北欧コーヒー 買っちゃいました

 

こんにちは。設計部設計課の飯野です。

 

今朝は寒かったですね。

八王子では-1.2度まで下がったみたいです。

寒いわけです・・・

 

 

こんな寒い季節に、前から気になっていた物をついに買ってみました。

 

 

加賀棒ほうじ茶 北欧コーヒー フレンチカフェオレ

『カフェ・ド・クリエ 北欧コーヒーブラック』!!!

「フルーティーな味わいと香り 浅煎り・北欧スタイル焙煎」

 

 

北欧コーヒー 買っちゃいました

 

北欧とコーヒー、まったく結びつきません。。。

 

 

北欧スタイルっぽい缶の後ろ側に、北欧コーヒーの説明が書いてありました。

 

『北欧コーヒーとは』

北欧諸国はコーヒー先進国と言われており、コーヒー豆本来の甘み

や酸味を味わえるよう、こだわりの豆を浅煎り焙煎で仕上げ、フルー

ティーな味わいと香りを楽しむ文化があります。

そんな北欧コーヒーをイメージして、浅煎りの北欧スタイルの焙煎豆

で仕上げた「北欧ブラックコーヒー」です。

(ここまで引用)

 

 

良くわかりません・・・

 

 

で、インターネットで調べてみました。

 

すると、北欧の人々のコーヒー消費量がものすごい事がわかりました。

アメリカ人1人が、1年に消費するコーヒーの量(4.45kg)を1とすると、

スウェーデン 1.64(7.33kg)

デンマーク 1.96(8.75kg)

ノルウェー 2.02(9.01kg)

なんとフィンランドは、2.71(12.07kg)でした。

ちなみに日本は0.78(3.48kg)だそうです。

(日本コーヒー協会 統計資料を参考にしました)

 

北欧の人々にとってコーヒーが、生活には欠かせないのではないでしょうか。

バリスタの世界大会もノルウェー発祥だそうです。

 

 

勉強になります。

 

 

北欧つながりで・・・

今週土曜日に天草ハウジングの北欧型住宅展示場「横浜モデルハウス」で、

『クリスマスパーティー2018』が開催されます。

昨年の様子はこちら

クリスマスパーティー2017①

クリスマスパーティー2017②

 

ご応募いただいた方には招待状が届く頃かと思います。

横浜モデルハウスでお待ちしています。

 

 

ではまた。

 

 

 

ハーバリウム制作はむずかしい・・・

 

こんにちは。設計部設計課の飯野です。

 

今日から12月ですね。

休みの日に買い物に出ると、街中がクリスマスモードになっています。

みなさま、クリスマスはどう過ごされますか?

 

天草ハウジングでは、今年もクリスマスパーティーを開催します。ジャズやバラ、

ハーバリウムにご興味のあるかたは(ないかたも、)ぜひご参加ください。

ご応募はこちらより→【イベント告知】2018 X’mas Party in Yokohama Model House

締め切りは12/9なのでお早めにご応募ください。

 

先日ホームパーティー部で打合せをした時、イベントに先立ち、

部員でハーバリウムを試作してみました。

 

材料は、ビン・ドライフラワー・インシュレーション(←紙を細く

切ったようなラッピング材。初めて名前を知りました。。。)

手作りハーバリウム
材料

ビンの取合いが起きました。

(取合い≒押し付けあい)

 

 

手作りハーバリウム
制作シーン①

岩瀬さん、ハサミを持って何やら真剣です。

田澤さんは、インシュレーションむしり中。

 

手作りハーバリウム
制作シーン②

小山さんは、長さの調整中ですね。

これ、意外に難しいです。結構悩みます。

一旦切ると後戻りできないので。

なぜかテーブルの奥に救急箱が・・・

 

手作りハーバリウム
制作シーン③
ハーバリウムオイル

手作りハーバリウム
制作シーン④
ハーバリウムオイル

田澤さんがハーバリウムオイルを入れ始めました。

オイルに粘り気があるからか、ドライフラワーが浮いてきます。

2人目からは浮いてこないようにカットアンドトライ。

 

段ボール箱の奥で岩瀬さんが割り箸を持って何かしています。

カップラーメンでも、食べているのでしょうか?

 

おのおのふたをして、試作品が4つできました。

製作は簡単なのですが、シンプルなのでセンス(性格?)が必要かと思います。

手作りハーバリウム
制作 完成

 

天草ハウジングの横浜モデルハウスで開催されるクリスマスパーティーでは、

これらを見本として置く予定です。

 

ハーバリウムを制作したくなったら、ぜひクリスマスパーティーご参加ください。

そして、もっと素敵なハーバリウムを作ってみて下さい。

 

 

ではまた。

 

 

千代田区紀尾井町 CASBEE評価員講習 つづき2

 

こんにちは。設計部設計課の飯野です。

 

「CASBEE評価員講習」のブログのつづきのつづきです。

 

旧李王家東京邸から講習会場へ戻る途中、謎のれんがの塊を発見!

