冬の訪れとワインカーヴ

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

立川モデルハウス クリスマス・リース

 

11月も最終日。
今年も残すところあと1ヶ月となりましたね。

 

12月というと
冬になるってことですよね・・。

あ~、寒いの嫌だな・・。

 

 

さて、坪松のブログ(⇒ここ)にもあるように
この前の水曜日に山梨県の勝沼へ
クリスマスパーティー用のワインの仕入れに同行させていただきました。

 

ぶどうの丘 勝沼

 

 

ぶどうの丘というネーミングの通り、
小高い丘の上に立地するこちらの施設からは
景色が抜群に良かったです!

 

 

周囲はブドウ畑が本当に多くあり、
期待に胸が膨らみます!

 

 

まずは美味しい料理で腹ごしらえをしまして・・・、

 

 

いざ、ワインカーヴへ。

 

 

社長も坪松も幸せそうな顔をしてますね・・。

ホームパーティー部の田澤さんはドライバーなので、
可哀そうに試飲は出来ませんでしたが、
しっかりとお勉強していましたよ。

 

同行させていただいたからには、
仕入れるべき白ワインに関して
かなり真剣に試飲を繰り返しましたよ。

そして自信をもっておススメできる3種のワインを選択しました。

 

が、せっかくなので赤ワインも試飲・・。

ここからは完全に趣味の世界です (笑)。

 

試飲会でもそうですが、
何種類も飲み比べる時は
どうしても軽めのワインよりもフルボディーのワインの方が
美味しく感じてしまいます。

実際に同じようなことをお話しされてるご婦人方もいらっしゃいました。

 

しかし、家でゆっくりといただくことが多い私としましては、
フルボディーのワインは飲み疲れてしまうことが多く、
むしろミディアムボディーの方が飲みやすくて好みです。

 

ということで、赤ワインで一押しだったのはコチラ!

 

 

甲斐ノワール樽貯蔵 シャトレーゼ勝沼さんのワインだそうです。

 

私が大好きなフランス種のピノ・ノワールと
同じくフランス種のカベルネ・ソーヴィニヨンを足して2で割ったようなワインでした。

 

・・・感想が雑過ぎて、わかりづらいですね・・。

 

ちゃんと感想を言いますと、
カベルネ・ソーヴィニヨンに似たベリー系の華やかな香りがしました。
色はきれいなルビー色、
お味は酸味とタンニンのバランスが良く
ミディアムボディーながら骨格がしっかりしていて、
フレッシュな果実味による甘みも微かに感じられます。

重すぎず奇麗なワインという印象でした。

 

ま、こちらはパーティーに出ることは無いと思いますので
悪しからず・・。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

休日映画の楽しみ

こんにちは。横浜の岩瀬です。

休日にファンタスティックビーストという映画を観てきました。

ハリーポッター作者でもあるJ.Kローリングさん…。本当にすごいなぁと思います。

ハリーポッターに続いて、

ファンタスティックビーストも順調に人気が上昇しているのではないでしょうか。

 

前作の「魔法使いの旅」では色々な魔法生物が登場しました。

お騒がせニフラーや、ピケット、サンダーバードなど。

ニフラー

ピケット

サンダーバード

 

ハリーポッターにもヒッポグリフと呼ばれる巨大な鳥のような魔法生物や、

ピクシー(いたずら好きの妖精)や

セストラル(死を間近で感じた人にしか見えない馬)など、設定に凝った

魔法生物が出てきます。

J.Kローリングさんは過度の動物好きなのか?と思うほどです。

 

セストラル

 

今回もそう言った不思議な動物が出てくるのかな、と

思いながら映画を観ました。

しかし今回一番驚いたのが、日本の妖怪「カッパ」が出てきた事です(笑)

一瞬だけだったのですが、なぜカッパが映画出演したのか、、、

 

また、中国神話のズーウーと呼ばれる巨大な(ゾウくらいの)猫が

活躍するシーンも迫力があり、個人的一番の見どころでした。

日本にも火車(かしゃ)と呼ばれる巨大な猫の妖怪がいます。

カッパを出すならこっちを出してほしかったです(笑)

ズーウー

 

映画の内容的には、情報量が多く、またキャラクターも

沢山出てきてごちゃごちゃしてました。

ハリーポッターで使用した道具も出てくるのでそこも見どころかもしれないです。

 

最後の終わり方からして第3部も数年後に放映されると思うので

それまでにDVDを買って、予習をしておきたいと思います。

 

輸入住宅ホームパーティー準備中!!

こんにちは横浜展示場の坪松です。

先日のお休みに12月15日に開催される天草ハウジングオーナーズ倶楽部イベント
「クリスマス パーティー 2018」の準備の為

山梨県の勝沼へ行ってきました。

 

山梨県は日本最大のワインの産地で、その中でも勝沼には
沢山のワイナリーがあるエリア!

