Milky way cafe 星空のカフェ

高橋です。

 

前回のカフェのお話、今回は別のカフェのお話をします。

 

 

先月、友達と池袋のカフェに行ってきました。

名前は「Milky way cafe」

名前の通り、天の川、13星座に関するコンセプトのカフェです。

公式サイト様より

 

ここ5,6年は池袋に通っているのですが、午後から一人で買い物をするだけだったので

ノンストップで耐力尽きるまで動いて直帰コースが定番でした。

 

なので友達とゆっくり座って会話を楽しむことがほぼほぼなく、

いつも通り過ぎていた場所にあるかわいいカフェに行くことができて嬉しかったです!

 

ショーケースにはたくさんのパフェのサンプルがずらりと。

見ているだけでもワクワクします。(画像撮り忘れました)

 

 

 

螺旋階段を抜けてガラスのドアをひらくと、青い空間が待っていました。

平日の昼間だったためにとても空いてました(休日は待つらしいです)

乙女の可愛い空間かな、と思いきや青と白がきれいな色合いで、特に昼間の空いている時間は若いサラリーマンでも入れるくらいのデザインでした。

外は大きな交差点を見下ろすことができるので眺めも最高です。

 

どれもおいしそう

 

ここの目玉商品はこの13星座パフェ。

 

なぜ12星座ではないのかな・・・・と思い公式サイトを探ってみたのですが、

13星座である理由は記載されていませんでした;

 

15年ほど前に「へびつかい座」も加わるとNASAの発表があったそうですね。

(あまり広く知れ渡っていなかったため私も実際のところ忘れていました)

 

 

 

自分の星座のパフェを注文しよう!と意気込んできたのですが

12星座のものと期間がちょっとずれていたりして・・・・・・・・・・・・・。

友達からも「食べたいもの食べたほうが幸せになる」と聞いたので

結局、獅子座のさっぱりしたパフェにしました!(笑)

 

映り込みをスタンプで隠させていただきました;

バニラアイスが食べたかったのが選んだ主な理由です!

結構大きく、お昼ご飯の代わりにだね~と話したり。

 

飲み物も、フルーツたっぷりの大きなグラスのものを頼んで、美味しくいただきました!

 

キラキラ

 

こんなにも多くのフルーツの入ったジュースを飲まないので、目も舌も楽しい。

 

会話も弾んで、とても楽しい時間を過ごすことができました^^

 

 

気になった方はぜひ池袋へ!以上、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

北杜市の明野サンフラワーフェス

高橋です。

お久しぶりです。

夏に投稿したかったメモがあったので、今、南半球にいる気持ちで読んでいただければ幸いです。

 

夏頃ブログで紹介した「ハイジの村」を覚えていますか?

バラがとてもキレイとこちらで綴りました。

今回は秋バラの紹介、ではなく、夏に実はここに行ってきたことを書いていきます。

 

 

 

「ハイジの村」と、最後に紹介した「北杜市明野サンフラワーフェス」です。

 

ここに行った目的は「ひまわり畑にいる白いワンピースを着た女の子を撮りたい!」といった私の欲からでした。

自分の誕生月だからと言って友達を誘ってきました^^

 

 

東京から「はとバスツアー」などが出ていますが、集団行動ではなくゆったりとしたいということで

朝、鈍行列車でJR中央線から乗換を繰り返し山梨県の「韮崎駅」まで行きました。

そこから路線バスでゆられること約25分。

 

 

「クララ館」という宿泊施設で降車し、そこから徒歩でひまわり畑へ向かいました。

 

 

現地の天気は「晴れ」。8月下旬に行ったにもかかわらず、ずっと外にいると暑かったですね・・・

つばの広い帽子をかぶっていたので顔はセーフでしたが、袖をまくっていた腕はきちんと日焼けの跡が残りました(笑)

 

 

 

7月から咲き始め、8月下旬まで畑の区画ごとに開花時期が違うので長期間楽しむことができます。

なので事前にどこが今見ごろかを、公式サイトをチェックして畑の位置を覚えていかないととっても広いので時間と体力が勿体ないのです(要チェック)

 

明野サンフラワーフェス ポートレート

 

この日はハイジの村近くのメイン会場が一番咲いていました!