 

旧白川宮邸洋館・煉瓦基礎遺構

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリス人の建築家ジョサイア・コンドルが設計し、

明治17年に建てられた「北白川宮邸」という

れんが造2階建て洋館の、れんが積の基礎でした。

 

残念ながら明治27年の東京地震で被害を受け、

その後跡地に旧李王家東京邸が建てられたそうです。

 

このれんがの塊は、玄関ポーチの独立柱の基礎との事。

正面だろうと思われる部分だけでも1m位あり、

外壁がれんが積の立川モデルハウスと同じような

ボリュームの玄関ポーチ柱だったのかと思われます。

(モデルハウスはレンガ造ではなく、れんが積2x4工法ですが)

 

旧李王家東京邸の保存工事の時に地中から発見されたそうで、

明治時代の建物でも地中に埋まっていることに驚きです。

もし、天草ハウジングの輸入住宅を建てる工事で、

こんな埋蔵文化財が発掘されたら大事件です。

 

 

ジョサイア・コンドルが設計した建物は、鹿鳴館、ニコライ堂

三菱一号館、岩﨑久彌邸などなど。(勉強になります・・・)

東京地震、北白川宮家も初めて知りました・・・

 

 

ではまた。

 

 

千代田区紀尾井町 CAEBEE評価員講習 つづき1

 

こんにちは。設計部設計課の飯野です。

 

「CASBEE評価員講習」のブログのつづきです。

 

講習会場に受付開始10分ほど前に到着してしまったので、

付近をぶらぶらしていたところ、

 

なんだこの洋館・・・

 

突然、ビル街には似つかわしくない謎の洋館が登場!

 

門柱や門塀に表札などが見当たらず、時間もなかったので、

写真を撮るだけにして、後程検索してみました。

 

この洋館の正体は、東京都指定の有形文化財『旧李王家東京邸』

という建物でした。

 

東京都文化財情報データベースによると、1930年に竣工した建物で、

宮内省内匠寮の設計、外観はチューダー様式、室内はジャコビアン様式、

古典主義、モダニズム風、和風などいろいろな意匠を取り入れているそうです。

 

その後、1955年に赤坂プリンスホテルに、2016年には赤坂プリンスホテル

クラシックハウスというレストラン&結婚式場と変化してきたそうです。

 

画像を見ると、ドーマあり、尖塔あり、アーチありで、凝ったデザインの箇所が

多々ありとても興味を持ちました。

 

今回は講習受付前のわずかな時間だったので、建物内には入れませんでしたが、

拝観できる機会もありそうなので、また別の機会に行ってみたいと思います。

 

 

ではまた。

 

 

千代田区紀尾井町 CASBEE評価員講習

 

 

こんにちは。設計部設計課の飯野です。

 

11月も後半に入り、八王子では朝晩の通勤時は上着を着ていても

ちょっと寒いです・・・

 

さて、先日一般社団法人建築環境・省エネルギー機構主催の

CASBEE評価員講習を受講しに千代田区の紀尾井町まで

行ってきました。

 

CASBEEとは、「Comprehensive Assessment System

for Built Environment Efficiency」の頭文字をとり「CASBEE」、

日本語では「建築物総合環境性能評価システム」です。

 

 

この評価システムの特徴は、省エネルギー性能だけでなく、

資源を大切に使いゴミを減らし、周辺環境に配慮しつつ、

長く使い続けれる建物の評価が高くなる点です。

 

 

CASBEEの評価認証を取得した建物を検索したところ、

天草ハウジングの立川モデルハウスがある多摩地域では、

イオンモール多摩平の森(日野市)や、町田市庁舎などが

ありました。

 

 

講習の中で、自治体によるCASBEE活用例として、

川崎市の「環境配慮マンション向け住宅ローン」制度が

紹介されていました。

 

 

川崎市の制度は、私が取得した資格では対応できませんが、

事務所に戻ってきて調べたところ、天草ハウジング横浜モデルハウスの

ある横浜市では、CASBEE横浜で評価結果が高い住宅を取得すると、

住宅ローンの金利優遇が受けられる制度もありました。

ご興味のある方は、調べてみてください。

 

 

話は変わりますが、今回の講習会場が「明治薬科大学 剛堂会館」と

いう建物でした。

紀尾井町 剛堂会館
デジャヴュか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこかで見たことある建物だなーと思い検索したところ、

TVドラマのロケ地として使われていました。

・『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)
・『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)
などなど

近代的ではない重厚感があるイメージが、印象に残る建物でした。

 


ではまた。