そうです。

今回はパーティーでふるまうワインを仕入れにいきました。
皆さんに喜んでもらえるように真剣に選んできましたよー!

勝沼 ぶどうの丘

勝沼インターからほど近い、「ぶどうの丘」さん!
社長のオススメという事でこちらに伺いました。

いざ!!

ここでは、常時200種類くらいのワインが自由に試飲できる
ワインカーヴがあり、気に入ったものを購入できます。

そう・・・・

試飲ができるんです!!!
というわけで、ワイン好きの立川展示場竹内さんと満喫・・・・

しっかり選定してきました。

 

広い・・・・・

 

とにかく広いワインカーヴ!!
山梨県産のワインという事で、甲州種のぶどうから作られたワインが
多いですね!!

甲州種のワインはフルーティーな香りがし、スッキリとするワインが多かったです。

日本のワインを沢山飲んだのは初めてですが、
想像よりも香り高くおいしいものが沢山ありましたー!

 

 

事前に赤ワインは社長が購入してくれていたので、
今回は白ワインを選定。

真剣に選定中

好みにあわせてお選びいただける様に

酸味の強い辛口タイプから、樽香のするタイプ、甘口タイプ
いくつかチョイスしました。

個人的には樽香のする辛口スッキリ系の
シャトーメルシャンの「双葉甲州」

シャトーメルシャン 双葉甲州

がオススメです。モチロンこちらもご用意しております。

モチロン。ワイン以外の準備も着々と進んでいますよ!
輸入住宅で響き渡るジャズとワイン・・・

是非、優雅で楽しいひと時を過ごしにいらしてください。
ご応募お待ちしております。

応募はこちら

薪ストーブ料理 焼リンゴ

小山です。

昨年も書いたような気がするのですが
我が家のストーブシーズンの定番なのでまた書きます。

焼リンゴです!
フライパンやオーブンやレンジでも出来るのですが、
我が家は薪ストーブで作ります。
トロトロの焼リンゴができますよ!

作り方は簡単。
・りんごの芯をくり抜いてバターとグラニュー糖を入れます。
バターはひとかけ、
グラニュー糖は今回はスティックシュガーをりんご一つに一本使いました。
いつも適当です。
・シナモンスティックを差します。

薪ストーブ料理 焼リンゴ

・ホイルで包みます

薪ストーブ料理 焼リンゴ

・ストーブに入れます。
おきの状態になっていれば隅っこに直置きでもいいのですが
今回はクッキングスタンドを使いました。

薪ストーブ料理 焼リンゴ

クッキングスタンドはいわゆる五徳で、炉内に鍋を置きたい時などに使います。
ダッチオーブンを使えば鶏料理などのオーブン料理もできますよ!

クッキングスタンド アンコール ストーブ

ストーブの中にリンゴが二つ鎮座しています。
子どもたちも「美味しくな~れ~」と覗きこんでいました

薪ストーブ料理 焼リンゴ

・15分後 取り出します。
(火傷に気を付けましょう!)

薪ストーブ料理 焼リンゴ

出来上がりです!
ホイルから漏れ出た糖分が焦げて、カラメルソースの様な香りがします。
子どもたちも二人して「あまーい!」と叫んでいました。

薪ストーブ料理 焼リンゴ

開けてみるとこのとおり!
とろとろになったリンゴを4人であっという間に平らげてしまいました。

薪ストーブ料理 焼リンゴ薪ストーブ料理 焼リンゴ

 

今回使用したクッキングスタンド以外にも、ストーブ料理のグッズはたくさん売られていて、見ているとついつい欲しくなってしまう物ばかりです。
スチーマーやピザ用のストーンなどなど、、
安くはないのでいつも我慢なのですが、先日、これを注文しました。

オーブンプレートオーブンプレート アンコール

灰が薪の周りにたまると空気の流れが妨げられて燃焼効率が落ちてしまうので、
アンコールを始め多くのストーブには灰受け皿が付いています。
炉内の底を網目状にして、その下の灰受け皿に灰が落ちるようにすることで、薪の周りに灰がたまりにくくなりますし、お掃除にも便利です。

ところが、この灰受け皿を料理に使おう!と考えた人がいるようで、
このオーブンプレートという物が作られました。
網目状の底を塞いでしまって、灰受け皿に灰が入らないようにするプレートです。

この写真を見たら夫婦揃って欲しくなってしまい即決しました。

灰受け皿があるのは燃焼効率のため、と書きましたが、
灰が落ちないで炉内にたまり、火鉢の様にじっくり燃える方が、我が家の様に暑くなりすぎる家には逆に向いているのかも?という期待もあります。

まだ届いていないので、届いて料理を作ったらまたご報告したいと思います。

世田谷区の地下付き3階建て、大工工事始まっています。

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

ここ数日は暖かかったですが、
今日は少し寒気がしています。

寒さが戻ったのか、
それとも風邪をひいたのか??

