが再発売されていたので、
2本まとめ買いをしてしまいました!

 

私をブルゴーニュ・ファンにしたワインにもう一度出会えることを
とにかく楽しみにしています!

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

意外な組み合わせ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

先日、家族と買い物に行った先で見つけたナツメヤシの実「デーツ」。

 

以前に、チョコレートの中に入っていたものを一度食べたことがあり、
かなり美味しかったと記憶していたので、
思わず購入してしまいました。

 

見た目は小さな干し柿。
食感は固めの干し柿(笑)。自然な甘さのドライフルーツです。

 

デーツはかなり栄養価が高いらしいですね。
様々なビタミンやミネラルがたくさん入っているようです。

しかも脂肪分はほとんどない為、健康にも良いらしい!

 

これは良い買い物をしたぜ!って思っていましたが、
思いがけず良い組み合わせで感動したのが・・

 

ワインとの相性がものすごく良かったです。

 

今回はソーヴィニヨン・ブランの白ワインと
ボルドーのフルボディーの赤ワインのツマミとして食べてみましたが、
どちらの場合もデーツ自体がより甘く感じることと、
ワインに果実味が増した感じで、
お互いが見事に引き立たせ合っているという感じでした。

一緒に食べたチーズがかすんで見えるくらいの相性の良さでした!

これは癖になりそうです。おススメです!!!

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

 

久しぶりのボルドー

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨日はお客様との大切な打合せが2件ありました。
準備から大変ではありましたが、まずまずの成果を上げることができ、
まずはホッとしています。

ということで、今後ますます頑張れるように
昨夜は久しぶりにボルドーのワインを抜栓しました。

 

先日の試飲会で気に入り、買ってきたワインの一つです。
ボトルごとフィルムに包まれているのが、特別感がありますね!

シャトー・ラ・クレアシオン 2012年。

ボルドーのポムロールという地域で生産されたワインです。

 

ポムロールといえば

シャトー・ペトリュスが有名です。
ボルドーワインの中で最も高額で取引される超レアなワインです。

 

ボルドーらしい、紫がかった光も通さないほどの濃い色。
黒系の果実の香りが強いです。

抜栓直後は固く、ただただボディーが強いな、という感じで、
疲労が溜まったからだにはきつく感じましたが、
1時間ほどするとまろやかさが出てきて美味しくなってきました!

 

3本買ったので、他の2本は熟成させてみようと思います!!

楽しみが増えました。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

いただきもの

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

先日、ワインの試飲会でワインを購入した際に、
ワイン会社さんからコレをいただいちゃいました。

スペイン産のロゼのスパークリング・ワインです!!

 

パーティーごとでも無ければなかなか手にすることのないスパークリング・ワインですが、
せっかく頂きましたので、さっそく飲んでみました。

 

ボディーは軽く、結構な甘口でございました。

 

息子と一緒に一夜で空けてしまいましたよ。

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

 

ナパ・ヴァレー

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨夜、仕事終わりにワインの試飲会に行ってきました。

試飲会は色々なワインが同時に飲めるので、
とても楽しみにしています。

 

で、今回のダントツがこちらでした!

カリフォルニア・ワインでも特に評価の高いナパ・ヴァレーの
「ハインツ ワイン セラーズ マーサズ ヴィニャード」。

フランスで行われた品評会で、ボルドーの1級シャトーに勝った伝説のワインだそうです。

高級なワインなので試飲できたのはほんの一口なのですが、
豊かでなめらかなタンニン、調和を乱さない綺麗な酸味、
そして溢れんばかりの果実味・・・。

全てがシルクのようになめらかで、しかもしっかりと強さがある、
そんな素敵なワインでした。

お値段、ズバリ 23,280円・・・。今回は手が出ません・・・。

 

今度出会えた時に購入できるように、貯金頑張ります!!

 

竹内でした。いつも有難うございます。

 

白から赤へ幸福のリレー

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

先日買った白ワインがまだ少し残っていたのでいただきました。
1杯分しかなかったので、続けて赤ワインを抜栓。

ボルドーの白からブルゴーニュの赤へのリレー。
幸せな夜でした。

 

竹内でした。いつも有難うございます。