みてくださいこの一面のひまわり畑を・・・!

(お顔出し許可得てないのでモザイク失礼します)

 

 

ひまわり畑 × 青空 = 最高な景色

夏休み期間でしたが平日だったので割とすいていたのかと思います。

明野サンフラワーフェス ポートレート

ここで軽く2時間半は居ました。

 

明野サンフラワーフェス ポートレート

 

 

フォトスポットがあるらしく、instagramに載せられる寸法の枠が設置してありました。

ちょっと恥ずかしかったので、私たちはそこへ入らず、

その奥にある畑に入ってもいい区画に入って来ました!

 

叔父様が携帯で撮影してくださいました

 

だかしかし、ここへ入るにはひまわり畑のアーチをくぐらなくてはならなかったのです。

くぐり抜けていくのがとても困難でした;

 

なぜかと言いますと、「蜂」が居るからなのです。

きれいなお花畑には「ミツバチ」がつきものですね。

ビビりながらもタイミングを見計らってサッと入って来ました・・!(結構時間がかかりました(笑))

最後の写真、実はシャツの前に蜂が飛んでいるのが映り込んでますね。

 

 

次回はハイジの村に入った時の事を書いていきます。

早くかわいいパーク内を紹介したいです。

東京世田谷 ミニ見学会

こんにちは。横浜展示場の岩瀬です。

 

段々秋が終わり、冬が近づいてきましたね。

11月に入る前、営業と一緒に世田谷区にある物件を見て回りました。

世田谷区と言えば高級住宅街。

そんな高級住宅街に天草のお家が並んでいるとなると、とても鼻が高いです。

 

見て回った物件は3つの物件です。

そのうち2つはレンガの家、1つは塗り壁の家でした。

天草が作る住宅の特徴の一つはレンガです。

 

一つ一つ積むので、実際に目で見てみると、とても重厚感があります。

また、塗り壁やサイディングの家も作っていますので興味のある方はぜひ

天草ハウジングにいらしてください。

 

外構も家と同じの外壁の煉瓦を積み、全体的にまとまりのある

お家に仕上がっています。黒の門扉がお家をさらに引きたてていると思いませんか?

 

 

 

白いレンガのお家は目地も白になっているので全体的に明るく、

上品な形に仕上がっています。

 

 

塗り壁のお家は装飾品が黒いアイアンが全体的に引き締め、

ヨーロッパの雰囲気が漂うお家に仕上がっています。

 

 

内装なども気になる所ですが、オーナー様のご都合もございますので、

営業とオーナー様と要相談、です。

 

また、私は初めて田園調布駅を見たのですが、

とても可愛いらしい駅で驚きました。

花がたくさん植えられていて、さらに近くには高級住宅。

街並みも最高でした。

犬を散歩しながら歩いてみたいですね。

 

では。

 

群馬のねぷた祭りへ行ってきました。

高橋です。

9月になりましたね、という冒頭で始まったブログから止まってしまいました;

自分でもびっくりしています。

この前の続きです。

 

もう、10月も半ばになってしまいましたね;;

気を取り直して本編へ。

 

 

 

さて、

お祭りの目玉というのは、こちら!

 

ねぷた(群馬)

 

 

「ねぷた」 です。

 

 

青森県で行われる「ねぶた祭り」は全国的にも有名ですが、

同じ青森県で「ねぷた祭り」も行われているのをご存知でしょうか?