・・・両方かな??

 

 

立川市のお隣、国立市のイチョウ並木。

黄色く奇麗に色づいていました。
桜の木もありますね。

国立市は街路樹が植えられている道が多く、
とてもキレイな街ですよ!

 

 

さて、今日は世田谷区で建築中の
地下室つき3階建ての建築現場へ行ってきました。

 

世田谷区 施工現場 3階建て

 

先週から大工さんが乗り込んでおり、
現場についた時は2階の壁を立てる準備をしていました。

上階部分があると、
前の道路が思ったよりも傾斜していたんだな・・・と
今さらのように感じてしまいました。

 

 

世田谷区 地下付き3階建て 施工現場

 

 

この建物にも大人気の塔屋がつきます。

 

世田谷区 地下付き3階建て 施工現場

 

3階建ての塔屋なので、
そびえ立つような感じになるのではないかと思っています。

 

世田谷区 地下付き3階建て 施工現場

 

塔屋部分の空間は、
ティーコーナーなどに使われることが多いのですが、
このお宅の場合は、
なんと・・・なんと・・・、

階段!です。

 

上の画像は塔屋の部分を室内側から撮ったものですが、
地下室から3階までの階段スペースになる部分なので、
仮設の床の下にも空間が広がっているのがおわかりでしょうか?

床は仮設のものなので、
階段を施工する際には取り払われてしまいます。

 

階段と窓の高さ関係がどんな感じになるのか??

図面上では理解していても
実際の雰囲気がどうなるのか、
楽しみにしている部分でもあります。

 

そしてもう一つ、
このお宅にはビルトインガレージがありますが、
構造計算の結果、増やした構造壁も造られていました。

 

世田谷区 地下付き3階建て 施工現場

 

開口脇にある出っ張りの部分に
合計5枚の壁が追加になったんですが、
壁というよりも図太い柱のようですね!

これだけしてあれば
見るからに頑丈そうです!!

 

世田谷区 地下付き3階建て 施工現場

 

2階では奇麗に床合板が貼り終わっていて、
これから2階の壁が施工されていきます。

 

来月上旬には上棟までいきそうです。

そして来月中にはドアやサッシが取り付けられ、
年末年始の休工中は安全に戸締りが出来るようになると思います。

 

年明けはレンガ積みや電気や水道などの設備、内装工事などなど、
工事が目白押しです!!

 

日に日に工事が進んでいく施工現場は
とても楽しいですし参考になりますよ。

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

大掃除の年末スタート

ご機嫌いかがですか。

輸入住宅・天草ハウジング

神奈川 横浜展示場の永田です。

輸入住宅・天草ハウジング

3連休明けの月曜日です。

皆さまはこのお休みで

英気を養ったのではないでしょうか。

これから来る師走にむけて

張りきってゆきましょう!

 

掃除!

年末にどかーっと大掃除を

するのも疲れちゃいそうなので、

今からちょこちょこと

初めていこうと思います。

 

よーし今日は窓を!

 

2階のWICはペアガラス

2階バスルーム

今回は2階のウォーキングクローゼットと

バスルームをいっときました。

 

この2部屋はペアガラスサッシなので、

ひとつのサッシに裏表で4面分の

ガラスがあります。

ですのでとてもやりがいがあります!

 

塔屋部分もサッシ数が多い!

ジャグジーは塔屋部分に配置されているので、

サッシの数がやたら多いですね。

ですのでとてもやりがいがあります!

 

やりがいを感じながら気合を入れて、

ぴかぴかになるまでがんばりました!

 

これから、時間があるときに少しずつ

展示場全体のお掃除をやっていこうと思います。

 

皆さまもお家の大掃除がんばってください♪

 

それでは。

 

 

 

 

薔薇の実が展示場に実りました

こんにちは。岩瀬です。

 

今朝、草むしりをしていた所、見かけないものを発見しました。

 

実のようなものを発見しました。

明らかに蕾ではないです。まん丸に実ってます。

 

よく見てみると、喰われたような跡があります…

他に実ってる部分はないか探してみたのですが

残念ながら1つしかありませんでした。

 

実の周りには、他の実があった痕跡があるように見えます。

もしかしたらこの実以外にあったのかもしれないです。

 

実を言うと私、薔薇の実を見たのが初めてだったので

これが本当に薔薇の実かどうか確信が持てません。

しかし薔薇が咲いている枝から実はなっていた為、間違いはなさそうです。

 

薔薇の実は「ローズヒップ」と呼ばれていますが

そこで連想するのがローズヒップティー。

 

