こんにちは。立川展示場の竹内です。

 

今日は風が強いですね~!

展示場のバラ達が悲鳴を上げてます!!

006

せっかく伸びてきた新芽が折れたり、
比較的しっかりしているように見えた枝が折れたりと、
もうかわいそうで見てられません・・・。

 

ツボミをたわわにつけたバラも風でしなだれそうになっていて
補強も出来そうもなかったので
思いきって切り取って花瓶に生けてみました。

002

まあ、ほとんど咲いていないので見栄えは今一ですが・・。

 

風といえば、思いだしたことがありましたのでご紹介します。

 

先日、とある物件で人感センサー付きライトの誤作動があり、
照明器具メーカーのメンテナンスの方と一緒した際に伺った話です。

人感センサー付きライトというのは、
人が近付くとスイッチを操作することなく自動的にライトが点灯し、
誰もいなくなると自動で消灯するという、便利なライトです。

eld1805ns3w_top   ダウンライトの場合、縁の内側にある出っ張りが人感センサーとなります。

 

私、知らなかったのですが、人感センサーというのは動く“モノ”に反応するのではなく、
明確に違う温度の空気の流れに反応するように出来ているんだそうです。

人が近付くと、人の体温は室温よりも高いので、この温度差にセンサーが反応する仕組みで、
結果として人が動くことで点いたり消えたりするわけですね。

ですが、例えば暖房器具やエアコン・空調の吹き出し口が近くにあると、
その熱の流れを察知して反応してしまうことがあり、
誰もいないのにライトが点いてしまうという事態になる訳です。

極端な事例ですと、床暖房の熱に反応してしまったり、
壁の裏側にあるヒーターなどの発熱するものに反応してしまうこともあるんだそうです。

 

スイッチ操作の要らないライトということで、とても便利そうなのですが、
採用するには設置する場所の近くに熱源になるようなものが無いことを
確認しないとなりませんね。

ph02_top

 

いや、勉強になりました・・。

 

【レンガ積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです。】

 

見学会

4月も中ごろをむかえて、日増しに暖かになってゆきます。

いかがお過ごしですか。

 

本日は、ご自宅の建替えをご検討のお客様ご夫婦と、

天草のお家を見学に参りました。

image1白壁のモルタルアートが麗しいです。

レンガ積み外壁とは、また違った魅力ですね。

華華しいお家に、皆で酔いしれておりました。
image2

ご一緒させていただいたお客様のお宅も、素晴らしいものになるように

コミュニケーションを、深めてゆこうと思います。

 

 

 

【レンガ積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです。】

高気密の工法

こんにちは!!

横浜営業部の後藤です。

入社して一年、昨年は先輩と現場をまわっていろいろ教えて頂きました。

今年ももっと勉強して構造に詳しくなれるよう頑張ります。

天草のお家は内断熱で、外壁の内側の壁には断熱材が90㎜ではいっています。

IMG_5356緑色のシートは気密をとるためのシートです。

IMG_7158

フローリングを張る前はこんな感じで隙間はほとんどありません。

IMG_7154

壁に穴をあけて配線した後もコーキング(白)して隙間をなくしています。

IMG_7152

コンセント用に切った石膏ボードもこの後専用の気密ボックスとテープ等で隙間を埋めていきます。

天草のお家の高気密・高断熱の理由は他にもたくさんあるので、ご興味ありましたらお気軽に展示場までお問い合わせください。

横浜展示場:045-534-9888

 

モノレール

IMG_2582東京は、ここ数日雨に泣かされていますね。。いかがお過ごしですか。

わたくしは毎朝、立川展示場に通勤する時に、立川駅から多摩都市モノレール線を利用しています

 

image

高架がかなり高い!(20mくらい?高いですよね?)、高所恐怖症の永田は、車窓から真下を見る事や、階段の下りがキツイです~。。

image1

しかし。泣き言いわずに張り切ってまいりましょう。

最近、モデルハウスに月桂樹の鉢植えが加わり、雰囲気のある入り口になりました♫

 

 

 

【レンガ積み輸入住宅ナンバーワンを目指す天草ハウジングです。】