 

私は今年まで知りませんでした。

 

わかりやすく違いを説明すると、

「ねぶた」は3Dの人形型、

「ねぷた」は扇状のものの面のなかに2Dの人の絵が描かれています。

 

会場には、ひとつだけ「ねぶた」がいました

 

 

なぜ「青森」のねぷたが「群馬」に上陸したのかといいますと

きっかけは西暦1600年まで遡ります。

 

1600年に天下分け目の関ヶ原の戦いで津軽藩は徳川側につき、結果

功績を称えられたため津軽藩の飛び地の一部に現在の「太田市」が与えられました。

 

それから1985年に青森県弘前市との交流が始まり、

翌年に「尾島ねぷた祭り」が開催されたそうです。

 

前には必ず力強い男性が描かれています

側面(サイドには文字が書かれています)

 

後ろには必ず女性が描かれています

 

 

太鼓をたたいている人に、「女性」がたくさんいました。

 

ちょっと人が入ってしまいましたが5連もあります

 

 

女性のさらし姿が見ることが出来るのは私にとって貴重な体験だったので

しっかりと目に焼き付けておきました。

 

 

お祭りの初めのころ「背中合わせ」

 

背中姿もかっこいい

 

とてもいい瞬間でした

 

 

 

かっこいい・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

フィナーレには交差点を四方向から囲み、ねぷたと太鼓の大合戦を見ることが出来ます。

 

スタンバイしているところ(これで1つなのでこれ×4が現場にあります)

 

 

交差点の歩道の三列目くらいに立っていたのですが、迫力がとにかく凄く、

交差点の中央でねぷたが人力で高速回転されているところを

上に乗っている人が花吹雪をまき散らす絵は華やかでした(写真がなくてすみません)

 

 

 

 

片道三時間かけて来た甲斐がありました・・・!

 

東京から群馬まで行くことは小学校の修学旅行以来で、

日光東照宮などの観光地をバスで廻っただけなので、下町、といいますか、

実際の住居地域に行くことが出来て「その地域の人たちのにぎわい」を感じられました。

 

 

とっても大きなお祭りとしてメジャーなものでないのかもしれませんが、

大迫力で大満足な夏の思い出になりました。

 

 

 

東京・神奈川 煉瓦の家を建てる天草ハウジング

横浜展示場の岩瀬です。

 

天草産業は本社は東京都八王子市、

展示場は東京(立川)、神奈川(横浜)にあります。

 

お問い合わせにて、「天草産業は九州の会社だと思っていた」と

お声をいただきました。

 

 

画像はHPのQ&Aコーナーから抜き取ったものです。

「創業者の出身地(九州にある熊本県天草市)からとっています。海外の取引先企業でも、郷土の名称に冠にしているところが多く、社長同士の交流の席などで人間関係を深めるにも役立つそうです。創業以来この名称で親しまれております。」

 

天草は主に東京・神奈川以外にも首都圏内で家づくりをしています。

 

公式HPページリニューアルに伴い、そういった情報をうまく

組み込めたらいいなと思います。

貴重なご意見ありがとうございます。

 

 

 

話は変わりますが横浜展示場は今、ハロウィン期間中

かぼちゃ大発生中です。

 

オシャレな家具と一緒に並んでみたり、

玄関にひょっこり顔を出していたり、

可愛い部屋に紛れていたり…

 

とても意外なところで見守っています…

ひょっこりはん

 

 

展示場にいらした時はぜひかぼちゃの数を数えてみてください。

数えきれないほど隠れていると思います。

 

また、「可愛い煉瓦の家に住みたい!」「洋館のような緑の屋根の家が欲しい!」と

新築・建て替えのお話もお待ちしております。

 

壁紙と電球

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

数か月前コーディネーターに移動してから、お客様を目の前にして初めて気づいた点があります。

・クロス選びの大変さ

・照明の多さ

その他諸々たくさんありますが、この2点が自分が想像していたよりも品数がとてつもなく多く一番お客様を悩ませる原因という事を気づかされました。

私の実家のクロスは和室とトイレ以外は全て同じなので全然分かっていませんでした、、

分かっていないというよりもそれが「普通」と思っていました!

自分の中の「普通」って怖いですね(笑)

育ってきた環境によりけり、普通が存在しないことを改めて実感しました。

 

こちらは部屋全体が緑なのでとてもリラックス効果がありますね。

 

暇を見つけてクロスと、電気のカタログと格闘しております。

 

以前竹内さんのリフォームの記事にもありましたが、上部の壁や電球1つ変えるだけでも十分にお部屋の雰囲気が変わります。

Before

After

家にいて、「いつも同じ光景だ、、」「もう何十年もいるから飽きて来た、、」と感じ始めた方は是非ご検討されてみてはいかがでしょうか。

立川へ!

