敷地測量に立ち会ってきました 山中湖

こんにちは立川展示場の黒川です。

 

今日はあいにくの雨模様ですね。。

関東では一部、雪の予報も出ていたようで

今後の天候も心配です。

 

 

さてさて先日のことですが

山中湖畔の別荘地まで行ってきました。

 

山中湖 2019年1月10日

 

この日の東京の気温は5℃でしたが

山中湖はなんと1℃でした。

う~寒かった~(・・;)

 

只今の気温 1℃

 

今回の目的は敷地測量に立ち会うことです。

こちらの別荘地では春先から別荘の建築がスタートします。

 

その準備として敷地測量が必要になります。

測量では主に敷地の形や高低差を調べるのですが

今回は別荘地ならではのあるものを調べる必要があります。

 

山中湖畔別荘地 マウントビューヒル山中湖

 

こちら敷地内の様子ですが

見渡すかぎり木、木、木です。

 

建物を建てるためには木の伐採が必要になりますが

山中湖では木を勝手に切ることが禁止されており

許可を得るための届け出が必要となります。

 

そして木を伐採した場合、切った本数分

新たに木を植える必要があるのです。

 

“木は財産”という考え方のもとそのようなルールが

きちんと決められているそうですよ。

 

山中湖畔別荘地 マウントビューヒル山中湖

 

そのため測量の時に木の位置や本数をきちんと

数えておく必要があります。

 

写真のように木にテープなどで印をつけて

測る木をわかりやすくしておきます。

それを図面に反映させていきます。

 

作業は2日かけて業者さんに

行ってもらいました。

寒い中、大変だったと思いますが

お疲れ様でした。

 

 

夕暮れの富士山

 

帰り際、富士山が綺麗だったので写真を一枚撮ってきました(^^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。