食用のローズヒップを使えば、ご家庭でも簡単に

ローズヒップティーを楽しむ事ができます。

(残念ながら横浜に咲いている実は食用ではないで作ることはできませんが…)

 

ローズヒップをカットし、種を取りオーブンで乾燥させ、

茶こしに乾燥させたローズヒップを入れ熱湯を注ぐ。

2~3分置いておくと出来上がるそうです。

 

ビタミンCが豊富で美肌効果があるそうです。

酸味が強いためハチミツを入れて甘さを足してもいいかもしれません。

 

家で今度チャレンジしてみたいと思います。

今日の横浜展示場

 

落ち葉とバラの花の立川モデルハウス

こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

昨夜、町田駅で見つけたクリスマスモードのイルミネーション。

わぁ~、と思ったので思わずパシャリ!

 

 

雪だるまが可愛いかも・・、ということでアップを撮影。

 

 

寒くなってきましたが、
イルミネーションはなんとなく暖かい感じがしてイイですね!!

本当に年末モードが盛り上がってきました!!

 

 

さて、天気が良い今日ですが、
落ち葉の季節真っ最中でモデルハウスのお掃除が大変です。

 

レンガの悠入住宅 立川モデルハウスとカエデの樹

 

右側のカツラの木はほぼ散り終えた感じですが、
左側のカエデの木は今まさに散り時?です。

このカエデの樹、
天候の影響なのかわかりませんが、
去年より色づきが良くない気がします。

 

去年はもっと真っ赤という感じでしたけどね。

去年の同じ時期、こんな感じでした。

立川モデルハウスとカエデの紅葉 2017

 

これからもっと紅くなるんですかね。

 

 

カエデの葉っぱは大きくて
形をあまり崩さずに散ってくるので、
芝生に絡みつくことも少なくて、
お掃除しやすいのが救いです・・。

 

ツルバラにカエデの葉っぱが引っ掛かっていました。

 

 

鮮やかといえば鮮やかなんですが、
バラの為には落ち葉が引っかかっているのは
病気の原因にもなるので良くはないんですね。

気付いたらとってあげないと・・です。

 

庭のバラもいよいよ最後のお花です。

残り少ない花の季節を満喫しておきましょう。。

 

レンガの輸入住宅 立川モデルハウスと白いバラの花

 

12月に入るとバラは休眠に入ります。

ツボミも出てきますが、だんだん咲かなくなってきます。

 

あ~、もうすぐ冬だ・・・。

 

信州の山育ちのくせに寒さが苦手な私にとって
もっともつらい季節がやってきます。

 

早く春にならないかな・・。

もうすでにそう願っております。

 

 

竹内でした。いつもありがとうございます。

 

 

クリスマスモードに突入 立川展示場

 

 

こんにちは黒川です。

 

今日はクリスマス本番までちょうどひと月前

 

ということで天草ハウジング立川展示場も

クリスマスモードに突入しました~。

 

暖炉 クリスマス 天草ハウジング 立川 マントルピース

 

家具の配置も暖炉を囲うようにかえてみました。

ゆったりとくつろげそうな素敵な空間に仕上がりました!

 

 

サンタクロース ビルトインガレージ

 

屋外にも電飾を並べてみました。

ビルトインガレージの一角には

小さなサンタさんです。

 

 

トナカイ 輸入住宅

 

エントランス付近ではトナカイが

首をフリフリしながら出迎えてくれます。

 

このトナカイ、私が入社した十数年前には

すでに立川展示場にいたのではないかと思います。

 

落ち着いた佇まいが

社歴の長さを感じさせてくれます。

 

 

クリスマスモードになった立川展示場。

ぜひ遊びに来てくださいね~(^^

 

秋だ!薪ストーブだ!焼き芋だ!

業務の小山です。

薪ストーブを付ける前にお店で見つけ、子どもたちがストーブで焼く!と
大盛り上がりで買ったサツマイモ。
40cmくらいある巨大な芋でした。

ストーブを付けた初日に早速焼き芋です!

作り方
・ホイルで巻く
・ストーブに乗せる
・たまにコロコロさせながら30分待つ
以上です!

薪ストーブ

ストーブが出す遠赤外線効果で、石焼き芋にも負けない焼き加減になりますよ!

30分後

薪ストーブ

焼けました!
蜜がにじんでいていかにも甘そうです。

薪ストーブ

子どもたちも「いいにおい~~!」と何度もくんくんしていました。
手でポキっとやってみます。

薪ストーブ

ホクホクしっとりで、かなり濃厚な甘さのお芋でした!

テレビでやっていたのですが、鉄製のフライパンに園芸用の小石を敷き詰めて、ホイルせずに芋を乗せ、蓋をして同じように20~30分すると美味しい石焼き芋が出来るそうですよ!
※石の中には熱するとはぜる物もあるそうなので、様子を見て注意しながらお試しください。