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

本日お打合せがある為久々にやってきました。立川

横浜も立川も大きな都市ですが、横浜は行きも帰りも人が多すぎてへとへとになってしまいます。

しかし!ハウジングワールドに入っているハウスメーカーさんが異なるので毎度新鮮な気持ちです。

今回のお施主様は家具や、装飾、内装に関し知識がとてつもない量お持ちでしたので、我々もよりよい住まいにさせるべくすぐにアイディアを出せるよう勉強せねばと思います!

 

 

 

レンガのモデルハウス 立川モデルハウス

立川の皆様!よろしくお願致します!

おすすめ映画No.62

こんにちは。

横浜展示場田澤です。

風の雰囲気がもう秋ですね、、今年は秋があってよかったです。

さて!今回第62段!

「EXPLORERS」です。

2時間弱で終わるSF作品です。

期待してみる、というよりは暇つぶしにやることないな~、と思ってみた方が良い作品です。また、子供のストーリーですが内容はお子様向けではないので要注意です。

 

内容はといいますと、

ある日主人公が電子回路の設計図の上を飛んでいる夢を見ます。友人に頼みその回路を作ってもらうと、、不思議な球体がパソコン上ではなく、現実に現れます。紆余曲折あり新たに友人を誘い、3人でその球体を使って宇宙を目指すことにします。

しかし、試用運転をしているところを軍人に見つかってしまい逃げた先に異星人が、、

というようなあまり面白そうではない内容です。

 

しかし!この作品80年代の作品なのにとても異星人の動きがリアルなんです。

前年に公開された「ネヴァーエンディングストーリー」のファルコンよりもずっと動きが機敏です。

主人公「イーサン・ホーク」、友人役「リヴァーフェニックス」のデビュー作品なので後々に有名となりました。

「リヴァーフェニックス」は皆さん作品を聞いたらご存知だと思います。

「スタンドバイミー」の中心4人のうちの1人「インディジョーンズ」3作目に出られておりました。

 

また、出てくる家も可愛いんです!

ヒロインの自宅がこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

円柱の洋室が浮いているのがとても印象的です。

また、主人公通っている学校に行くシーンの家もごちゃごちゃしているのにかわいいんです。

いつも文章を書きすぎてしまいすいません、、

もし読んでくださってる方がいらっしゃいましたらいつも誠にありがとうございます。スクロールをするにもお手間をおかけしてしまいすいません。

アイスを悩んだ時間

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

 

昨日最寄り駅から自宅までの帰り道にゲリラ豪雨に見舞われました。

アイスが食べたい気分になりコンビニに寄って自転車に乗りながらアイスをほおばっていたらザザーっと。

駅まで自転車で通勤をしているため、久しぶりの大粒の雨と雷にうたれあたふたしてしまいました。

 

溶けさせたくない、折角買った、と頭をよぎり凍えながら瞬間的にアイスを完食しました。

アイスもこんな食べられ方は望んでいなかったでしょう、

やつを買わなければ、、あの迷った時間さえなければ玄関を入った瞬間に雨が降ったはずなのに、、

久々に少し後悔のある帰宅時間でした。

チョコレート

こんにちは。

横浜展示場 田澤です。

すっかり蒸し暑さがなくなり季節は秋ですね。

 

先日、現在打ち合わせ中のW様よりチョコレートを頂きました。

チョコレートと言ってもガトーショコラです。チョコレート好きにはたまりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月まで本社設計部として室内でパソコンカタカタさせていた私にとって初めての体験でしたので非常にうれしいのと、お気を使わせてしまって申し訳ないという気持ちで、、良い勝負で前者が勝ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと!1つ1つにナイフが付いていていました、、

冷蔵庫で冷やして美味しく頂きました。

ありがとうございます。