紅葉と洋館

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

台風一過で良い天気ですが、
木枯らし一号が来たようです。一気に冬になるんでしょうか??

 

気がつけば街の中でも紅葉が始まっているんですね。

 

JR成瀬駅前の並木も色づき始めていました。

 

 

さて、今日は15年前にお引渡ししたお宅の雑誌の取材があるので、
その立ち会いに伺ってきました。

 

東京都郊外の邸宅地に建つこちらのお宅はジョージアンスタイルの端正なデザインです。
お庭の木々が紅葉していて、青空に映えています。なんて美しいんでしょう!

 

ファサードの中心的存在のポーチは4本立てのコラムとデンティルモールが印象的です。

 

 

こちらのお施主様はイギリスの建物が大好きということで、
壁紙は全てローラ・アシュレイ、家具は本物のアンティークで揃えるというこだわりようです。

 

こちらのリビングルームのイメージは映画「ゴッド・ファーザー」。
ドン・コルレオーネの家がイメージだそうです。

特に、ウッドブラインドとカーテンを合わせているのですが、
これがまさに映画に出てくる家がそうだったんだとか。

私も「ゴッド・ファーザー」は好きで、ところどころセリフも覚えているくらいですが、
そこまで気がつきませんでした。
今度見る時には注目して見たいと思います。

 

 

キッチンの傍らにあるこちらのコーナーが奥様のお気に入りだそうです。

市松模様に貼られたタイルがヨーロッパっぽいですが、
壁に飾っているフォトフレームのかけ方が欧米っぽいですよね!

 

こちらのお宅は至る所にフォトフレームが飾ってありましたが、
位置といい雰囲気といい、センス抜群でした。

 

 

取材陣との間で意外と盛り上がったのがこちらの家具。

お部屋のコーナーに置くアンティーク家具は私も始めて見ました。
家が狭い日本にはありがちな発想ですが、
ヨーロッパにもあるんですね・・。

お施主様はリネン庫としてお使いでした。

 

さて、こちらのお宅ですが、
来月発売予定の「輸入住宅STYLE」に紹介される予定です。

WEBサイトもありますので、是非チェックしてみてください。

輸入住宅STYLEはこちら

 

ご協力いただきましたお施主様、本当にどうもありがとうございました。
とても勉強になりました。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。