日本武道館

高橋です。

 

昨日、生まれて初めて武道館に入って来ました!

 

日本武道館

 

以前、平日に隣を歩いて通り過ぎただけなので、人気のある武道館はすごかったです。

朝八時過ぎに現地に着いたのですが、ものすごく寒い!とは思えないほどの寒さではなく、安心しました。

11時すぎまでの3時間、外で立ちっぱなしの予定が過酷だな・・と思っていたのですが

恐らく最近の気温が低すぎたのが功を奏したのでしょうか・・・

天気も良く、過ごしやすかったです。

もちろん公演内容も、とっても素晴らしく、新年早々良い感じに喉をからしてきました!円盤が待ち遠しいです。

 

 

 

日本武道館の上に付いているあの金色の丸いような装飾を気にしたことはありますか?

私は何か乗っているな・・程度の人間でしたが友人に「あれは何だろうね」と聞かれなければわからなかったことをブログに書こうと思います。

 

あの上に付いているのは「擬宝珠」という名前があるそうです。

読み方は何だと思いますか?

 

公式サイト様より

 

答えは「ギボウシ」(ギボシ)です。

ねぎの頭に似ていることから「葱台(そうだい)」とも呼ばれています。

五重塔や五角塔の上についているものは「宝珠」と呼ぶそうです。

日本武道館は八角形なので屋根の上に乗っていても擬宝珠なのです。

 

 

あの特徴的な形は瓶(水などを入れる方の)が由来とされているそうです。

深く調べ上げられていないのですが、

建物の上に瓶を置く、と考えると建築は面白いな・・と思いました^^

理由は何なのかは私にもわかりませんでした;;

 

この間ちょっとした豆知識を得て、現場にて思いだしてしまったので記事にしました(笑)

 

設計や装飾には理由がつきものなので、気になったものを調べたらきっとよりその建物への思い入れが変わってくると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。